感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
MX-2300FG_20091129_194340.jpg21日に発売されている、おなじみ「栃木の注文住宅」(リクルート社)に私たちの施工事例として、宇都宮市K様邸を掲載させていただいています。
きょうは、取材時に撮影された写真から、そのステキなインテリアなどの一部をご紹介しましょう。
さすがにプロの撮影する写真はひと味違いますね。


_MG_3622.jpg_MG_3807.jpgこのブログ内でも、予約内覧会などで何度となくご紹介しているので、すでにおなじみの方も多いと思います。
早いもので、竣工してから3年目となりますが、その住まいはいい「風合い」になってきています。
特にパイン材にリボス塗料で仕上げた床は、光沢も増してきて、いくつかのキズと合わせて無垢材らしい味を出してくれています。
調湿・吸臭効果の高い塗り壁エコウォールは空気を軽くしてくれ、夏場のエアコンは2~3度くらいしか使わないそうです。
また、ナチュラルアンティークにこだわったインテリアは、季節やお子様の成長に合わせて変化を続けていて、常に「バージョンアップ」を欠かしません。
自分の生活スタイルに合わせて暮らしを楽しんでいる雰囲気が伝わってきて、家づくりを計画されている方には大変参考になると思います。
内覧のご希望にもいつも快く応じていただき、内覧されたお客様からも「大変参考になりました!」といつも喜んでいただいています。^^

下の画像からもそういった雰囲気が伝わってきますね。
ご参考までに。

_MG_3757.jpg_MG_3712.jpg_MG_3859.jpg_MG_3813_5_7.jpg_MG_3663.jpg_MG_3672.jpg_MG_3644.jpg








スポンサーサイト
 
那須塩原市O様邸がほぼ完成しています。
お客様のご厚意により、12月5日から1週間、予約制の内覧会を開催させていただけることとなりました。^^

きょうは外観や内部の一部をご紹介しましょう。
下の写真は、ウッドバルコニーとデッキが仕上がったところです。
もう一度仕上げ塗装し、ステップを取り付けて完成となります。
玄関ドアの塗装も仕上がり、深みのあるグリーンとアイボリーのコントラストがいい感じですね。
このドアの色は、奥様手作りのトールペイントの表札に合わせたものです。

DSC04205.jpgDSC04204.jpgDSC04206.jpgDSC04215.jpgDSC04216.jpgDSC04217.jpg







内部では、パイン材の床に自然塗料リボスで仕上げ塗装されています。
腰壁や窓廻りのモールディングと合わせた色使い。
オーク色で仕上げて、森に包まれた別荘地にふさわしいカントリーテイストとなっています。

オリジナルの造作キッチンもパインの扉を採用。
同じようにリボスで仕上げました。
壁のレンガタイルもよいアクセントになってます。
一方で、人工大理石のカウンターやIHヒーター、食洗機なども取り入れて、機能性も十分です。
食洗機の扉にはパインの面材をはめ込みます。

他にもご紹介したいポイントがたくさんあるので、また別の機会にご案内したいと思います。

DSC04213.jpgDSC04238.jpgDSC04207.jpgDSC04223.jpgDSC04225.jpgDSC04211.jpgDSC04209.jpgDSC04222.jpgDSC04236.jpg
 
2009/11/26(木) 20:02:01

オリジナルキッチン完成形

DSC04157.jpgDSC04158.jpg完成内覧会で人気を集めていた宇都宮市OH様邸も間もなくお引渡しとなります。
アーリーアメリカンの外観は青空に映えますね。
皆さん口々に、「2世帯住宅とは思えない!」と驚かれていました。^^

DSC04168.jpgDSC04170.jpgそんな中、一番興味を持たれていたのが、やはりオリジナルの造作キッチンです。
愛らしい照明とシェルフも取り付けられて、ほぼ完成形となりました。
塗り壁エコウォールやシェルフ、レンジフード、タイル、シンクの白とモザイクタイルのベージュ、フレームや扉のチーク色、など色のバランスもいい感じに仕上がっています。
ロジェールのガスコンロ&オーブンもさすがの存在感です。^^

