感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2009/04/11(土) 22:39:38

最初に手にする「あんしん」

塩谷町S様邸では、地盤改良工事が行われています。
前回ご紹介した、ジオクロス工法によるものです。(参照:「はじめる前のたいせつな工程」
なじみの薄い工法なので、少し解説してみますね。

case7_ph001.gifgeo03.gifgeo_method2.gif



この工法の原理は、
シートを根切り底面に敷設し周辺を固定、建物重量によりシートに引張り力を生じさせ、住宅の荷重分散効果を得る、ということで
1.根切り底に砕石を敷き込み振動ローラーで転圧する。
2.シートの敷設(ハンモック効果で建物荷重を分散)
という施工方法となります。詳しくは上の画像をご参照ください。

P2192413.jpg2009.04.09 003実際のS様邸の施工写真です。まずは整地をし、設定深さまで掘削・根切りを行います。



2009.04.09 0082009.04.09 021次に、砕石を敷き込み、ランマー転圧、ローラー転圧をしていきます。



2009.04.11 0022009.04.11 004そして、ジオクロスの敷き込み開始、まずは短辺方向から。端部を専用金具で固定します。ここは次の工程で、押さえコンクリートが打設されます。

2009.04.11 0032009.04.11 005しっかりと固定されていることを確認した上で、今度は長辺方向にジオクロスを敷き込んでいきます。


2009.04.11 0062009.04.11 008同じように、端部の固定を確認し、敷き込み完了です。この後、端部をコンクリートで押さえて改良工事は完成、となります。

ここまで終わると次からは、通常のベタ基礎施工になります。この状態が根切り底盤と同じ扱いなので、ここに砕石敷き込みをし、基礎工事が始まります。
改良工事は基礎工事が始まると見えなくなってしまうし、地味な工事ですが、家の礎となる非常に大切な工事ですよね。
表層改良や柱状改良など様々な工法がありますが、どれを選択するにせよ、適切に施工することで建物と同時に地盤保証も付きます。
まずは「最初の安心」を手にすることができると言えますね。



エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。