感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2010/09/10(金) 20:45:40

ガレージ作りは終わらない。

DSC04643.jpgDSC04642.jpg昨年11月にお引き渡ししました宇都宮市U様邸。
カバードポーチとフレアード屋根が個性的なアーリーアメリカンの住まいです。

U様邸の施工中の記事はこちら→ 「宇都宮市U様邸」

そんなU様が、家づくりと同様こだわりつづけていたのが、ガレージのある家。
エクステリアフェンスやデッキのステップなどを自分で作ってきたU様にとって、ガレージも自作で作りたいという計画もあったくらいですが、さすがに日常のあわただしい日々では、セルフビルドは難しい。
ということで、ここは我々に任せていただくことになりました。
ガレージ内でクルマをいじったり、エンジンも積んだり本格的な作業もするということなので、基礎工事も本格仕様。
ベタ基礎の土間コンクリートを打設し、パネルもツーバイフォー。
既存の住まいのテイストを生かし、コストも押さえながら進めたガレージ工事が、先月無事完成しました。

下の写真の中で、屋根工事はU様が自分で貼りあげたもの。
猛暑の中で大変だったと思いますが、プロと同じくらいの素晴らしい仕上がりとなっています。
また、棟に付けられた少しリアル?な風見鶏も、ご自分で購入し取り付けています。^^;
ひとまず工事は完成ですが、現在は自身でアレンジしながら内部の造作も進めているようで、さらに「ガレージ工房」としてバージョンアップしているようです。
機会があればその様子もご紹介していきますね。^^

DSC06169.jpgDSC06241.jpgDSC06452.jpgDSC06464.jpgDSC01037.jpgDSC01038.jpg
スポンサーサイト
 
先月お引き渡しした宇都宮市KA様邸では、新築工事並みの大規模リフォームを行っております。
単なるリフォーム工事ではなく、屋根・外壁・サッシ・間仕切等を撤去・新設し、断熱・気密工事、耐震改修も行った本格的な性能アップの改修工事です。
ブルースホームのシャコンヌシルキーシリーズをイメージした仕上げは、新築以上の仕上がりになったと思います。

ほぼ4カ月にわたる大規模リフォームで、KA様も大変だったと思いますが、その仕上がりには「100%大満足!」という言葉をいただけました。
リフォームでもここまでできるという意味で、そのビフォアとアフターの一部をご紹介します。

ビフォアー↓ 

PAP_0158.jpgDSC09145.jpgDSC05115.jpgPAP_0170.jpgDSC05114.jpg






アフター↓

ご覧のように、まったく違った住まいとなりました。
かなりボリュームのある仕様となっており、すべてはご紹介しきれませんので、詳細はお問い合わせください。

pkika (2)pkika (4)pkika (20)pkika (19)10DSC06603.jpgpkika (17)pkika (8)pkika (13)pkika (10)pkika (12)pkika (11)pkika (9)pkika (6)pkika (7)pkika (16)pkika (15)


 
2010/06/01(火) 00:14:30

雑誌掲載写真

gaikan2 _4naikan1 _2naikan4 _5先日発売の「栃木の注文住宅」に掲載された宇都宮市T様邸の画像の一部です。
取材の様子はこちら→「雑誌の取材」 

こちらの雑誌が発行されて次の日にはご来店や資料請求をいただいており、反応の早さにちょっと驚いています。^^;
今回は付録がついているため購入しないと見られないようですが、T様邸は、ご予約で内覧もさせて頂けるので、ご興味ある方はお気軽にお問合せ下さい。

gaikan2 _2naikan3 _1naikan2 _1







 
DSC05564.jpgDSC05565.jpg県内のハウスメーカーや工務店選びに役立つ「すまいポート21」という、住まいづくりのサポートセンターが宇都宮市内にあります。
こちらでは、土地探しから資金計画応援などもしているようですが、メインの企画に「設計コンペ」というものがあります。
これは、自分の要望に合いそうな会社を数社選んで、その会社から条件に沿ったプラン提案をしてもらい、その説明を受ける。
そして、数社の中から「一番いい」と思った1社とその後打ち合わせを進めていく、という流れのようです。

先日、住まいポートを運営する担当者から、その「設計コンペ」を仮想体験してみましょう、という企画「設計コンペ体験会」があるので、10数組のお客様の前で、仮想プランのプレゼンテーションをして欲しい、という要望を受けました。
面白そうな企画なので2つ返事でOKして、今回3社の中の1社としてプラン提案とプレゼンをしてきました。

頂いた課題、テーマは「収納アイディア満載ハウス」~家族のライフスタイルに合わせた収納~という、私にはもってこいのテーマ。^^
家族構成や建築予算、敷地条件など様々な要望も設定されていますが、特に問題もなくいいプランが作れるかな、と余裕の構えでした。

ところが、連日「本物のお客様?」との打合せに忙殺されていて「仮想のお客様」が後回しになってしまいました。^^;
結局締め切りギリギリで提出したプランと資料だったので、ちょっと画像が足らず説明に苦慮することに。
聞いてくれた方々には、準備不足で申し訳なかったなあと反省しています。

