感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2010/02/28(日) 20:50:04

囲炉裏のある住まい

nan.jpgmina.jpgきょうご契約いただいた宇都宮市OY様邸の外観パースをご紹介します。
ご覧のように、プロバンスカフェのシンプルな外観にパノラマのついたお洒落な佇まいとなっています。
OY様ご夫妻との出会いは、1年前の完成見学会。
終了間際におふたりで駆け込んでこられたのを覚えています。
そこで、ご覧頂いた家を大変気に入っていただき、土地探しのお手伝いからお付き合いが始まりました。

お二人は輸入住宅でもナチュラルでシンプルなテイストがお好みでした。
ただ、北海道出身のご主人がどうしてもこだわっていたのが「囲炉裏のある住まい」。^^;

なかなか、輸入住宅で「囲炉裏」は難しいテーマでしたが、リビングの一角に囲炉裏コーナーを設けて欲しいとの要望に応えるべく、パノラマを囲炉裏コーナーだけでなくセカンドリビング、客間としても活用できるようにご提案しました。

それがOY様のイメージに合うぴったりプランとなり、一気に打合せが進展しました。^^
これからフラットの本審査手続きや土地の引渡しを経て5月着工の予定です。
どんな仕上がりになっていくか、私自身も大変たのしみなプランです。


スポンサーサイト
 
2010/02/25(木) 21:12:37

青空に映える外観

DSC05153.jpgDSC05156.jpg宇都宮市F様邸の外観です。
煙突や屋根が葺き上がり全体のイメージがつかめてきました。
個性溢れる大屋根とコンサバが独特の雰囲気を漂わせています。
青空に映えますね。^^

DSC05149.jpgDSC05148.jpg反対側では玄関ドアも取り付けられました。
こちらの木製ドアはシンプソン社のバークレイ。
リボスのローズウッドで仕上げる予定です。

内部では断熱気密工事が進んでいます。
ご覧のように、山のように積み上げられていた高性能グラスウールも、気密フィルムとともにしっかりと施工されました。
F様も「こんなにたくさん入るんですね~!」と驚いていました。
夏涼しくて冬暖かい住まいはここがポイントですからね。^^

DSC05024.jpgDSC05031.jpgDSC05146.jpgDSC05147.jpgDSC05151.jpg
 
2010/02/23(火) 20:17:24

運命的な出会い?!

DSC05070.jpg天候が回復してだんだん日差しも柔らかくなってきましたね。
那須塩原市M様邸の外壁工事も進んできました。
ごらんのようにモルタル下地のリブラスが貼られ、これから左官モルタル塗りとなっていきます。

雪も溶けて屋根瓦のオレンジが鮮やかですね。こちらはエスパニカの「素焼き」です。

DSC05057.jpgDSC05066.jpgDSC05067.jpg







DSC04961.jpgDSC05012.jpg玄関ドアも取り付け完了。
オーバルのガラスが優雅ですが、こちらはシンプソン社のメリディアン木製ドア。
リボス塗料で仕上げられる予定です。色が付くとまた違った雰囲気となるでしょうね。

そして内部では、下地ボードも終わり階段の取り付けが進んでいます。
階段の下は、キッチンパントリーの一部として活用されます。
大工工事も1Fのパイン床と枠廻りのみとなり、いよいよ仕上げに入ってきました。


DSC05051.jpgDSC05042.jpgDSC05039.jpg







先日、M様邸の外観を通りから見ていて、気に入られた方から、お問い合わせの電話をいただきました。
輸入住宅を建築する予定なので、気になった建物をいつもチェックされてるそうです。
その後資料をお送りして、さっそく打ち合わせに入らせていただいてます。

果たして運命的な出会い!?となるのでしょうか。^^

 
2010/02/21(日) 20:13:57

ラップサイディングの貼り方

天候の影響などで遅れていた宇都宮市UK様邸のラップサイディング貼りが進んでいます。
きょうは大工工事完了後の現場打ち合わせで、UK様ご家族と細部の仕様、色決めなどを行いました。
合わせて外壁のラップサイディングの貼っているところも確認していただいています。

DSC05125.jpgDSC05126.jpgDSC05130.jpg







ラップサイディングとは、一枚一枚のサイディングを文字通りラップさせ(重ね貼り)仕上げていく貼り方です。
したがって、重なり部分は28ミリの厚みとなり、ボリューム感と表情豊かな外観になっていきます。
よく見かけるラップ調サイディングとは違って、縦に走るコーキングもないのでスッキリとしたイメージにもなりますね。
下の画像はコーナーの納め方を写真に撮ったものです。
同じように出隅キャップを一枚一枚取り付けるので、コーナーのコーキングもありません。
貼り方も納め方も手間はかかりますが、それ以上の価値を生む外観になっていくと思います。

