感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2009/04/30(木) 23:55:04

吹抜けアラカルト

吹抜けとは、ご存知の通り、階をまたいで上下に連続した空間のことをいいますね。
通常は玄関やリビング、階段に設けることが多く、最初の打ち合わせ段階から吹き抜けを希望される方も多いです。
私もプランニングするときに吹き抜けを配置するのは好きな方です。
家族のコミュニケーションを考えて、開放的なプランを考えることが多いのですが、吹き抜けを設けると、上下の階の間でもコミュニケーションが取りやすくなります。
また吹き抜けの上にトップライトを設けると、吹き抜け越しに光が廻ってくるようになり、採光の採りにくい環境の場合でも採光しやすくなります。
空間が広く感じられる、開放的な空間がつくれる、上下階の通風に効果があるなどのメリットがあるわけですが、一方で、冷暖房の効率が良くない、吹抜け部分の掃除や照明の取り換えなどのメンテナンスしにくさ、音やにおいもすべて階上に上げてしまうこと等が欠点となるので、配置には注意が必要です。
そして、それらのメリット・デメリットを考えた上で、吹抜けを設けるかどうかの判断をした方が良いと思います。
下に、吹き抜けの事例をご紹介します。
ご参考までに。

an06.jpg071117ZN1T42662.jpg_MG_7625.jpgyoko (2)mi06.jpgwa (21)hukuinaikan (4)DSC07393.jpgDSC01574.jpgkan.jpg


エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
スポンサーサイト
 
いよいよ連休に入りましたね。
みなさんはゴールデンウィークと聞いて連想するものはなんでしょう?
一般的には、旅行やドライブ、ショッピング、家族サービスやデート等楽しいイメージが多いと思います。
私のゴールデンウィークのイメージは、「田植え」です。^^;
田舎の農家育ちなので、連休中は小さい頃からずっと田植えの手伝いをしてきました。
ですから下の写真のように、田んぼに水が入る風景を見ると、自然と「血が騒ぐ」のです。
大工はできませんが、田植えは上手ですよ。^^;
今でも、連休中に一日は休みを取って田植機に乗ります。
塩谷町S様邸の周辺ものどかな田園風景に囲まれていますね。
遠くに見えるのは東北新幹線です。

DSC01939.jpgDSC01942.jpgDSC01943.jpg






さて、そんなS様邸では、きょう基礎の型枠が撤去されほぼ完成しました。
写真のように型枠を組んで、コンクリートを打ち込んでから1週間の養生期間をとりました。
パノラマ部分もきれいに仕上がっています。立ち上がり巾150mmの頑強な一体型ベタ基礎です。
ジオクロス工法による地盤改良をし、地盤保証のついた安心仕様となっています。
工程はこちらを参照下さい。→「手際よく進めることよりも」
明日、玄関土間とポーチ土間を打ち込みます。
そして、連休明けより土台敷きが始まり、いよいよ木工事の開始です。
以前ご紹介したように、工期を守ることよりも施工手順をしっかり守ること。
家を支える基礎、あとからやり直しが出来ない部分に妥協は許されませんよね。
これはずっと変わらない基本的な考え方です。

DSCN4520.jpgDSCN4521.jpgDSCN4524.jpgDSC01930.jpgDSC01929.jpgDSC01931.jpgDSC01925.jpgDSC01926.jpgDSC01932.jpg

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/04/28(火) 23:04:52

オープンを間近にひかえて

先月末にお引渡した、宇都宮市T様邸。いよいよそのお店が5月1日にオープン予定です。
完成した当初の記事はこちらを参照下さい。
「どこから見ても絵になる佇まい」
「居心地のよい空間」
「大人な空間に包まれて」

どんなお店かというと…
周囲にも老舗の割烹や行列の出来るラーメン店などがあるため、洒落たカフェかレストランと思われる方が多いようです。^^;
以前にもご紹介しましたが、実はT様邸はちょっとこだわりのクリーニング店なのです。
自前の工房も持ち、自社責任施工で仕上げます。宅配もしたりと、その独特のサービスについての詳細はまたあらためてご案内しますね。^^