DSC04169.jpgDSC04171.jpgDSC04172.jpg





また、ロフトに続く2FのLDKからのオープン階段も、実際の使い心地などを確認されていました。
段板までスケルトンにすることで暗さや圧迫感もなく、むしろディスプレイを楽しんだり、インテリアの良いアクセントとして活用できそうです。

DSC04182.jpgDSC04181.jpgDSC04185.jpg






DSC04174.jpgDSC04175.jpg洗面室のペディスタルシンクにも可愛らしいミラーの付いた収納棚が取り付けられました。
ブルーの水玉クロスとの相性もバッチリですね。^^


 
2009/11/24(火) 11:50:01

記念の一歩?!

DSC04091.jpgDSC04144.jpg宇都宮市U様邸が無事竣工を迎え、お引渡しとなりました。
内覧会が終わった翌日、エアコン、カーテン、設備、建具などの仕上げ工事や、ガスの開閉立会い、東電や検査機関等の完了検査、浄化槽の保守契約など、諸々の手続きを経た後、お引渡しとなりました。
U様ご夫妻も慌しく大変な一日だったと思います。
そんなお二人を尻目に、はしゃぎまわる2歳の女の子は元気いっぱい。
広々としたLDKを室内用の車で走り回り、パインの床に早速「記念の第一歩」を記したようです。^^;

ある意味、そんなキズも、これから始まる新しい生活のスタートにふさわしいのかもしれませんね。
ご家族の幸せそうな笑顔に触れられて、家づくりにかかわれる喜びをかみしめた一日でした。^^

こちらの画像はご主人が自分でとりつけた面格子。
バランスもとれて見事な腕前ですね。
この後も、デッキのステップや車のガレージ、エクステリアなど、いろいろとセルフビルドの計画をお持ちです。
私たちもいろんな場面でお手伝いする機会がさらに増えていきそうです。^^

DSC04148.jpgDSC04149.jpg






 
2009/11/22(日) 11:48:16

薪ストーブのある家

DSC04121.jpg那須塩原市M様邸の地鎮祭が行われています。
那須塩原市の温泉街に近いところなので、すでに冬モードに入っている地区です。
また偶然ですが、那須塩原市O様邸の近くでもあります。
M様邸の工事の安全とその後の家内安全を祈願しています。年内着工し、来春の竣工予定です。


sut.jpgsut2.jpgM様邸はシンプルな外観に様々なこだわりを詰めたプロバンスの住まい。
スタッコ塗りの外壁とエスパニカの混ぜ葺きの屋根、インナーバルコニーに薪ストーブのチムニーが特徴です。
内部では、イラストレーターの奥様がこだわる色使いやディスプレイなどや、ワインセラーやオーディオルームなどオーナーシェフのご主人のこだわり、そして本格的な薪ストーブなどの様子もご紹介していきたいと思います。

わたしたちのお客様に共通しているのは、ライフスタイルを楽しむために家を作るというスタンス。
ひとりひとりのお客様と様々な打合せを重ねたり、工事中やお引渡し後のお付き合いをしていく中で、たくさんの気づきや刺激、感嘆、共感などをいただいています。
仕事を通して、人間性の幅が広がっていくような感覚が楽しく、またこの仕事のありがたさを感じています。
 
2009/11/21(土) 11:51:54

カバードポーチ

DSC04115.jpg連休中は宇都宮市U様邸とOH様邸での予約内覧会が行われています。
写真はU様邸の外観。好天に恵まれて、青空に映える外観が撮れました。
個性的な外観に魅入られているお客様がたくさんおられましたが、皆さん口々に同じことを言われたのが、「こんなに広いとは思わなかった!」という驚きの言葉です。
実は1Fには廊下がほとんどなく、2Fも勾配屋根やドーマーに包まれて、3部屋が十分な広さで確保されています。

