感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2009/03/04(水) 22:15:17

完成見学会への招待状 part2

昨日に引き続き、宇都宮市O様邸をご紹介しましょう。

DSC01307.jpgDSC01320.jpg左の写真は1Fホールの階段と収納、トイレの建具です。白のフロアと壁、ローズウッドの踏み板と建具のコントラストがいい感じです。右は階段の上り方向の写真です。玄関横のシューズクローゼットのアーチと並ぶとまたお洒落な雰囲気ですね。

DSC01306.jpgDSC01328.jpg左はシューズクローゼットの内部の様子です。可動棚がついているので収納するものに合わせて調節できます。また床はタイル仕上げとなっているので、お子さんのベビーカーや遊び道具などもOKです。右は階段を上がって2Fに配置されている浴室・洗面室から続くユーティリティーです。こちらも可動棚を配置し、収納量は十分。外に見えるのがバルコニー。以前にもご紹介しましたが、家事動線としては理想的なプランのひとつだと思います。室内物干し用のホスクリーンも見えますね。これも脱着自在の優れもの。

DSC01315.jpgDSC01314.jpg昨日ご紹介したオリジナルキッチンですが、シンク下のキャビネットがオープンになっているのがわかりますか?ここはダストボックスなどを置くスペースです。シンク下にあるというのは便利。このあとタオルバーがつき、目隠しをかねてハンドタオルがかけられます。右の写真はお客様支給のアイアンのハンギングバーが取り付けられたところです。レードルなどをかけるフックもあり、インテリア雑誌で見かけるお洒落なキッチンになりそうですね。

DSC01316.jpgDSC01331.jpgキッチンのシェルフの奥に見えるアーチはパントリーです。建具なしのオープンタイプですが、キッチン背面にあるので違和感もなく使い易いと思います。右はパントリー内部の写真。ここも可動棚がたくさん取り付けられており、収納たっぷり。奥に見えるのが食器用の収納棚です。ここまででおわかりのようにO様宅では、アレンジ自在の収納がたくさん配置されています。

DSC01309.jpgDSC01333.jpg最後にリビングと寝室に取り付けられているオイルパネルヒーターをご紹介します。暖房本体内部を循環するオイルを200ボルトの電気で温め、パネル全体から放射状に輻射熱を発することでお部屋全体を効果的に暖めます。風が出ない輻射熱による暖房なので、埃やハウスダストなどが舞い上がりません。室内が常にクリーンに保て、体に優しい暖房です。
参照:「オイルパネルヒーター」

画像を元にご紹介してきましたが、やはり実際に現地で見てみることが一番わかりやすいと思います。ご興味ある方はぜひご来場ください。

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
スポンサーサイト
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。