DSC01922.jpgDSC01631.jpgDSC01750.jpgDSC01649.jpgDSC01745.jpgDSC01743.jpg

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/04/27(月) 23:06:09

5年目の外観

DSC04873.jpgya10.jpgお客様の真岡市Y様邸に伺いました。Y様邸は「オールドプロバンス」仕様で建てた5年目のお住まい。
左の写真は新築当時のものです。
スタッコラーストのランダム塗り、プリムローズという色で仕上げています。

下の写真は現在のもの。Y様邸は四方を畑に囲まれた立地で、さらに周辺は畑作地帯ということで、春先は強風で埃まみれになる過酷な?環境です。
そういうことで、建てた当初は塗り壁の汚れをかなり心配されていました。
でも、5年目に入った住まいを改めて見てみると、汚れは当然ついていますが、コテ波が強調される感じのいわゆる「いい感じの汚れ具合」です。^^
ぬくもりが伝わってくるかのような塗り壁スタッコラーストの外観は、大理石の砂を使っていることもあって、どこか懐かしい、優しい表情を持っていますね。
これから、年月を経る毎にさらによい風合いになっていくのではないかと思います。^^
ただ埃がひどいので、洗濯物は外に干しておけないそうです。
そこはいかんともしがたいですかね。^^;

DSC01914.jpgDSC01915.jpg






DSC01920.jpgDSC01921.jpg

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
今週も好評の企画「予約内覧会~住み心地を聞いてみる」を、宇都宮市K様邸において開催しました。
毎度のことながら、K様には大変お世話になっています。

DSC01909.jpg本日は2組のご来場。
那須塩原市のS様と宇都宮市のT様です。残念ながら、お子様の体調がすぐれず来られなくなってしまったお客様もいましたが、いつもと同じように大変楽しい時間となりました。青空が良く似合うK様邸。新緑の季節を迎え、庭の緑も青さを増してきましたね。K様の庭は、コンクリートと枕木の設置以外はほぼご主人のDIY。見事ですね。^^

DSC01895.jpgDSC01894.jpgこちらはパインの床をご紹介。2年を経て、ツヤも出てきていい感じの風合いですね。来場されたみなさんが足触りの良さに驚かれています。季節を問わず、素足の感触は最高です、というK様ご夫妻。

DSC01901.jpgDSC01902.jpgリビングで談笑されるS様とT様。家づくりの経験談をいろいろと聞くことができて、参考になったのではないでしょうか。
一方で、中に入ることなく外で遊ぶお子様たち。
まわりが麦畑に囲まれているので、子供の遊び場としても最高の環境ですね。^^

DSC01905.jpgDSC01910.jpgふと見れば、カバードポーチにはかわいい鯉のぼりが。^^;
さらに中に入ると、キッチンの対面カウンターにはカッコいいカブトが鎮座。このカブトもよく見ると、カブト虫の角?!屏風には龍と虎が描かれています。その素晴らしい色使いといい、デザインの良さに思わず見入ってしまいました。

DSC01911.jpgDS1046.jpg 以前、お邪魔したときには、桃の節句のおひな様が飾られていましたね。
キッチンのワーキングカウンターでもありながら、このように大胆なディスプレイスペースとしても活用してしまう。そんなK様ご夫妻のセンスに脱帽です。^^

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
最近カバードポーチを希望される方が増えています。下の画像は、私どもとご契約いただいたお客様や打ち合わせ中のお客様の中の事例です。
アーリーアメリカンの外観のアクセントになるのはもちろんですが、自然との一体感を演出する開放的なカバードポーチ。
天気のいい日には、階段に腰掛けて日向ぼっこをしたり、カフェを楽しんだり、家族みんなでリラックスできるコミュニケーションスペースとして多彩に使える空間だったりします。
これからの施工~完成が楽しみですね。^^