もうひとつ、下の写真のようにカバードポーチに興味を持たれた方がたくさんいました。
リビングから広くつながっているので、大変心地よい空間になっています。
また、ウッドデッキに屋根が付いた形になっているため、リビングの明るさも気になるところですが、実は大変明るい空間となっています。
窓の配置の工夫や仕上げ材を明るい色合いにすることで、採光や空気の流れも十分確保されているのです。
床下も、土間コンクリートが打設されていて、通風もとれる形状となっていますね。

DSC04118.jpgDSC04117.jpgDSC04116.jpg

 
DSC04103.jpgDSC04104.jpg那須塩原市O様邸では、ウッドデッキとウッドバルコニーが仕上がってきました。
私たちと打合せに来られた時に、最初からこだわられていたのがウッドデッキ&バルコニーでした。
自然に囲まれた風景にウッドデッキはしっくりと馴染んでいますね。
DSC04105.jpgDSC04106.jpgウッドバルコニーは強度と耐久性を維持するためにも、がっしりとした作りとなってますね。
これだけの広々としたデッキは、リビングからつながるオープンリビングとしても十分その役割を果たしてくれそうです。
コーナーをR処理したり、デザインにもこだわりました。
このあと、ステップを作って塗装仕上げで完成となります。

DSC04099.jpgDSC04100.jpg内部では、オリジナルの造作キッチンの扉取付けが行われていました。
無垢のパイン材を扉に採用しています。また、天板は人工大理石、食洗機やIHヒーターなど機能性も十分なキッチンになると思います。
流し前のレンガタイルもいい風合いを醸し出してくれてます。

DSC04101.jpgDSC04097.jpg同じくレンガタイルで仕上げたオリジナルのマントルピースです。
画像ではわかりにくいですが、LDKの壁は塗り壁エコウォールの仕上げです。
色をホワイトとライトイエローをミックスしたミルク色にしているためか、レンガタイルの風合いといい相性の仕上がりになっていますね。^^
O様邸も12月上旬竣工に向けて、仕上がりのペースが上がってきました。
来週は床養生がバラされて、床塗装工事に入ります。



 
DSC04091.jpgDSC04092.jpg週末に完成予約内覧会を行わせていただく宇都宮市U様邸が、竣工に向けて工事も仕上げに入ってきています。
交通量の多い交差点のコンビニ近くにあるため、工事中に飛び込みの来場者?も多かったようで、大工さんや職人さんからも何度か報告を受けていました。^^;

DSC04090.jpgDSC04089.jpg玄関ドアはグリーンで仕上げています。全体的にホワイトでまとめた外観に、コントラストとしてよいアクセントとなっています。
そして、ドアの内部はホワイトで塗りわけています。
外部と内部で塗り分けるのもいいですね。右側はシューズクロークの入口。
最近小さいお子様がいらっしゃる方やアウトドア派には欠かせない間取りとなっています。
レンガタイル柄のクロスがユニークですね。^^

DSC04083.jpgDSC04085.jpgLDKのパイン無垢フロアはクリア塗装で仕上げています。
カバードポーチに囲まれたリビングで、ナチュラルカントリーテイストの自然な雰囲気を生かすため、また明るさを確保する目的もありましたが、大変明るく気持ちの良い空間となりました。^^

DSC04086.jpgDSC04087.jpgオリジナルの造作キッチンも完成が間近です。
扉の塗装も終わり、このあと家具・建具屋さんの手で扉取付けなどが行われます。
シンクとガスレンジを分離させたⅡ型タイプは、本格的なお料理をされる方に使い勝手の良いプランだと思います。

DSC04079.jpgDSC04080.jpgアルコローレのマウンテンフードにコーラー社のダブルシンク。
こちらのマウンテンフードはパステル調のカラーが揃っているので、最近採用される方が増えています。
そして、コーラー社のシンクはオリジナルキッチンの造作には欠かせないアイテムとして一番人気ですね。
自然な凸凹感が鋳物らしく、おおらかな暖かい感じの表面です。
ダブルシンクは野菜をひたしたり、パーティシンクとしても活用できそうです。