DSC05128.jpgDSC05131.jpgDSC05132.jpg
 
0000.jpg明日21日(土)発売の「栃木の注文住宅」(リクルート社)に那須塩原市のS様邸が掲載されます。
きょうはその雑誌が届いたのでご紹介します。
(S様邸をご紹介している記事はコチラ→「雑誌取材の様子」「那須塩原市S様邸」
総レンガタイル張りの外観に無垢の素材に囲まれたインテリア。
ロートアイアンやヨーロピアンタイルにローズウッドのリボス塗りなど、ひとつひとつをアンティークに仕上げたお洒落な住まいです。

0001.jpgまた、「注文住宅レポート」のコーナーでは宇都宮市K様邸が掲載されています。
私たちの予約内覧会で「住み心地を聞いてみる」という企画をすると、いつも高い人気となっているセンス抜群のフレンチカントリーな家です。
本当は2ページでは足りないくらいなんですが。^^;
K様夫人はリンクに貼ってあるお客様ブログ「くるみボタンとナチュラルアンティークな暮らし」でも、素敵なインテリアコーディネイトやハンドメイドの雑貨創作でご活躍中です。^^

またちょっと早いですが、4月のイベント情報(予定)なども載せています。
ご興味ある方はお問い合わせください。

ibent.jpgibent2.jpg







 
2010/02/17(水) 20:39:18

着工を前に安心を担保する

無題3無題2高根沢町T様邸がいよいよ着工を迎えます。
もともと、賃貸用の戸建てやアパートが建っていた敷地ですが、地盤調査の結果「改良」の判定が出てしまい、地盤改良工事を行うこととなりました。

最近増えてきた地盤改良工事ですが、将来にわたり安心して住むためには地盤がしっかりとしていることが大前提です。
そのためには費用がかさみますがしっかりと施工しておくことが大切ですね。

今回の改良工事は柱状改良工事です。
写真はその「柱」を埋め込む重機。スクリュー状の先端からセメント固形材が出て、水と土と混ざりながら約5mの柱となっていきます。
この工事をすることで、当然、地盤保証もつくことになります。
安心が担保され、来週からいよいよ基礎工事が始まります。
こちらの様子も随時、ご紹介していきたいと思います。^^

P2134925.jpgP2144929.jpgP2144930.jpg
 
DSC05011.jpg今年の冬は雪に悩まされる日々が続きますね。^^;
寒さも厳しく、現場の職人さんたちにとっては辛い日々です。
そんな中、宇都宮市F様邸では建て方が終わった後、屋根ルーフィング、サッシの取り付けも済んで内部造作に移っています。

きょうは電気立会いも済んで、内部の配線工事が進みました。
大工さんたちは、これから断熱気密をとって、下地ボード貼りにかかる予定です。
下地ボードが仕上がった後では見られなくなる、アーチの下がり壁やニッチ、天窓などの施工状況をご紹介します。
下の写真のように、アーチやニッチは事前に展開図で打ち合わせをした後に、電気立会いと一緒に下地確認をお願いしています。
ここで、イメージしていたものと実際の現場の状況に違いがないかを確認しておくことは大変重要です。
万が一、行き違いがあったとしても、この状況であれば修正や追加工事もほぼ問題なく進められます。

特にF様邸のように、勾配天井に包まれた空間などは、展開図であってもお客様もイメージしにくいですからね。
打ち合わせの中では特に大きな変更もなかったので、このまま順調に進められそうです。^^

DSC04986.jpgDSC04997.jpgDSC04984.jpgDSC05009.jpgDSC05004.jpgDSC05003.jpg

 
2010/02/11(木) 20:30:15

お引き渡しを前に~完成写真

宇都宮市S様邸が間もなくお引き渡しとなります。
先日お伝えした通り、フラット35Sの1.0%優遇が初めて適用になった事例ともなりました。
お客様からも、家づくりの仕上がりとともに、今回の1.0%優遇金利適用にはお喜びの言葉をいただいております。
金消契約も無事終わり、あとは実行を待つばかりとなりました。私もホッとしています。

そんなS様邸の完成写真をいくつかまとめています。
すべてはご紹介しきれませんが、こだわりのたくさん詰まった住まいが出来上がりました。
お客様に喜んでいただけるのは何よりですが、私自身も縦長で北側道路という敷地での建物配置やプランニング、採光の取り方などいろいろと勉強させていただき、ありがたい家づくりとなっています。