4min.jpgnish.jpgmin3.jpg





下の写真はカバードポーチの施工事例です。
みなさん、カッコいい外観にこだわりを持つことはもちろん、そこで叶えたい「生活シーン」を思い描いて、カバードポーチを採用されていますね。
ご参考までに。

yoko (5)yoko (6)ken938.jpg






si39.jpgkod003.jpgyam632.jpg

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
先日、ご紹介した益子町Y様邸の取材記事が出来上がってきました。
(参照:「時間がゆっくり流れる家」

tyumon yもう少し校正が必要ですが、取材風景のブログでご案内したように、築2年を経てアンティークな雰囲気がさらに磨き上げられた感じが、よく伝わっていると思います。
こちらは5月下旬の発売となるので、一部、写真の入替とコメントを修整してからの掲載となります。
下の画像はこれまでに雑誌に掲載された記事の一例です。

お客様にとっても、住宅誌に載るということが「家づくりの良い記念になる」と思われる方は多いようです。
私たちも、自分のお客様と、思いを込めて手がけてきた家とが掲載されることは嬉しいですし、励みにもなります。
これからもたくさんの「お客様の笑顔」を載せられるように、より「いい家づくり」を手がけていきたいですね。^^

tyumon atyumon uhuusi k1housi k2

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/04/23(木) 23:55:34

新木場

きょうは日帰りで新木場に行ってきました。
新木場は、地名のとおり「木材の街」。
駅のホームを降りると、製材工場や貯木場から木の香りが漂ってきます。
昔ながらの材木商の事務所や工場は多いですが
一方で物流の拠点施設や、大企業のオフィスビルが建ち並んで、臨海部のビジネス街といった感じです。
HI380177.jpgHI380180.jpgそんなオフィス街にそびえたつ「JKホールディングス㈱本社ビル」。
 (JKホールディングス㈱HP) 
なぜか入口には向かい合う2頭の牛。^^;
理由はよくわかりませんが、シンボルマークのBULL(雄牛)を表しているのでしょう。
このビルの中にブルースホームの本部「ブルースジャパン㈱」があります。

HI380183.jpgHI380184.jpgきょうはブルースホームの企画会議に出席のため新木場まで出向いたのでした。
写真は15F会議室からの眺め。
高いとこ好きで、海なし県から来ているため、この眺望にはテンション上がります。^^;
各加盟店の代表が集まった企画会議では、今後の販売企画など様々な内容が盛り込まれており、活発な意見交換もされて、盛り上がりを見せていました。


エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/04/22(水) 23:07:38

手際よく進めることよりも

工程表に基いてしっかり工期を守ることは大切なことです。
しかし、工期を守ろうとするあまり、ムリをして急いで工事を進めようとしては本末転倒です。
状況によっては工期が延びても、むしろしっかり進めることが重要な場合もありますよね。

塩谷町S様邸の基礎工事の進捗状況です。
先日ご紹介したように(参照:「しっかり見てください」「最初に手にするあんしん」
配筋検査合格後、ベース土間コンの打設が行われています。
さらに5日間養生後、型枠のバラシが行われました。
ご覧のように、パノラマ部分もきれいに仕上がっています。
これから、布基礎の型枠が組まれ、さらにコンクリートが打ち込まれます。
連休前には基礎が仕上がる予定です。

S様邸は地盤改良をしたこともあり、予定より工期が遅れていますが
基礎工事は、手際よく進めることよりも、ひとつひとつの工程をしっかり確認しつつ進めることの方が重要となるのです。

2009.04.16 029004.jpg006.jpg007.jpgDSC01884.jpgDSC01880.jpg009.jpg010.jpg

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。

 
2009/04/21(火) 22:53:08

床の汚れの落としやすさは?

先日、打ち合わせ中のお客様から、「パインの床材は魅力ですが、キズはともかく、汚れが落としにくいのはどうも…」というお話がありました。

nikkei1.jpgこれは当然のご意見だと思います。バーチやメイプルのような広葉樹種にウレタン塗装がされているものはともかく、パインやヒノキ、スギのような針葉樹にステインなど浸透タイプの塗料をしたものは、みなさん汚れがつきやすいものだと思いますよね。