DSC04081.jpgDSC04082.jpg写真はクロームが美しいシャワーヘッドのキッチン水栓。こちらもコーラー社製です。
横に見えるのはソープディスペンサー。こちらも人気のアイテムです。
この場所には単水栓と浄水器にすることも可能です。
キッチンのフレームには浄水器を格納するスペースに棚を造作しています。

 
2009/11/17(火) 20:30:12

ストーブとコンサバのある家

いよいよ今年もあと1ヶ月半となりましたが、これから年内着工を迎えるお客様が3組いらっしゃいます。
みなさん、来年の春に入居される方達ですが、それぞれ個性的な仕上がりになりそうです。

sut.jpgsut2.jpgこちらのパースは那須塩原市に建築する東京在住のM様邸。
6月に別荘地として購入しましたが、こちらに移住してお住まいになる予定です。
ご覧のように赤い瓦とスタッコ塗り壁のプロバンスの住まいに、本格的な薪ストーブを取り入れています。
調理もできるピキャン社製のオーブン付です。
シンプルな外観ですが、シンメトリーやアーチをたくさん取り入れて、おしゃれな仕上がりになりそうです。
オーナーシェフとして店を経営されているご主人と、デザイナーをされている奥様のセンスが詰まった住まいです。12月上旬に着工となります。

konsa.jpghukini.jpgこちらは、宇都宮市F様邸の外観パースです。
10寸勾配の大屋根にインナーバルコニー、飾り鎧戸、レンガや天然石貼りなど個性的な外観の住まい。
そして、何よりもコンサバトリーと薪ストーブを取り入れた、自然を楽しむ家となっているのが大きな特徴ですね。
F様も東京にお住まいでしたが、こちらに移転される予定です。
旅行が趣味で、海外をたくさん旅して来られたご夫妻の、こだわりがたくさん見られるF様邸は12月中旬に着工予定です。

ujnan.jpgそしてこちらが宇都宮市UK様邸です。
UK様は市内中心部を流れる川沿いにお住まいですが、築40年以上経過したことと5人の家族で手狭になったため、建替られることとなりました。
実は延床面積26坪のコンパクトな住まいですが、ムダのない間取りを工夫し、5LDKの部屋数を確保しています。
UK様邸は現在、解体と整地工事に入っています。地盤調査を経て、問題なければ12月上旬着工となります。

みなさん、環境や間取りは違っても家づくりへの強い想いは共通しています。
その夢をかなえるお手伝いとお付き合いができる喜びを感じながら、着工の準備にかかっているところです。^^

 
2009/11/16(月) 20:12:05

アンティークビーム

takic.jpg宇都宮市TK様邸の進捗状況をご紹介します。
「ハイジの家」仕様で、温もりの伝わってくる仕上がりになるTK様邸ですが、外部、内部とも順調に進んできています。


PB064419.jpgPB094430.jpg外部は外壁下地の通気胴縁取り付けから、モルタル下地となるリブラスを取り付けているところです。
写真は、インナーバルコニーの様子。屋根の付いたバルコニーはお客様からのご要望も多いプランですね。
内側の外壁にもしっかり通気層を確保し、躯体内部の空気を動かす仕掛けとなっています。

PB104437.jpgPB104436.jpg外部にモルタル塗りのための下地材「プラスリブ」が取り付けているところです。
これは通常使われている「ラス材」よりも立体的で厚みのある下地材で、裏打ちに防水シートが貼られているので通気、防湿、耐水性能に優れたものとなっています。
この上にモルタルで左官仕上げとなります。軒先、破風もモルタル塗りなので、下地には屋根の防水下地材のゴムアスファルトフェルトを使っています。

PB134441.jpgPB104440.jpg一方、内部でも断熱工事の後は内部造作工事も進んできています。
写真は2階浴室にシステムバスが取り付けられたところ。TK様邸は、最近人気の2階浴室プランとなっています。
洗面室から隣接するインナーバルコニーにすぐ出られるのも家事動線としては有効なプランですね。