しかし、きょう担当者から聞いた、参加者のみなさんのアンケート結果では、かなり好評を頂けていたとの事。
外観パースのデザインや、建物の配置計画の段階から家事動線を考えたプランなどが良かったようで、ちょっとホッとしました。^^
聞いてくれた人たちの家づくりに、少しでも参考になったのなら言うことないですね。

次の機会があれば、もっとしっかり準備をして臨みたいと思います。^^;
下の画像はその外観パースと配置図です。

すまいポート21_ページ_1すまいポート21_ページ_5






 
2010/02/28(日) 20:50:04

囲炉裏のある住まい

nan.jpgmina.jpgきょうご契約いただいた宇都宮市OY様邸の外観パースをご紹介します。
ご覧のように、プロバンスカフェのシンプルな外観にパノラマのついたお洒落な佇まいとなっています。
OY様ご夫妻との出会いは、1年前の完成見学会。
終了間際におふたりで駆け込んでこられたのを覚えています。
そこで、ご覧頂いた家を大変気に入っていただき、土地探しのお手伝いからお付き合いが始まりました。

お二人は輸入住宅でもナチュラルでシンプルなテイストがお好みでした。
ただ、北海道出身のご主人がどうしてもこだわっていたのが「囲炉裏のある住まい」。^^;

なかなか、輸入住宅で「囲炉裏」は難しいテーマでしたが、リビングの一角に囲炉裏コーナーを設けて欲しいとの要望に応えるべく、パノラマを囲炉裏コーナーだけでなくセカンドリビング、客間としても活用できるようにご提案しました。

それがOY様のイメージに合うぴったりプランとなり、一気に打合せが進展しました。^^
これからフラットの本審査手続きや土地の引渡しを経て5月着工の予定です。
どんな仕上がりになっていくか、私自身も大変たのしみなプランです。


 
2009/11/17(火) 20:30:12

ストーブとコンサバのある家

いよいよ今年もあと1ヶ月半となりましたが、これから年内着工を迎えるお客様が3組いらっしゃいます。
みなさん、来年の春に入居される方達ですが、それぞれ個性的な仕上がりになりそうです。

sut.jpgsut2.jpgこちらのパースは那須塩原市に建築する東京在住のM様邸。
6月に別荘地として購入しましたが、こちらに移住してお住まいになる予定です。
ご覧のように赤い瓦とスタッコ塗り壁のプロバンスの住まいに、本格的な薪ストーブを取り入れています。
調理もできるピキャン社製のオーブン付です。
シンプルな外観ですが、シンメトリーやアーチをたくさん取り入れて、おしゃれな仕上がりになりそうです。
オーナーシェフとして店を経営されているご主人と、デザイナーをされている奥様のセンスが詰まった住まいです。12月上旬に着工となります。

konsa.jpghukini.jpgこちらは、宇都宮市F様邸の外観パースです。
10寸勾配の大屋根にインナーバルコニー、飾り鎧戸、レンガや天然石貼りなど個性的な外観の住まい。
そして、何よりもコンサバトリーと薪ストーブを取り入れた、自然を楽しむ家となっているのが大きな特徴ですね。
F様も東京にお住まいでしたが、こちらに移転される予定です。
旅行が趣味で、海外をたくさん旅して来られたご夫妻の、こだわりがたくさん見られるF様邸は12月中旬に着工予定です。

ujnan.jpgそしてこちらが宇都宮市UK様邸です。
UK様は市内中心部を流れる川沿いにお住まいですが、築40年以上経過したことと5人の家族で手狭になったため、建替られることとなりました。
実は延床面積26坪のコンパクトな住まいですが、ムダのない間取りを工夫し、5LDKの部屋数を確保しています。
UK様邸は現在、解体と整地工事に入っています。地盤調査を経て、問題なければ12月上旬着工となります。

みなさん、環境や間取りは違っても家づくりへの強い想いは共通しています。
その夢をかなえるお手伝いとお付き合いができる喜びを感じながら、着工の準備にかかっているところです。^^

 
2009/10/17(土) 20:23:20

取材写真からご紹介

MX-2300FG_20091015_203501.jpgct0911_.jpgct0911_1.jpg
小山市U様邸が掲載された、子育てママの応援誌「クルール」が発行されました。
先日ご紹介したように、毎日の住み心地や家づくりの体験談をいろいろと語っていただいており、これから家づくりを検討されている方には役立つ内容になっていると思います。
住まいと家族への愛情が伝わるいい記事です。^^

そんなU様の取材写真が一部いただけたので、こちらで紹介しましょう。
当たり前ですが、やっぱりプロの撮る写真は素晴らしいですね。^^;
吹抜けから注ぐ陽射しと塗り壁エコウォールの白い仕上がりで、明るいLDKを中心に、小物やインテリアに様々なアイディアを生かしたステキな住まいです。
エコウォールの色も各部屋ごとに塗り分けたりしていますね。
ご参考になれば。

