感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2009/10/18(日) 20:06:43

建て方に向けて

PA164197.jpgPA164198.jpg宇都宮市TK様邸の基礎工事が完了し、いよいよ木工事が始まりました。
写真は土台敷きの様子です。ご覧のように土台と基礎の間には基礎パッキンロングという、床下の通気を確保する部材が取り付けられます。
これも、間隔をあけず連続して取り付けることで耐加重性が違ってきます。

PA164199.jpgPA164204.jpgこちらは、土台と大引きが終わった後、床下断熱材ミラフォームが取り付けられているところです。
さらに続けて床下地ラーチ合板28ミリが貼られています。

以前からご紹介しているように、ベタ基礎地中梁、キソパッキンロング、そしてこの剛床構造の組合せをしっかりと施工することで、高い耐震性能を確保することができるのです。

PA164201.jpgtak12.jpg先行足場も組み上がり、「ハイジの家」の完成へ向けて、いよいよ建て方が始まりますね。これからが楽しみです。^^






スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。