そして、1階床にはおなじみの無垢パインフロアが貼られています。
28ミリ厚の床材は足触りが柔らかく、自然塗料リボス仕上げでお好みの色に塗装されます。
どんな色合いになるのでしょうか?仕上がりが楽しみです。^^
PB104438.jpgPB094423.jpgこちらも最近人気の高い、アンティークビームが取り付けられたところです。
古木に似せた擬似木となります。ウレタン材に独特の風合いで加工・塗装されていて、本物と見分けがつかないくらいです。
こちらはダイニングキッチンの上部につけられて空間全体のアクセントとなっています。
こちらも仕上がりが楽しみですね。^^

 


お客様のご厚意により、宇都宮市U様邸と宇都宮市OH様邸にて2邸同時完成見学会を開催いたします。
日時は11月21日(土)22日(日)23日(祝)の10時~17時
に予定しています。
今回は全て予約制での内覧会となります。内覧ご希望の方は詳しい資料をご案内しますので、お気軽にお問合せ下さい。

U様邸、OH様邸ともにラップサイディングに急勾配の屋根、妻飾りなどが個性的なアーリーアメリカンの住まい。



U様邸は、急勾配から続くフレアード屋根にウッドデッキのカバードポーチ、ドーマーや天窓など、個性溢れる外観となっています。
リビングから続くカバードポーチの配置は、アウトドアリビングとしても機能してくれます。
また、内部はパインの無垢フロアに自然塗料でクリア仕上げ。
そしてオリジナルの造作キッチンでは対面2列型の配置とし、ダブルシンクと水栓はコーラー社製を採用。
白いタイルとピンクのマウンテンフードでお洒落な雰囲気にまとまっています。



OH様邸は、2世帯住宅のイメージをくつがえすかのようなカントリースタイルの外観。
キッチン、浴室・洗面、トイレなど水廻りを全て1、2階で分けた配置です。
特にバーチの無垢フロアを採用した1階とパインの無垢フロアを採用した2階や、システムキッチンを取り入れた1階とオリジナルの造作キッチンを取り入れた2階など、
そして、塗り壁エコウォールは色を塗り分けてみたりと、それぞれでこだわりいっぱいの素材や設備を取り入れています。

2邸を同時に内覧されることで、家づくりのイメージがより具体的に進むことと思います。
ぜひこの機会を活用して下さい。^^
それぞれの工事中の様子はこちらからどうぞ。↓
宇都宮市U様邸
宇都宮市OH様邸
 
DSC04070.jpg宇都宮市U様邸では竣工に向けて順調に工事が進んでいます。
ドーマーの妻飾りやルーバーシャッターなどカントリースタイルの外観もほぼ完成し、きょうはポーチのタイル下地工事などが行われていました。
今月下旬にはお引渡しできると思います。

DSC04068.jpgDSC04061.jpgこちらは、U様のこだわりのひとつ、広いカバードポーチ。
オープンリビングとしても十分機能してくれそうですね。^^



DSC04053.jpgDSC04054.jpg内部では、オリジナルキッチンの造作が進んでいます。
U様のプランはシンクとグリル・調理スペースを分けたアイランド型のⅡ型タイプ。
レンジフードはアルコローレ社のマウンテンタイプでパステルピンク色を採用していますね。

DSC04056.jpgDSC04057.jpgシンクはコーラー社のダブルシンク、水栓も同じくコーラー社製が取り付けられます。
天板や壁に白いモザイクタイルと100角タイルが貼られています。清潔感が溢れる明るいキッチンに仕上がりそうです。
この後、キャスターワゴンやスライド収納なども取り付けられます。

DSC04055.jpgDSC04060.jpgこちらはダイニング側に設けたオープン収納。
下段にはステンパイプを通し、ディスプレイや雑誌スペースなどとして活用する予定です。
そして、キッチンから眺めたリビングの様子です。
ハイスタッドなので梁をつけてもゆとりの空間ですね。カバードポーチをつけても明るいリビングになっています。^^

