感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2009/06/30(火) 23:38:07

色を選ぶときは

塩谷町S様邸ではいよいよ外壁の仕上げに入りました。
先々週までにモルタル下地まで完了してましたが、養生期間を十分に取っての工程です。
仕上げ材は、このブログで何度もご紹介している「スタッコラースト」です。
天然大理石を使っているので独特の質感とぬくもりを持っていますね。光の角度によってはキラキラ光ったりします。^^

この仕上げ材は標準で56色、骨材で2種類、塗りパターンは8種(一部オプション)という多彩なバリエーションがあります。
あらかじめ希望される色は決まっていても、これだけ種類があると、皆さん必ずといっていいほど迷われるので、現場で塗り見本を作り、確認してもらいながら進めています。
これは、内壁のエコウォールやエンバイロコート、床や枠廻りのリボスなど、色をつけるときは皆、同じ手順で進めなければなりません。
小さな写真やサンプルではなかなかイメージがつかめないですからね。

また、色選びが成功するかどうかで、家づくりの満足度も格段に変わってしまうものです。
だから、大変でも、きちんとこの手順を踏むことが非常に大切なのです。

S様は、プリムローズ色のランダム塗り、最近人気の「コテ跡をストレートパターンにする仕上げ」としています。
モルタル塗りまでは、地味な色合いでしたが、スタッコ仕上げになると外観の印象がガラっと変わりますね。^^

DSC02311.jpgP6302903.jpgP6302919.jpgP6302918.jpgP6302916.jpgP6302922.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
スポンサーサイト
 
2009/06/29(月) 22:47:07

林間地とはいえ

那須塩原駅や那須アウトレットモールから5分という好立地にある那須塩原市S様邸では、基礎工事が完了し、きょうから土台敷きが始まっています。
那須高原近郊の林間地とはいえ、きょうはかなりの暑さの中の工事です。
特に、土台敷きや下地床貼りなどの工程は、全く日陰のない状況での作業ですから、大工さんも大変ですね。

以前にご案内した通り、フレーミングについては、フルパネルによるプレカットを採用し、屋根下地まで一気に進むよう段取りしています。
その前に基礎パッキン敷きから、土台、大引き、床断熱、床下地、まで今日明日で仕上げていきます。
基礎パッキンはご存知の通り、床下の換気をとるための仕様ですが、これもロングタイプを使い、間隔をあけずに施工し、基礎天端のすべてに取り付けることで換気や耐震性能を上げることができます。

これから随時、木工事の過程もご紹介していきますね。^^

DSC02336.jpgDSC02341.jpgDSC02337.jpgDSC02340.jpgDSC02339.jpgDSC02335.jpg






一方で、S様邸から5kmほど西へ行ったところの別荘地にあるO様邸では地盤調査が行われました。
樹木の伐採、伐根が行われたため、表層部分は柔らかいのですが、直下は岩盤層が見られるため、しっかりした地盤と言えそうです。
こちらは、来週末に地鎮祭を行い、中旬から着工の予定です。

2ヶ所とも大変緑豊かな環境で、現場に行くのにもちょっとした行楽気分にもなりますが、週末の混雑はかなり厳しいものがあります。
土曜日も渋滞にハマってしまいましたが、こればかりはしょうがないですね。^^;

DSC02300.jpgDSC02296.jpgDSC02297.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
5月にお申込みを頂いたさくら市在住のU様は、宇都宮市に土地を購入されて7月着工の予定となっています。
昨年の7月に開催したさくら市の完成見学会にお見えになったのが私たちとの最初の出会い。
それから、見学会や予約内覧会、資金計画セミナーなど、私たちのイベントにはいつもご参加されて、家づくりについて実に熱心に情報収集や勉強をされてました。

ご夫妻はお二人とも長野県出身で、住み慣れてきた田舎の景観を大切にしたいが、学区や利便性も重視する、というご希望があり、他にもいろいろなこだわりがあったので、良い物件が中々見つからず、一時計画を中断されてたこともありました。