そんな中、先日ご紹介した「日経ホームビルダー」の5月号に『汚れに強い床材はどれだ?』という検証記事が特集されていました。前回は、床材のキズのつきやすさについて調べていましたが、今回は床の汚れの落としやすさを様々な状況で検証しているものです。結構、興味深い結果が出ていたので一部ご紹介します。

nikkei2.jpg今回は、樹種や表面塗装の異なる床材にクレヨン、しょうゆ、ケチャップ、ワイン、万年筆用インクをそれぞれ付着させ、1分以内、30分後、4日後、に汚れをふき取る、という検証です。(ここまでやるか?といった感じですが。^^;)

用意された床材は、スギ、ヒノキ、パイン、カバ等のムク板をそれぞれ無塗装と浸透系オイル塗装仕上げのもの、そしてチークのウレタン塗装とUV塗装、突板合板のUV塗装といった樹脂塗膜系塗装仕上げのものです。

nikkei3.jpgすべての汚れをつけ、一定時間放置してふき取り作業を終えた結果は、樹脂塗膜系はもちろん「浸透系オイルでも汚れをはじく」というものでした。
どちらも、30分後までのしょうゆとワイン、ケチャップの汚れはカラ拭きでサッとキレイになっていました。ただクレヨンとインクは多少残るようです。
無塗装の床材は30分以上放置するとほとんど取れなくなっていました。他にウレタン塗装の方が厚みがあるため、UV塗装より汚れが落としやすかったようです。

検証された人達の感想としては
「無塗装でも1分以内にすぐふけばある程度汚れは落とせるが、やはり何らかの塗装処理はした方が良い。」
「浸透系オイルでも汚れはかなり落ちた。汚れ対策でウレタン塗装に固執する必要はなさそう。」
といった声がありました。

これら2回にわたる検証結果から、ムクの床材は汚れやキズに弱いと考えられているが、対処方法をしっかりすれば必ずしもそうではない、ということがわかったようですね。もちろん、優先順位をどこに求めるかで、その選択が変わるのは言うまでもありません。
ご参考までに。

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。

[床の汚れの落としやすさは?]の続きを読む
 
2009/04/20(月) 23:23:40

里親探し2

きょうも自宅のネット状況が良くないので携帯からです。

おかげさまで里親様が見つかりそうです。^^
ブログを読まれた方からも問い合わせいただきました。
いろいろありがとうございます。
すでに情が移って寂しい気持ちでいっぱいですが…^^;

753~0008180009.jpg




にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/04/19(日) 21:55:00

里親探し

きょうはPCの調子がよくないので、携帯から更新してみました。
慣れないので見づらかったらすみません。
プライベートな話ですが、私の自宅では犬を2匹飼ってます。
田舎なので庭でサークルに入れて飼ってるんですが、いつも朝の4時頃になると「お散歩コール」が激しくなります。^^;
隣近所にご迷惑なので、いつも朝4時過ぎに散歩に連れて行ってます。
この話をすると、みんな「スゴい!」と驚かれるんですが、慣れると特にどうということもなく
ただの日課みたいな感じです。
で、散歩の途中によく見つけてしまうのが、いわゆる「捨てネコ」です。田んぼのあぜ道でよく鳴いているのです。
大体、生後間もない子猫なので、どうしてもほっとけなくて連れてきてしまいます。^^;
そうすると、うちの気性の荒い飼い猫が嫉妬?して攻撃するので
いつも里親探しをすることになります。(自分も拾われてきたのに。)

今朝も子猫を一匹拾ってきてしまいました…
近所の人に預けてみたのですが、やっぱり飼えないとのこと。
またこれから里親探しが始まりそうです。^^;
2054~0006854~0001


にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。

 
2009/04/18(土) 22:34:03

住み心地を聞いて見るⅣ

きょうは宇都宮市K様邸にて、予約内覧会をさせていただきました。
すでにこのブログで何回かご紹介しているとおり、何組ものお客様がK様の住まいを見て来られました。
下の写真のとおり、アーリーアメリカンの外観とこだわりのたくさん詰まったインテリアで大人気のお宅です。^^

0731.jpg0262.jpg0612.jpg





きょう内覧に見えたのは、宇都宮市W様、高根沢町O様、さくら市U様の3組のご家族。皆さん、それぞれ具体的に家づくりの計画を進めておられますが、K様宅のLDKをご覧になられて一段と夢がふくらんだ様子。K様ご夫妻からいろいろと説明を受けたり、実際の住み心地や使い勝手などを質問したりと、お互いに大変盛り上がっていました。