 
2009/11/11(水) 20:14:34

お洒落な照明アラカルト

DSC04039.jpgきょうは、宇都宮市OH様邸の完了検査がありました。
今年の1月に当社にご来店いただいたのが、OH様ご夫妻との初めての出会いでした。
佐野市在住という遠距離にも関わらず、熱心に当社のイベントや各現場を見て回られてきました。
宇都宮市内に建替で2世帯住宅を建てる、というご要望に応えられるよう何度もプランの打合せを重ね、ご契約いただいたのが4月。
そして5月に解体工事をし、6月から基礎着工して5ヶ月目。
ステキな住まいが完成し間もなくお引渡しを迎えることとなります。

きょうは、完了検査を受ける直前に撮った写真です。
OH様がご自身で購入されてきた、お洒落な照明器具のいくつかをご紹介しましょう。

DSC04040.jpgDSC04034.jpgまずは玄関ポーチと玄関ホール。





DSC04037.jpgDSC04035.jpgそして、1階LDKのキッチンペンダント。





DSC04028.jpgDSC04032.jpg2階リビング吹抜けと階段ホール。





DSC04027.jpgDSC04029.jpg2階キッチンとリビングの書斎コーナー。





DSC04030.jpgDSC04031.jpg2Fキッチン背面のパントリーと2階トイレ。




いかがでしょう?
ペンダントライトがたくさんあって、それぞれが壁や天井にアーティスティックな陰影をつけてくれてますね。^^
他にも見どころがたくさんあるので、また別な機会にご紹介しましょう。お楽しみに!
 
2009/11/09(月) 20:41:12

玄関ドア造作中

DSC03861.jpgDSC03863.jpg宇都宮市S様邸では、天候にも恵まれて、建て方後の工事が順調に進んでいます。
写真は先週までの屋根瓦工事の様子です。
7寸勾配の寄棟屋根にエスパニカを3色混ぜ葺きしています。
S様が最初からこだわっていた外観。そのひとつめが屋根の色使いです。
サンプルで確認しながら色決めをしていきました。

DSC04003.jpgDSC04006.jpgこちらは樹脂サッシの取付けが終わり、透湿防水シート貼りが進んでいるきょうの外観です。
すでに屋根工事も完了していますね。
サッシはいつもご紹介しているクレトイシ社のモンタージュ樹脂サッシです。
輸入サッシのパーツを日本で組立・加工しているため、欧米の性能とデザインを生かし日本の工法に合わせたサッシとなっています。

DSC04004.jpgDSC04005.jpgきょうは玄関ドアも取り付けられてます。
これは、標準採用のシンプソン社製トーランスです。
ステンドグラスのデザインが人気を呼んで、最近採用される方が増えてきているようです。
ご覧のように、開口枠やドア本体を削り込んだり、調整しながら取り付けていきます。
これも木製ドアならではの光景ですね。^^
最後にはお好みの色で塗装仕上げしていきます。

 
2009/11/08(日) 20:23:01

完成見学会2

小山市M様邸の完成見学会が大盛況の内に終了しました。
初めて見えられた方、私たちのイベントに何度か来られている方、私たちと家づくりを検討されている方等々、多くのお客様から「ステキなお家ですね!」「いろいろ参考になりました。」とお礼とお褒めの言葉を頂いています。^^
私たちにとっても本当に実りある2日間となりました。M様ありがとうございました。

きょうは、残念ながら所用などでご来場できなかった方のために、チラシ等用に撮影されたプロの画像をご紹介しましょう。
_BON0081.jpg_BON0053.jpg_BON0030.jpg
_BON0086.jpg_BON0074.jpg_BON0043.jpg_BON0038.jpg
_BON0029.jpg_BON0021.jpg_BON0014.jpg_BON0003.jpg
 
DSC03972.jpgDSC03966.jpgお客様のご厚意により、小山市M様邸にて、きょうと明日の2日間にわたり完成見学会を開催しております。
以前からご案内の通り、ジョージアン様式の外観で、60坪の2世帯住宅となっています。
チラシ折込みなどで、シンメトリーなデザインの外観やオリジナルキッチンなどが人気を呼んで、初日から大盛況の一日となりました。^^

