感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
kit4.jpg宇都宮市S様邸の基礎工事の進捗状況です。
前回ご紹介したように、S様邸では地盤調査の結果、地盤改良の判定となり、柱状改良工事という地盤改良が行われています。
それを受けて養生期間を十分とった後、根切、砕石・転圧、防湿シート、配筋という工程で進んでいます。

DSC03437.jpgDSC03433.jpgこちらの写真は、砕石・転圧まで進んだ後に、均し捨てコンの打設が終わったところです。
これは、外周部に鉄筋を配筋する際にしっかりとレベルを出し、安定した配筋をするための前処理とも言えます。

DSC03465.jpgDSC03462.jpgこちらは、配筋が済んだ後に結線をしているところです。
鉄筋は指定された品質のものを加工して配送されますが、これを現場で配筋・結線することとなります。
ここで、立上がり基礎の通りや底盤配筋の間隔、かぶりのチェックなどを行っていきます。安定した基礎を作るための重要な工程ですね。

下の画像が、配筋の完了した全景写真です。
S様邸の基礎はフラット35S(20年優遇)の認定を受けるため、耐震等級3の設計審査を通しています。
これから、検査機関の配筋検査を受けて、ベース土間コンクリートの打設に入ります。
こちらは台風通過後、天気回復してからということになりそうです。

DSC03476.jpgDSC03477.jpgDSC03475.jpg
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。