が、今年の3月から計画を再スタートすることになり、4月にやっと良い土地が見つかり、5月にご契約、という流れでした。
そこまでには、30件以上の土地を見てきたのではないでしょうか。

U様が決められた土地は、調整区域内の分譲地なので、農地を宅地に転用し開発申請をする必要があります。
そうすると建築確認申請までは、約1ヶ月半ほど待たなければなりません。
先週やっとその許可が下りたので、これから確認申請手続きとなります。
宇都宮市は市街地とその近郊ではかなり地価が変わるため、最近はこのような分譲地も結構増えていますね。

さて、そんなU様ご夫妻が気に入られている外観デザインは、カバードポーチと屋根が個性的な「ノースカントリースタイル」。
但し、下の画像のように、まだ屋根と外壁の色の組合せを検討中です。
屋根が4色、外壁が3色の12パターンの組合せがありますし、コーナーモールや飾りルーバーなどエクステリアパーツの組合せも自由ですから、色を絞り込むのも大変ですよね。^^;

結論まではもう少しかかるでしょうが、どのような組合せになるのか大変楽しみです。
今週、地盤調査もあるので、基礎着工は7月中旬くらいになりそうです。
また、完成までの現場を中心にいろいろご紹介していきますね。^^



col (9)col (7)col (5)





エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
今までにも何度かご紹介している、建てられたお客様のお宅へ訪問する「住み心地を聞いてみる」という企画ですが、今回は東京在住のF様が、宇都宮市O様邸を内覧されました。
実は、今日はO様邸にてリクルート社の取材があったので、その取材風景と合わせて見てもらおうと、O様のお住まいをご案内しました。

F様は、現在宇都宮市内にあるご実家近くの土地を確保し、来春までに引っ越せるようにと新築計画中です。
私たちと打ち合せた時に、前述の企画をご案内したところ、「ぜひ見てみたい!」とのことでしたので、取材のある今日伺いました。

O様のお住まいは「オールドプロバンス」仕様ですが、F様も同じ仕様を希望されています。
オールドプロバンスは南仏の古民家をイメージした住まいです。
主な仕様は外観が塗り壁スタッコラーストに瓦、内部の床にはパイン無垢フロアを貼り、壁・天井はブルースエコウォール、その床と枠回りや建具はすべてリボス塗料、といった自然素材の採用と職人の手仕事による仕上げが特徴です。

またF様が希望されている、オリジナルの造作キッチンもO様の仕様や配置、仕上げ方がイメージにピッタリということでした。^^
そして、きょうは30℃を大きく超える暑い一日でしたが、エアコンも扇風機も使わずに、快適な室内にF様もビックリ。
エコウォールが、室内の湿気を取り、軽やかな空気に変えてくれていることを体感して頂けたようです。

もちろん良いところばかりではなく、自然素材やムクの木を使うことで、キズや隙間が出来やすいことや、マメに手入れすることなどの大切さなども確認してもらってます。
いずれにしても、実際に住まわれている方の話を聞いたり、見たりできたことは間違いなく参考になりますから、こういう機会を活用するといいですよね。

DSC01423.jpgP6272883.jpgP6272884.jpgP6272893.jpgP6272887.jpgP6272886.jpg







エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
小山市M様邸では、大工工事が着々と進行中です。
画像では、シートに覆われているのでわかりにくいのですが、シンメトリーが美しいジョージアン様式の外観です。
約60坪の総2階なので、間取りよりも外観重視では、と思われがちです。
しかし、M様邸は2世帯住宅なので、キッチンや水廻りがすべて別々の配置となっています。
そして、特にご両親の部屋を中心に使い勝手や動線に配慮したプランと、M様がこだわって買い求めてこられたビンテージもののリビングドアや造作キッチン、フレンチドア、フィッツの手すりなどの美しいデザイン性との両立を図っています。
いわば「間取り良し、外観良し、心地良し」という「家づくり三方よし」を目指した住まいです。
(スミマセン、「買い手よし、売り手よし、世間よし」という近江商人の言葉からの引用です。^^;)

