感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
宇都宮市U様邸のジオクロスによる地盤改良工事の様子をご紹介しましょう。
先日の地盤調査の結果、改良の判定が出たのを受け選定した工法が「ジオクロス工法」です。
(参照:「安心して住んでいただくには」) 

DSC02478.jpgDSC02490.jpgジオクロスの施工をする前に、掘削~転圧、砕石敷設~転圧という工程があります。
ご覧のように、GLから約500ミリ以上掘削し、ローラーで全面転圧します。
そこへ、山ズリを敷きさらにローラーで一箇所8往復しながら、しっかりと転圧していきます。

DSC02493.jpgDSC02524.jpg左の画像は転圧が終わった状態です。
この状態から、ジオクロスの施工です。
ジオクロスは空港や高速道路などの土木工事では30年以上前から採用されている工法で、既に長期間にわたって高い安全性を確認されています。

DSC02521.jpgDSC02528.jpgジオクロスの材質はペットボトルなどと同じポリプロピレンの不織布で、科学的に安定した強度・耐久性の高い素材を用いています。
X方向、Y方向の2方向にクロスさせて敷設します。

DSC02532.jpgcol (2)左の画像がY方向まで完了した写真です。
このあと、外周部に捨てコンクリートを打設・固定し、通常の基礎と同じように砕石地業が行われていきます。
今週からいよいよ基礎工事の着工となります。
U様の住まいはパーズ図のように、腰折れ屋根、ドーマー、カバードポーチなどがカントリースタイルの個性的な外観を演出。
これからどんな仕上がりになっていくか楽しみですね。^^
2期工事としてガレージも計画されていますので、今後もこのブログで完成までをご紹介していきたいと思っています。

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。