きょうはその中でも、内覧されたみなさんから大変好評をいただいた、キッチンと個性的な照明器具をご紹介します。

DSC03954.jpgDSC03958.jpgこちらはオリジナルの造作キッチン。対面式でフラットなカウンターに収納をつけ、ホワイトカラーで統一しています。
食洗機の扉も白くペイントしました。ダイニング側のオープンスペースは飾り棚としても活用でき、側面にはニッチの収納もついています。
DSC03956.jpgDSC03961.jpg見た目だけではなく実用性にもこだわり、アーミックのシンクにコーラーの水栓、グローエの浄水器、アルコローレのレンジフードなどに食洗機やIHヒーターなど、機能とデザインを両立させたキッチンとなりました。
また、2帖のパントリーと背面収納には家電収納も造作しています。
使い勝手や収納もバッチリですね。^^

そして、下の写真はこだわりぬいてお客様がネットなどで購入された照明器具の数々をご紹介します。
この他にも、M様ご夫妻の小さなこだわりがたくさん詰まった住まいですが、また少しずつご紹介していきたいと思います。^^

DSC03982.jpgDSC03990.jpg玄関吹抜け、ホール





DSC03983.jpgDSC03986.jpgリビング、ダイニングキッチン





DSC03974.jpgDSC03989.jpg寝室、ホール






DSC03975.jpgDSC03981.jpg子供部屋






DSC03980.jpgDSC03987.jpg1、2Fのトイレ





 
DSC03905.jpgDSC03909.jpg那須塩原市O様邸の足場がはずれ、全景が見られるようになりました。
グリーンの屋根とモールディングがオフホワイトの外壁と見事なコントラストを見せていて、緑豊かな別荘地に映える美しい佇まいです。
足場がはずれて外観を見たときに、皆さん一番感動されるようですが、
残念ながら、O様ご夫妻は東京在住のため、写真でのご紹介となってしまいます。

DSC03906.jpgDSC03907.jpgこれは何の写真だと思いますか?
これは、O様ご夫妻が当初から希望されていたウッドデッキと木製バルコニーの独立基礎となる束石です。
全体で約18帖くらいの広いウッドデッキをグリーンの塗装で仕上げます。
また木製のバルコニーも同様にグリーン仕上げ。
ここが出来上がって、外観が完成!ということになります。
新築でこれだけ大きなウッドデッキは私たちも初めてです。
どのような仕上がりになるか、楽しみですね。^^

DSC03911.jpgDSC03940.jpg一方、内部では腰壁や窓廻り、カウンターなど木部の仕上げ塗装が始まっています。
写真はLDKの塗装の様子。リボスのオーク2回塗りで仕上げますが、まだ1回目の途中ですね。
2階の各部屋はいろんな色で仕上げる予定ですので、こちらもまたご紹介していきましょう。
 
2009/11/04(水) 20:36:06

真っ赤な室内

DSC03854.jpgDSC03853.jpg宇都宮市TK様邸では、建て方後、屋根葺き、サッシ取付、透湿防水シート貼、胴縁取付等が順調に進んでいます。
シンプルでシンメトリーな外観がイメージできるようになってきました。

そして内部では、ご覧のように断熱材がビッシリと隙間なく入れられています。
こちらは今までに何度もご紹介している、「マグルージュ」という高性能グラスウールです。(24k相当)
既に、電気配線もほぼ終了し、外周部には気密コンセントボックスを配置し、断熱材を納めた後に気密シート貼という工程になります。
私たちのお客様が口を揃えて言われることは、「ほんとに暖かくて快適な家です。」という言葉。
そうした家が出来上がるためには、ひとつひとつの素材を手順通り確実に施工することが大切です。
後から見えなくなる部分は特に重要ですからね。

DSC03851.jpgDSC03850.jpgDSC03847.jpg
 
DSC03889.jpg2世帯住宅となる宇都宮市OH様邸の竣工が近づいてきました。
相変わらず、住宅地にそびえ立つ、といった感じの風格のある外観ですね。
近隣の家との境界が近いため、全景が上手く撮れないのが残念です。広角レンズが必要ですね。^^;