いずれにしても、これから大工工事が進むに連れてそのこだわりの詳細をご案内していきますね。
現在は、樹脂サッシの取付けが終わり、外部防水シート貼りと断熱材の取付や電気配線が始まっています。

P6252876.jpgP6252877.jpgP6152813.jpgP6202846.jpgP6202847.jpgP6202850.jpgP6252871.jpgP6252872.jpgmat4.jpg







エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
基礎工事の前に地盤改良をしてきた宇都宮市OH様邸では、日本住宅保証検査機構JIOの配筋検査が行われました。
特に問題もなく合格し、ベースコンクリートの打ち込みに入りました。
下の画像は防湿シート貼りから配筋工事が終わったところです。

以前から何度もご案内しているように、地中梁を採用した剛性の高いベタ基礎になります。
外周部だけでなく、内部の間仕切り部分の布基礎も掘り下げて、「地中梁」を作ります。
そうすることで、布基礎工法の良いところを生かすことができるのです。
もちろんどんなに良い工法を採用していても、施工方法に瑕疵があっては意味がないわけで、そうした点からも第三者機関に検査を依頼することは重要だと思います。

配筋の径やピッチ、スペーサーブロックの配置、継ぎ手の補強や補強筋の径等、設計図書どおりに施工されているかの確認と写真撮影がされます。

これらの結果は、報告書として施主様宛て送付されます。
地盤保証と合わせ、安心と安全を担保する大切な工程となりますね。^^
ご参考までに。

016 (9)016 (7)016 (5)016 (4)016 (2)016.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/24(水) 23:57:52

モチベーションが上がる理由

今日一日を振り返って、ちょっと雑談のような内容になりますが…

ありがたいことに先週から今週にかけて、お客様との打合せが大変多くなってきています。
このブログも、みなさんにご覧頂けてるようで、打合せ中にも内容についての質問や感想、そしてアドバイスやお褒めの言葉まで、いろいろコメントを頂いてます。^^
そんなに見ていただいてるのかという驚きや喜びとともに、軽いレッシャーも感じるようになりました。^^;

それはいずれにしても、現場の状況や、お客様との日々のお付合いで感じたこと、役立ち情報など、ご覧頂いた方が、少しでも参考になるのであれば毎日続けていこうと、改めてモチベーションがあがっています。^^

そしてモチベーションと言えば、私たちの仕事は不思議なもので、お客様と会話をすること、会話ができることで自然とモチベーションが上がっていきます。
おそらく、家づくりに対するお客様の真剣な思いが「高いテンション」となって伝わってくるので、それに引き込まれていくのではないかと思っています。

きょうはお客様との打合せが多かったこともあって、「昼食抜き」で一日過ごしてしまいましたが、全く平気でした。
これが「デスクワークで昼食抜き」ならやってられなかったでしょうね。^^;

おかげさまで、モチベーションが下がる心配がない状態 が当面続きそうです。^^

keisa (10)keisa (9)








エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/23(火) 23:03:05

掲載される写真を見ると

先日、地元のコミュニティ誌に私たちのお客様の施工事例が掲載された話をしましたが、早速資料請求、内覧希望などの問合せが寄せられてきています。
やはり、実際に建てられた方のお話や事例写真、間取りなどにはみなさん興味を持たれるようです。^^
モデルハウスが立派なのは当たり前で、等身大のモデルとしては実際の施工事例が一番身近ということでしょう。
残念ながら、私たちがどんなに上手く説明しようとも、建てた方の体験談には全然及ばないわけで、説得力が数倍違います。^^;
だから、雑誌を見てご来店いただいた方に、「住み心地を聞いてみませんか?」とお話すると、みなさん異口同音に「お願いします!」と言われます。
きのうときょうで3組の方から、内覧のご依頼を受けました。

最近、私たちの大切な仕事として、お客様同士のパイプ役、橋渡しとなる役割が重要になってくるのではないかな、と思っています。
すでに建てられた方もこれから建てる方も、同じ家づくりの仲間として、いろいろ情報交換をしたり、コミュニケーションがとれる企画を考えていきたいですね。