DSC01867.jpgDSC01865.jpgDSC01866.jpg





しかし、本当に盛り上がっていたのは、女性同士。
K様のキッチンやトイレ、洗面室、子供部屋や寝室など、それぞれの部屋へ行く毎に上がる「黄色い歓声」。^^;
こだわりの照明器具や楽しいディスプレイなど、共感できる話題がたくさんあるようです。

DSC01870.jpgDSC01869.jpgDSC01871.jpg






一方でお子様の面倒を見る係りのご主人。^^;これはよく見られる光景でしょうか?!
きょうもいつもと同じように、我々の出番はなく「お客様同士のコミュニケーションにお任せ」でした。
予定を超え、1時間30分にわたり内覧いただきましたが、あっという間、という感じで、大盛況の内覧会となりました。
いつも人気の高い企画で希望者も多いため、K様のご厚意により来週も引き続き行わせていただけることとなりました。
また宜しくお願いします。^^




エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/04/17(金) 22:31:00

時間がゆっくり流れる家

ya954.jpgya915.jpg益子町Y様邸にて、「栃木の注文住宅」(リクルート社)の取材がありました。先日ご案内したように、Y様の住まいは長い時間をかけてやっと建てることのできた、思いのたくさん詰まった家です。左の写真は建てて間もない頃の外観・内観です。

DSC01850.jpgDSC01841.jpg左の写真はきょうの写真。2年を経て、アンティークな雰囲気がさらに磨き上げられた感があります。外壁は塗り壁スタッコラーストに天然石とアイアンの花台をあしらっています。LDKのシックなソファやチェストも落ち着いた空間を演出してますね。

DSC01853.jpgDSC01860.jpgパインのフロアはリボスのローズウッド仕上げ。ワックスをかけたことがなくても自然とツヤが出て、「このキズや色合いが落ち着くんです。」という奥様。少しきしむ床の音すらも「この音もアンティークなんでメンテしなくていいんです。」といいます。

DSC01859.jpgDSC01857.jpg左の写真は取材風景のスナップです。家づくりへの思いを語らい、夢が実現するまでの経過を振り返りながらの楽しいひと時でした。快適な住み心地についてもいろいろ語っていただきました。詳しい内容や写真は後日アップしたいと思います。^^

DSC01845.jpgDSC01862.jpgきょうは、取材と合わせて2年目点検も行いました。経年変化による収縮で、ドアの調整や一部壁と天井の取り合い補修などをしましたが、特に問題もなく無事終了です。
Y様邸は、時間がゆっくり流れ、「ホッとする住まい」だなあとあらためて確認でき、うれしい気持ちになりました。^^


エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/04/16(木) 21:48:12

しっかり見てください

先日このブログで「ジオクロス」という地盤改良工事についてご案内しました。
(参照:「最初に手にするあんしん」
地盤改良後、基礎工事が進み、きょうJIO(日本住宅保証検査機構:保険法人)による配筋検査が行われました。そこまでの工程をご紹介します。

P4132656.jpg2009.04.16 016ジオクロス施工後、基礎底盤の部分に砕石地業を行いローラー、ランマーなどで十分転圧を行います。また、外周部には「捨てコン」を打ち、配筋のレベルを取れるようにします。

DSC01818.jpgDSC01821.jpg外周部の型枠を組んだ後に、防湿シートを基礎底盤全面に敷き込みます。これは地中からコンクリートを通し、床下へ湿気が上がるのを防ぐためです。


P4162670.jpg2009.04.16 029基礎計画、仕様にもとづいて配筋を行います。基礎配筋はどの住まいでも同じではなく、間取りや構造、地盤の状況に合わせ設計します。