DSC03887.jpgDSC03886.jpgこちらが1Fのお母様のLDKにあるキッチンです。
パーチの床や塗り壁エコウォール、アーチ下り壁に包まれた優しい空間に、きりっと引き締まったカラーのシステムキッチンが納まっています。
ほぼ標準仕様ですが、お母様のお料理へのこだわりが伺えるガスオーブンがついています。
タイルはブルース標準のカントリーブラウン。

そして下の写真は、2FのOH様ご夫妻のLDKに配置された、オリジナルの造作キッチンです。
奥様のご要望に合わせてのデザイン。
ご覧のようにコーラーのシンクにシャワー付水栓、そしてロジェールのオーブン付コンロなど、こだわりいっぱいのアイテムをビルトインしています。
特にロジェールのコンロは、以前もご紹介したとおり4基のバーナーにビッグオーブン付の豪華仕様。
下段には引出しも付いて収納量もバッチリです。
そしてお洒落なガラストップカバーは開閉式の耐熱仕様で、調理中は壁面の汚れ防止としても活躍する機能も持つ優れもの。^^

DSC03877.jpgDSC03876.jpgDSC03875.jpg





プロバンスホワイトのオリジナルタイルをあしらったカウンターにコーラーのシンク。
美しい曲線を持つワンレバー水栓にシャワーも付いて、使い勝手もバッチリですね。
壁のモザイクタイルもブルースオリジナル。陶器のスイッチプレートも可愛らしさを演出してくれます。
このあとシェルフや小物が付いて完成となります。
仕上がった様子はまたご紹介しますね。^^

DSC03880.jpgDSC03879.jpgDSC03878.jpg






こちらは、キッチンを中心としたLDKの全景。
キッチンの後ろはパントリーが配置されて、収納は十分過ぎるほどのスペースがあります。
冷蔵庫や食器棚もリビングからは見えません。
もちろん、こちらもアーチの下り壁で雰囲気を和らげています。

最後の写真は、洗面室のペディスタルシンク。
こちらもコーラー製のものをチョイス。
まだまだご夫妻のこだわりがたくさん詰まっていますので、別な機会にまたご紹介したいと思います。
お楽しみに。^^

DSC03882.jpgDSC03884.jpgDSC03885.jpg


 
2009/11/01(日) 20:32:32

お引渡しとアンコール内覧会

DSC03736.jpgDSC03694.jpg那須塩原市S様邸のお引渡し&「アンコール内覧会」を行わせていただきました。
お引越しは今週末の予定ですが、すでに一部を除きほぼ竣工したことと、荷物を少しずつ搬入される予定もあるので、きょうのお引渡しとなりました。
ご夫妻とも、建物の仕上がりにご満足いただけて、ありがたいお礼の言葉を頂き、携わった立場としても感謝の気持ちでいっぱいです。
昨年の暮れに、初めて出会った那須高原の予約内覧会。
それ以来、遠方にも関わらず熱心に私たちのイベントに足を運んでいただたり、毎週のように打合せを重ねて作っていったプランが、やっと形になりました。
新居でのS様ご夫妻の生活がさらに満ち足りていくことを願ってやみません。
そして、これからが私たちとの新しいお付き合いの始まりとなりますね。
今後とも宜しくお願いします。^^

narimi.jpgnariki.jpgそして、今週は先日の土日に都合がつかなかった方達が、S様邸のアンコール内覧会に6組お見えになりました。
その場でお申込みとご契約をいただいたお客様もいて、私たちにとっても実りの多い1週間となりました。
パースは、きょうご契約いただいた東京在住のM様邸です。
やはり那須塩原市の別荘地に土地を購入されて、永住の住まいとして建てられます。
遠距離の中、何度も打合せにお見えになり、現場や完成した家をいろいろ見ていただいてきました。
私たちの家づくりに共感と納得をいただいて、これからいよいよ家づくりがスタートすることとなりました。
今月末から工事も始まるので、まだまだ那須ガーデンアウトレット周辺に通う日々が続きますね。
楽しみです。^^
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。