下に、雑誌などに掲載された画像をご紹介します。

keisa (17)keisa (11)keisa (14)keisa.jpgkeisa (15)keisa (16)keisa (19)keisa (18)keisa (4)keisa (3)keisa (20)keisa (7)keisa (6)keisa (2)keisa (21)keisa (12)keisa (13)





エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/22(月) 23:05:35

完成に向けて

塩谷町S様邸では仕上げに向けて順調に進んでいます。

写真は、外部の塗り壁スタッコラースト仕上げの前のモルタル下地塗りの様子です。
ご覧のように、左官ゴテで一度仕上げた後、メッシュシートを伏せこみながら二度塗りをしていきます。
こうすることで、クラックの防止をし、モルタルの厚みの確保と密着性を高めることもできますね。このまま約1週間ほど養生します。

また内部では大工工事が間もなく完了です。
ブルースホームの特長のひとつでもある、Rの下り壁やガラスブロックを効果的に配置しています。
これから7月末のお引渡しに向けて、仕上げ工事へと引き継がれていきます。

sugi2.jpgP6162829.jpgP6162818.jpgP6192838.jpgP6192836.jpgP6192837.jpgP6162819.jpgP6162824.jpgP6162821.jpg


エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/21(日) 21:37:52

資金計画に欠かせないもの

地盤調査の結果、やや軟弱層が見られた宇都宮市OH様邸では、地盤改良工事を行いました。
建替工事でもあり、既存の建物にも異常はなかったので、大丈夫では?というイメージでしたが、判定結果は「改良要」でした。

ただ、データ解析の判定では、表層改良までは必要なかったため、写真のように通常より450ミリ深く掘削し、「山ズリ」を使い、100ミリ毎に転圧をかけていくこととなりました。
残土の量はかなり出ましたが、基礎地業につながる流れで出来る工事ということもあり、一般的な表層改良工事よりはコストを抑えられてます。

調査結果に基づいた施工を行うことにより、第三者の地盤保証もつきますし、後からでは手をかけられない大切な部分ですから、ここを「妥協」するわけにはいきませんよね。
OH様とも、「地盤については、もしかしたら改良もあり得ます。」という話をしていたこともあり、事前に費用計画に入れていましたが、建替工事なので、「万が一」という程度で考えていました。
本体の家づくり計画に大きな影響を与えかねないので、やはり全体の資金計画の中においても、あらかじめ、改良工事の費用をしっかりとみておくことは大切ですね。

DSCN4740.jpgDSCN4738.jpgDSCN4743.jpgDSCN4742.jpgDSCN4755.jpg4min.jpg







エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/20(土) 23:49:50

自然と馴染む

那須塩原市のO様邸では敷地内の樹木の伐採が進んでいます。
以前ご紹介したように、東京在住のO様が選ばれた、自然豊かな林間の別荘地です。
敷地内の建物にかかる部分の樹木を伐採し、整地していきます。

「出来るだけ自然のままで。」というご要望に沿って伐採していますが、枝が建物にかかったり枯れかかった樹木などがあり、一本一本チェックしていくと残せる木も限られてきます。
冬季には風が強い地域でもあるので、数年後に倒れて、建物に影響を与えては元も子もなくなります。建物とのバランスもあるので、このあたりは慎重に確認していきます。
このような別荘地では、周辺も含め木々に囲まれた環境なので、これからも間伐をするなど手入れと管理を続けることが大切になりますね。

これから整地をした後、地盤調査をして地耐力を確認し、いよいよ着工となります。
緑と白のコントラストが映える外観が特長のO様邸。周囲の雰囲気にしっくりと馴染んでると思います。こちらも完成まで随時ご紹介していきますね。^^

DSC02208.jpgDSC02251.jpgDSC02210.jpgDSC02249.jpghig.jpgmnam.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/19(金) 22:47:36

