感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
「ストーブとコンサバのある家」宇都宮市F様邸では、外壁通気胴縁の施工が進んでいます。
大屋根とストーブの煙突など個性が際立つ外観で、住宅地の中でもひと際目立つ佇まいとなっています。
玄関ポーチに付いているアーチのスリットも、木製ドア「バークレイ」のステンドとうまく合っていますね。^^

DSC05219.jpgDSC05218.jpgDSC05217.jpg






内部では大工工事が進み、無垢のパインフロアを貼り始めています。
パインの床材は柔らかく、厚みが3センチ近くもあるので、足触りが良い、温もりを感じられる、吸湿性能がある等の特長があります。
収縮したりキズがつき易い面もありますが、そのデメリットを補って余りある長所をもっていると思います。
仕上げの塗料はリボスの「ローズウッド」で仕上げていく予定です。

リボスは「間違って赤ちゃんが舐めてしまっても害がない」と言われる、安全で安心な塗料です。
カラーも多彩なので、カントリースタイルからアンティーク等の幅広い仕上げが出来ます。
また塗り回数でもテイストを変えられるなど、お好みにあわせた雰囲気を作れるので、パインと合わせてお客様からの人気が高い床材+塗料となっていますね。^^

DSC05182.jpgDSC05187.jpgDSC05183.jpgDSC05186.jpgDSC05184.jpgDSC05185.jpg
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。