DSC04780.jpgDSC04948.jpgDSC04943.jpgDSC04917.jpgDSC04918.jpgDSC04920.jpgDSC04924.jpgDSC04925.jpgDSC04926.jpgDSC04923.jpgDSC04928.jpgDSC04937.jpg
 
2010/02/09(火) 22:20:04

ボリューム満点の内容で

100209_2136~01100209_1727~01きょうは、東京で増改築相談員の更新研修会を受講してきました。
(社)日本増改築産業協会(通称ジェルコ)の認定する資格で、いわゆる戸建住宅などの増改築の専門家です。
住宅新築工事またはリフォーム工事に関する実務経験が10年以上ある者で、住宅リフォームに関する研修会を受講し、考査に合格後登録されます。
前職で、とある住宅ビルダーの増改築部門の責任者を担当していたこともあって、この資格を取ってから、早10年以上になります。

今回は、改正された関連法規から、住まいの点検や補修のポイント、トラブル事例、介護保険や融資情報など多岐にわたる内容でかなり参考になりました。

実は私たちのお客様でも、3月から4月にかけて「建替並み」の大型増改築を予定している方が2組いらっしゃいます。
その現場にも役立てられるような講習で有難かったですね。^^
これからの実務にもどんどん生かしていきたいと思います。


 
DSC04857.jpgDSC01970.jpgお客様のご厚意により、先週から行わせていただいていた2邸同時内覧会が終了しました。
竣工してお引渡し前の完成予約内覧会と1年前に建てられたお客様の住み心地が聞ける、というコラボ企画は大好評でした。
ご覧のようにタイプの違う家ということもあり、内覧された方には大変有意義な時間となったのではないでしょうか。
新しい出会いや多くの進展があって、私たちにも有意義なイベントとなりました。
また様々な役立ち企画を考えていきたいと思います。

下の画像は、お引越し前に奥様が少しずつ持ってこられたキッチングッズの一部です。
これからどんどん可愛らしいキッチンになっていきそうですね。^^

DSC04905.jpgDSC04904.jpgDSC04903.jpg
 
DSC04891.jpgDSC04890.jpg立春も過ぎたというのに厳しい寒さが続き、今年の冬は例年になく雪も多いですね。
ご覧のように、那須塩原市M様邸でもきょうは大雪に見舞われています。
外部は通気胴縁まで進んでいるので、雨でも雪でも防水の心配はありませんが、外壁工事が進みません。^^;
DSC04893.jpgDSC04894.jpgこちらはバルコニーと内部のアーチの様子を納めたものです。
バルコニーは屋根がかかるプランとしているので、こちらも工事中の雨、雪の心配はありません。
バルコニーもそうですが、リビング・ダイニングにかけてのアーチ下り壁は、ご覧のようにそれぞれの間口によってその角度も変わってきます。
もう少し進めば具体的なイメージもつかめるでしょうか。

下の画像は、2年前にお引渡しした那須町F様邸です。
(F様邸をご紹介した記事はこちら→「アンティーク溢れる」
那須町の別荘地に建てた住まいですが、さすがに雪の量も違います。^^;
点検で伺ったのですが、あまりに雪が多いので後日改めてということになってしまいました。
東北道は那須インターから北は通行止め。
明日あたりご利用の方はくれぐれもご注意下さい。

DSC04898.jpgDSC04899.jpgDSC04900.jpg
 
好天に恵まれ(といっても、かなり寒いですが…)宇都宮市F様邸の建て方が順調に進んでいます。
下の写真のように、急勾配の大屋根のため、施工はなかなか大変ですが「カッコイイ外観」になりそうですね。
F様ご夫妻も一緒にご覧になられていましたが、どんどん形になっていく「わが家」に大変感激されていました。
東京通勤のF様は、現場にあまり顔を出せないので、1回の打合せを十分重ねていきながら進めていきたいと思います。

DSC04887.jpgDSC04886.jpgDSC04880.jpgDSC04882.jpgDSC04885.jpgDSC04879.jpg
 
soit.jpg「薪ストーブとコンサバトリーのある家」としてご紹介してきた宇都宮市F様邸がいよいよ建て方を迎えます。
画像のように、大屋根に煙突が伸び、正面にコンサバトリーを配置した個性的な外観です。
プロのカメラマンとして東京にスタジオを持ち、カタチやアレンジ、カラーリングなどに様々なこだわりを持たれているF様ご夫妻ですので、これからどんな仕上がりになっていくか楽しみです。

下の画像は、基礎から床下地組みまでのご紹介です。
頑強な構造は、今、話題のフラット35S(金利1.0%優遇)を活用しての家づくりでもあります。^^

DSC04823.jpgDSC04829.jpgDSC04825.jpgDSC04869.jpgDSC04866.jpgDSC04868.jpg
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。