試験と基礎の中間報告

SN3K00350001.jpgちょっとヘンなタイトルをつけてしまいましたが、きょうは、県が主催する「建築士定期講習会」を受講してきました。
数年前から続く一連の建築基準法改正や建築士法改正などを受けて、3年に一度、建築士の定期講習の受講と試験が義務付けられています。
法律が少し変わるだけで、現場は結構混乱するものです。
今回もなかなかボリュームのある講義内容で、思っていたより難度が高い試験でしたが、何とかクリアできたと思います。(たぶん。^^;)


さて、地鎮祭後の那須塩原市S様邸ですが、基礎工事が順調に進んでいます。

地盤調査ではしっかりしたデータが揃ったので、改良等も必要なく、高耐震ベタ基礎/地中梁での施工となります。
写真は、「根切り」工事から、配筋、検査、土間コン打設、養生、型枠撤去、布基礎型枠、までの施工状況です。
配筋写真の中にもありますが、「地中梁」というのは、外周部だけでなく内部の間仕切などの荷重もしっかり支える、従来の「布基礎工法」の良い点をベタ基礎に取り入れたものです。
この部分は、頑強な基礎を作る上での大切なポイントだと思っています。^^

明日から布基礎のコンクリートが打設されます。

2029.jpgDSCN4723.jpgP6132802.jpg





DSCN4724.jpgP6162817.jpgDSCN4759.jpgDSCN4758.jpgDSCN4760.jpgsaEX.jpg







エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/18(木) 23:47:43

東京から。東京へ。

東京大田区にお住まいのお客様が、遠路、宇都宮にある当社まで足を運んで下さいました。^^
来年、お子様が幼稚園にあがるのをきっかけに、奥様のご実家が近い宇都宮に新築をしたい、とのことです。
雑誌の施工例などで見たブルースホームの「オールドプロバンス」が、ご夫妻のイメージにピッタリだということで、ご興味いただいています。

これから、具体的に打合せとなりますが、きょうは私たちの家づくりの取組みや考え方を確認頂き、またお客様の思い描く住まいのイメージを共有すること、生活スタイルの確認など、じっくりと時間を割いて打合せさせていただきました。
敷地調査やプランニングなどと平行して、実際に建てられた方の住まいを内覧する、「住み心地を聞いてみる」という企画へご案内の約束をしました。^^

下の画像は、私たちの手がけた「オールドプロバンス」の一例のご紹介です。

BON_0104.jpgya954.jpgho017.jpgaian312.jpg_MG_1275.jpg_MG_1226.jpgya112.jpgaian625.jpghukuinaikan.jpg






HI380177.jpgHI380180.jpgその後昼からは、今度は私が東京へ移動し、ブルースホームの本社にて企画会議に出席しました。
加盟各社の代表者が集まり、活発な意見交換のある会議で、有意義な時間となりました。
懇親会で交流を深め、先ほど戻ってきたところです。

東京からお客様をお迎えし、その後、私が東京へ出向く。
ちょっと不思議な感じのする一日でもありました。^^;


エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/17(水) 23:56:19

笑顔いっぱい

kuru_ページ_1
こちらでご紹介した子育て世代向けのコミュニティ誌「クルール」が15日に発行されています。
記事はこちら→「取材風景」
クルールはこちら→「クルール」

サブタイトルを見ると、「ママライフをもっと楽しむための応援マガジン」とありますね。
幼稚園、保育園で配布されたり、銀行やスーパーなどに置いてあったりして、子育てママへの情報誌となっているようです。
「どうぶつパンの作り方」とか「100均グッズでサマーパーティー」、「雑貨ショップガイド」、「ハッピーキッチングッズ」など楽しい記事がたくさんあります。^^


kuru_ページ_2kuru_ページ_3その中で掲載されている記事はこちらです。
宇都宮市O様の住まいが間取りと写真付きでご紹介されています。
特に2階浴室から洗面、ユーティリティ、バルコニーへとつながる家事動線は使い勝手が抜群。また、お子様がお風呂に入ってすぐ布団に直行して寝られるのもベンリ。とのことです
その他、私たちとの出会いから家づくりの思い出など語っていただいてます。

