感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2009/01/28(水) 21:35:49

性能と質感の両立

HI380128_convert_20090128193819.jpgHI380131_convert_20090128193747.jpg私事ですが、きょうは午前中自動車免許の更新に行ってきました。ずっと休みが取れず、失効まであと3日というところでギリギリセーフ。^^;
2時間の講習でしたが、改めて安全運転の重要さを感じました。最近の事故は携帯電話が原因の事故が急増しているようです。仕事柄、私たちも携帯での仕事が多いし、一日に走行距離が100キロを超えることも度々なので、これからも安全運転を肝に銘じていきたいと思います。

さて、下の写真は下野市K様邸の2Fフロア貼の様子です。ご覧のように、28ミリの床板に防音効果の高い12ミリの耐水ボードを貼り、仕上げの床はバーチの無垢板18ミリを一枚、一枚貼りあわせて乱尺仕上げとしていきます。
剛床構造による耐震性能と防音性能の確保をした上で無垢板を採用するという、いわゆる「性能と質感の両立」を図っています。
DSC00741_convert_20090128165353.jpgDSC00740_convert_20090128165424.jpgDSC00738_convert_20090128165457.jpg






下の写真は、1Fに貼られるヒノキの無垢板です。以前ご紹介した宇都宮木材市場でK様ご自身が選定された「ヒノキの上小節」です。(参照木材市場にて
これも一枚一枚、大工さんが木肌の表情を見て意匠性を考えて仕上げていきます。こちらも近々仕上げの工程をご紹介しましょう。お楽しみに。
DSC00731_convert_20090128165737.jpgDSC00732_convert_20090128165615.jpgDSC00733_convert_20090128165537.jpg

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ←家づくりに役立つブログがたくさん見れます。こちらからどうぞ。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。