2009.04.16 0252009.04.16 027計画通りの施工が行われているかチェックし、写真のようにデータを残します。




DSC01832.jpgDSC01840.jpgきょうは、JIOの検査官による配筋検査が行われました。事前に提出している仕様書にもとづき施工されているかを細かく調べます。このあとの工程でコンクリートが打設されると、完全に見えなくなってしまう部分なので、ここでのチェックは大変重要なプロセスとなりますね。
現在は、「住宅瑕疵担保責任保険」といって、住宅を施工する会社はすべてこの保険に加入するか、保証金を供託するかしないといけません。そういう意味で、これからの住宅はほぼ100%「保険付保住宅」となります。ここでもひとつ「あんしん」を手にすることができますね。^^

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/04/15(水) 23:55:07

壁を乗り越えて

益子町Y様邸の事例をご紹介します。
Y様ご夫妻は、神奈川から宇都宮へ転勤になったことを機に、ご主人の実家の隣の土地に家を建てることになりました。
ところが、隣の土地は「市街化調整区域で農地」ということと「農振適用除外」という手続きも必要だったために、「境界確認」「地籍更生」から始まり様々な手続きをし、1年以上かけて、やっと「家を建てられる状態」になりました。最後に残った問題は地元の水利組合から、「浄化槽の放流同意書」を頂くという手続きでしたが、これも数ヶ月かかりOK。家を建て始めるまでに2年近くかかりました。
こういう事例は、私たちの地域では決して特殊な例ではありません。現在、打合せ中のお客様でも似たようなケースはいくつかあります。
実際に、このような事例に数多く関わってきた経験からいうと、いろいろ回り道や余計な費用をかけてしまってから相談にみえる方が多くみられるようです。

こういった手続きは、かなり専門的な知識と経験が必要で、官公庁や銀行を始め、土地家屋調査士、司法書士、農業委員会など必要な窓口もたくさんあります。できれば、計画の最初の段階で私たちのような建築会社や工務店にご相談いただくのが一番早いし、楽ではないかと思います。
「こういう家を建てたい」という共通する目的をもって、最後まで進められる専門家は私たちだけだからです。

そんな大変な壁を乗り越えて、Y様と取り組んできた家づくりも、すでにお引渡しから2年が経ち、明日2年目点検に伺います。さらに「栃木の注文住宅」(リクルート社)から取材を受けることになりました。その様子もあらてめてご紹介しますね。^^
下の画像は、「オールドプロバンス」仕様のY様邸の写真です。

ya954.jpgDSC06779.jpgDSC06747.jpg

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
北道路に接する敷地の、プラン打合せを何件かいただいています。^^
一般的に、土地を探している方の多くは、東南の角地や南面道路などを希望されますよね。
当然、人気が高いため、価格も高く設定されています。
一方で、北側の道路についてはあまりいい印象がないようです。
日当たりが良くない、玄関が北になるのは嫌、などが主な理由だと思います。
その分、価格も低く設定されています。
実は、この北道路、結構「お買い得」なのです。
プランニングしてみるとわかりますが、北側に玄関を取ると、LDKや居室を
全て南側に配置しやすくなります。
そして廊下などのスペースを小さくできるのでパントリーやSCLなどの収納を
広くとれる、といったメリットがあります。
また、日当たりが良くないなどの問題は、LDKに吹抜けをとったり
あるいは2FにLDKを配置するプランにすると、日当たりの良い空間となりますね。
価格が安くて、ゾーニングもうまくいくのであれば
イメージにとらわれることなく、選択肢に加えるのも良いのではないでしょうか。^^
下の写真は着工中のS様邸など北道路の事例です。
ご参考までに。