笑顔いっぱいのご家族の写真を見ると、「家づくりに関われて本当によかったなぁ」とあらためて思いますね。^^


エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/16(火) 22:58:34

森の中の洋館

昨年のブログでもご紹介した、那須塩原市の道の駅、明治の森にある「旧青木家那須別邸」。
那須塩原市役所からO様邸へ行く途中にあります。
去年は、休館で見れませんでした。
きょうは、確認申請手続きなどで移動の中、ランチ休憩を兼ねて観覧してきました。^^

この洋館は、明治年間に、ドイツ公使や外務大臣を歴任した青木周蔵子爵が、自分の経営する農場内に建築した洋風別荘です。
設計者はドイツで建築学を学んだ松ヶ崎萬長だそうです。
杉並木を抜けると現れる「白亜の洋館」は何ともいえない趣がありますね。
一枚一枚貼り合せた、うろこ状のスレートが特長的です。カバードポーチに囲まれ、個性的なモールディングが施されたファサードも目を引きます。
許可をもらって撮影した一部をご紹介します。(携帯なので見づらくてすみません。^^;)

つかの間でしたが、幸福なひとときを満喫できました。^^

ご興味ある方はこちらをどうぞ。→ とちぎ明治の森記念館 


SN3K0038.jpgSN3K0035.jpgSN3K0073.jpgSN3K0074.jpgSN3K0069.jpgSN3K0070.jpgSN3K0071.jpgSN3K0076.jpgSN3K0068.jpgSN3K0075.jpgSN3K0034.jpgSN3K0072.jpgSN3K0067.jpgSN3K0066.jpgSN3K0054.jpgSN3K0052.jpgSN3K0053.jpg







エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/15(月) 22:54:41

壮観な佇まい

小山市M様邸の進捗状況です。
シートに囲まれて分かりづらいと思いますが、60坪の総2階の建物は壮観な佇まいですね。

先週、フレーミングをフルパネル対応で行う意味についてご案内しましたが
(参照:「工期を短縮するために」
そのおかげで、屋根工事も順調に進んでいます。
週末に、屋根下地のアスファルトルーフィング葺まで進みました。
通常、屋根の下地には、雨水が建物内部に入らないようにアフファルトルーフィングを施工しますが、屋根の仕上げ材を止めるための釘が、アスファルトルーフィングを貫通し雨水浸入の恐れがあります。
そのため、折り曲げや釘穴シール性に優れた防水効果の高いゴムアスファルトルーフィングを採用しています。

また、屋根に立ち上がっているのは、チムニー(煙突)です。暖炉用ではなく、外観のアクセント用ですね。
これから内部の大工工事が入ります。
今週から6月末にかけて、躯体や断熱・気密工事などの構造を見学するのにいい時期になっています。
現場を見てみたいという方もいらっしゃるので、ご都合にあわせてご案内していきたいと思っています。^^

P6152813.jpgP6152807.jpgP6152811.jpgP6152809.jpgP6152806.jpgP6152805.jpg








エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/14(日) 23:56:30

コンパクトながらも

本日お申し込みをいただいた、宇都宮市U様邸では9月から建替工事をご計画しています。
市内中心部を流れる川沿いで、利便性の好い環境でお住まいですが、建物は築年数がかなり経過していることと、お子様の成長に合わせて部屋数を確保したい、などで、この機会に建替えることとなりました。

64toh.jpg市街地なので、敷地も大きくはなく、また駐車スペースと法令上の制限などから、延床面積25坪弱のコンパクトな住まいとなっていますが、間取りの工夫と「オレゴン」の外観デザインを上手く調和させて、小ささを感じさせない使い勝手の良いプラン提案をしました。
それらが評価いただけて、私たちにお申し込みいただけたと思います。

市街地の川沿いなので、いつも以上に周囲への配慮が重要で、現場監理の難しい立地ではありますが、しっかりとした準備と対応をしていきたいと思います。
こちらも、間取りの工夫と進捗状況などをまたご紹介していきますね。^^


エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/13(土) 23:47:20

グッとくる言葉

きょうは流山在住のS様宅にて、「往復300キロの打合せ」でした。
相変わらず、週末の高速は、ETC割引の行楽の車などで賑わってますね。
週末に、ETCの付いてない車で、仕事で乗る高速はすごく複雑な気分になります。^^;
しかし、きょうはS様から「お申込み」を頂けたので、そんな高速もまったく気になりませんでした。
まあそんなものですね。^^

DSC02050.jpgDSC02076.jpgS様は那須高原の別荘地を購入し、ご夫妻で来春に引越される予定です。
それまでに、洒落た輸入住宅を建てたいということで、私たちと打合せを重ねてきました。
先日も「新緑の那須高原」という記事でご紹介しましたが、木洩れ日や心地よい風に包まれた閑静な別荘地です。しかも、温泉も引き込めるという、うらやましい環境。^^

high.jpgmin1.jpgこちらの画像は打合せ中のパース図。
「プロバンスカフェ」をベースに落ち着いた雰囲気にアレンジしてみました。
奥様からは、今の住まいには、思い出のたくさん詰まったモノがたくさんあるので、それらを新居でも使っていきたいというご要望がありました。
実際に、そのひとつひとつの家具などに込められた思いを伺いながら寸法を取り、プランを作っています。
間取りをご紹介できないのは残念ですが、後日、仕上がる過程の中で、またご紹介したいと思います。

ご主人からは、「いろいろ苦労をかけてきたので、家内の好きなように仕上げてあげて欲しい。」
という、グッとくる言葉をいただきました。^^
「もちろん、予算内でね。」^^;

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/12(金) 22:53:15

家づくりへの思いに応える

先日まで解体・整地工事が行われていた宇都宮市OH様邸。
地盤調査を経て、きょうは地鎮祭が行われました。
いよいよ家づくりのスタートとなりますね。^^

OH様ご夫妻は佐野市在住ですが、お子さんの入学を控えてご主人の実家である宇都宮市に戻り、建替工事をすることとなりました。
そこにいたるまでには紆余曲折があったようですが、今回のご計画にあたっては数社に出向いて比較検討を重ねて、最終的には私たちにお任せいただけることとなりました。

最初にご来店いただいたのは今年の1月。
それから、実際に建てられた方の住み心地を聞く企画や、構造現場見学、完成見学、資金計画セミナーなど、遠距離にも関わらず、積極的に次々と参加されてました。
そこで、私たちの家づくりへの姿勢を確認し、また納得や共感をいただいて、OH様の家づくりのパートナーとして選んでいただけたと思います。

いつもそうですが、地鎮祭を迎えると、お客様の家づくりへの思いがひしひしと伝わり、気持ちが引き締まるとともに、いい家を造り上げるぞ!という誓いを新たにしています。
ある意味、人生をかけて私たちに託されるわけですからね。
「笑顔でお引渡し」が出来るよう、しっかり取り組んでいきます。

DSCN4714.jpgDSCN4716.jpgohhiga.jpg








エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/11(木) 22:43:23

レベルが違うプロの写真

先日ご紹介した宇都宮市O様邸の取材風景。
(参照:「取材風景」
15日に発行される予定の、子育て世代向けコミュニティ誌「クルール」ですが、その時の写真が手に入りました。
さすが、プロの撮る写真はレベルが違います。
地元限定のコミュニティ誌なので、目にする方は少ないと思いますので、その一例をご紹介しますね。
「オールドプロバンス」仕様ですが、アンティークな古民家というよりもナチュラルカントリーのイメージに近い仕上げです。

今回の写真は全部で数十枚になります。O様に取材の記念にお渡しする予定です。^^

BON_0109.jpgBON_0211.jpgBON_0067.jpgBON_0077.jpgBON_0125.jpgBON_0185.jpgBON_0190.jpgBON_0138.jpgBON_0149.jpgBON_0052.jpgBON_0045.jpg








エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。