感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
那須塩原市O様邸の上棟後の状況をご紹介します。
きょうはO様ご夫妻立会いで、電気配線やエクステリアプランなどの確認をしていただきました。

下の画像は屋根のルーフィング葺きまで完了した外観です。
林間地の馴染む佇まいを意識してプランニングしていますが、すでにその雰囲気が伝わりますか?

DSC02919.jpgDSC02899.jpgDSC02920.jpg





DSC02913.jpgDSC02915.jpg屋根下地にゴムアスという防水下地ルーフィングが施工された様子です。
この状態になれば屋根からの雨対策は万全ですね。
また、先行して天窓が取り付けられています。
ベルックス社製の木製天窓ですが、2Fホールの採光を確保するため、少し大きめのサイズとなっています。

DSC02903.jpgDSC02896.jpg同じく内部の天窓の様子です。
2Fホールからと1Fリビングからの眺めです。どちらも天窓から採光を取れるようにプランニングしています。
2Fホールはセカンドリビングも兼ねているため、また1Fリビングにはグランドピアノを配置する予定、ということで、天窓からの採光を生かしています。

DSC02904.jpgDSC02906.jpg左の画像は、キッチンとダイニングの内観です。
キッチンはオーダメイドのオリジナルキッチンとなります。
お手持ちの家電収納や食器棚などの家具を生かしたデザインとなる予定です。

以前ご紹介したように、O様との打合せは、お手持ちの家具すべての寸法を取り、どこに何を配置するかを決めた上でプラン確定しています。
(参照:「お手持ちの家具は」
少々大変ですが、事前にそうすることが、ムダや失敗のない間取りにつながります。

きょうは、この時点で、電気のスイッチやコンセント、照明の位置や形状など全て確認、決定しています。
もちろん平面プランの中で十分検討を重ねてきてから現地で決める、という手順ですが、照明や電気配線を決めておくことは、キッチンや家具・インテリアを具体的にイメージできるようになるので、お客様にとっては、早めに検討することが後々に大変役立つことになります。
「平面で検討、現地で確認」、という手順をマメに繰り返すが大切ですね。^^
ご参考までに。

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。