ka51.jpgP7161486.jpgka06.jpgDSC00050.jpgho017.jpgsugi824.jpg

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
数ヶ月前の話になりますが、以前にリフォーム工事をしたお客様から、「空き巣に入られてしまったので、見てもらいたい。」という電話をいただいたことがあります。
伺ってみると、洗面室の窓のクレセント部分が割られ、そこを開けて侵入した形跡がありました。幸い現金や貴金属類がなかったので、金銭的な被害はなかったのですが、わが家の安心が一瞬のうちに崩れ去るショックは想像を超えるものがあります。
このお宅が狙われた原因として、住宅が隣接して立ち並び死角が多かったこと、洗面室の近くの石油ボイラーのタンクがちょうど足場がわりになったこと、夜間留守の時は電気を消していたことなどがわかりました。
サッシなどの修理費は火災保険で対応できるのですぐ修理しましたが、問題は窃盗犯が近づきにくくすることを考えなくては、同じことが繰り返される心配がある、ということでした。
そこで、周りに防犯用のセンサー付照明を4箇所つけ、家の周囲には「音のする砂利」を敷いて対処し、また、お金をかけずにできることとして、家の周りの整理整頓、物を置かない、留守時や就寝時にも道路側から見える部屋は灯りをつけておく、などの対策とご提案をしました。
そういう体験から、プラン打合せをするときには、防犯にすぐれたサッシや玄関ドアを採用することとあわせ、エクステリアプランも、防犯対策を取り入れた検討をすることが重要になると考えています。
一番いいのは窃盗犯が近寄りにくい家にすることですからね。
犯罪被害に遭わないふだんの心がけに加え、「防犯に配慮した住まい」の姿を知っておくことは大切です。
(下の画像は、はずしにくいアイアン面格子、防犯用のセンサー付照明、建物外周の砂利、の例です。)

aian810.jpgDSC00322.jpgDSC00315.jpg


エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
着工中の塩谷町S様邸のプランは、パノラマにこだわられたS様のご要望を反映しました。

3504.jpgsugi2.jpg平屋部分はダイニングのパノラマです。リビングもコーナーをパノラマビューとしています。
採光や通風の確保などの機能的な部分もそうですが、やはり一番の魅力は個性的なデザインですよね。他で見かけることがない独特な外観やインテリアに魅力を感じる方は多いと思います。S様の外観やインテリアがどのように仕上がっていくか、またこのブログで随時ご紹介していきますね。

今、打合せ中の方にも、パノラマデザインを希望される方が多くいらっしゃいます。これからも多彩なパターンの施工事例が増えていくと思います。
下の写真は、パノラマデザインの施工事例の外観とインテリアの一部です。
ご参考までに。

huk.jpgDSC01686.jpgya954.jpghos627.jpgaian312.jpghk.jpgDSC01641.jpgDSC06747.jpghos525.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/04/11(土) 22:39:38

最初に手にする「あんしん」

塩谷町S様邸では、地盤改良工事が行われています。
前回ご紹介した、ジオクロス工法によるものです。(参照:「はじめる前のたいせつな工程」
なじみの薄い工法なので、少し解説してみますね。

case7_ph001.gifgeo03.gifgeo_method2.gif



この工法の原理は、
シートを根切り底面に敷設し周辺を固定、建物重量によりシートに引張り力を生じさせ、住宅の荷重分散効果を得る、ということで
1.根切り底に砕石を敷き込み振動ローラーで転圧する。
2.シートの敷設(ハンモック効果で建物荷重を分散)
という施工方法となります。詳しくは上の画像をご参照ください。

P2192413.jpg2009.04.09 003実際のS様邸の施工写真です。まずは整地をし、設定深さまで掘削・根切りを行います。



2009.04.09 0082009.04.09 021次に、砕石を敷き込み、ランマー転圧、ローラー転圧をしていきます。



2009.04.11 0022009.04.11 004そして、ジオクロスの敷き込み開始、まずは短辺方向から。端部を専用金具で固定します。ここは次の工程で、押さえコンクリートが打設されます。

2009.04.11 0032009.04.11 005しっかりと固定されていることを確認した上で、今度は長辺方向にジオクロスを敷き込んでいきます。


2009.04.11 0062009.04.11 008同じように、端部の固定を確認し、敷き込み完了です。この後、端部をコンクリートで押さえて改良工事は完成、となります。

ここまで終わると次からは、通常のベタ基礎施工になります。この状態が根切り底盤と同じ扱いなので、ここに砕石敷き込みをし、基礎工事が始まります。
改良工事は基礎工事が始まると見えなくなってしまうし、地味な工事ですが、家の礎となる非常に大切な工事ですよね。
表層改良や柱状改良など様々な工法がありますが、どれを選択するにせよ、適切に施工することで建物と同時に地盤保証も付きます。
まずは「最初の安心」を手にすることができると言えますね。



エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。