DSC_0010.jpgDSC_0052.jpgDSC_0042.jpgDSC_0065.jpgDSC_0089.jpgDSC_0098.jpgDSC_0078.jpg





DSC_0031.jpgDSC_0068.jpgDSC_0036.jpgDSC_0019.jpgDSC_0027.jpgDSC_0004.jpg
 
2009/08/28(金) 22:52:40

3年目のエクステリア

お引渡しして間もなく3年になる、鹿沼市H様邸のエクステリアをご紹介します。
ご覧の写真は、H様がすべてDIYで仕上げたものです。

芝や石はもちろん、枕木の門柱やブロックを積み上げてスタッコ塗りをしたり、レンガをあしらったり、枕木を敷き並べたり、木製フェンスを取り付けたり、植栽をしたり。…etc
極めつけはバラの絡まるアイアンのガーデンアーチ。
これはなんと、自分で加工して、組立・取付けをしたそうです。
植栽の配置の仕方といい、まさにプロ顔負けのセンスとこだわりに満ちたエクステリアに仕上がってますね。^^

輸入住宅を建てられる方や、私たちのお客様の多くは、ガーデンエクステリアにもこだわりを持たれています。
このようなH様邸のエクステリアは、これからDIYでやろうとしている方の参考になるのではないでしょうか。

DSC03066.jpgDSC03080.jpgDSC03078.jpgDSC03077.jpgDSC03088.jpgDSC03082.jpgDSC03086.jpgDSC03079.jpgDSC03075.jpg








エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/08/11(火) 23:53:20

選ばれる理由~エコウォール

現在着工中の方を始め、私たちのお客様の中で一番人気の高い仕上げ材が「ブルースエコウォール」という塗り壁仕上げ材です。
「エコウォール」は、有害物質の吸着・分解に優れた能力を発揮する内壁材。
貝殻などの天然素材を融合した「人工多孔質セラミックス」の配合で、従来の土壁材の能力を超えた性能を持つ壁材です。
エコウォール仕上げとすることで、マイナスイオンの生成、遠赤外線効果で臭いを吸着、消臭・殺菌・防カビ効果、吸放湿能力がジメジメをなくす、などの効果があると言われています。
見た目にも左官職人の手仕事による仕上げなので、コテムラが独特の風合いを出してくれることも人気のひとつ。

ただ一方では、木材の収縮により入り隅にクラックが入りやすい、キズがつきやすいなどの、自然素材特有の短所もあります。
しかし、それを補って余りある「住み心地の良さ」が人気を呼んでいるようです。
特に、予約内覧会で建てられた方のお宅を訪問し、お客様の生の声を聞く企画に参加されると、体験談としてその住み心地を伺えるので、本当の効果や良さが伝わって、みなさん自分の住まいの中に取り入れています。
全室採用できなくても、LDKやホールなど人の集まるスペースに使われる方も多いですね。

下にエコウォールの施工事例を載せてみました。
ご参考までに。

_MG_7658.jpg_MG_7602.jpg024.jpg





DSC02191.jpgmi05.jpgDSC01396.jpgP7161478.jpgP3112594.jpgDSC01320.jpg023.jpg025.jpg071117ZN1T4138.jpg071117ZN1T4141.jpg







エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/08/07(金) 23:17:46

2年越しで完成したLDK

0731.jpgこのブログではおなじみの宇都宮市K様邸。
映画から抜け出たようなアーリーアメリカンの外観と、個性溢れるお洒落なキッチンやナチュラルインテリアが評判を呼び、内覧希望の人気NO1の住まいです。^^
きょうは、以前からの「懸案事項」だった”色の問題”を解決する日です。^^

067.jpgDSC02834.jpg左の写真は2年前のお引渡し当時のキッチン。(before)
雑誌にも掲載されたおしゃれなキッチンです。
右がきょうプチリフォームした完成後の写真。(after)
かわいい小物も増えて相変わらず見事なディスプレイ。
さて違いはどこでしょう?
これは簡単ですかね。^^;

DSC02828.jpgこちらの食洗機に白いパネルをはめ込みました。
当時の造作キッチンに取り入れた食洗機はお客様支給のパナソニック製。
パネルはシステムキッチンと同じ面材を選べたのですが、キッチン全体と質感が合わないことから、シルバーのパネルをそのまま使用。
しかし、どうしてもそこだけ「浮いてる」感があって気になっていたようで、今回新たにパネルを取り付けました。
と、いっても使った材料はシナ合板です。
キッチンとの質感と色のバランスを合わせるために、ケリーモアペイントを4回塗りし、仕上げてみました。
マットな感じで全体の雰囲気がまとまり、いい仕上がりですね。^^

0262.jpg026212.jpgもうひとつはこちら、階段の蹴込みの仕上げ方。
ご予算の都合だったかで、上がり口の3段目まで塗り壁で、あとは普通の階段材で仕上げていました。
ここもずっと気になられていたようで、今回は同じくケリーモアペイントで3回塗り。

DSC02832.jpgDSC02831.jpgご覧のように、一気に明るい階段になりました。色使いひとつで雰囲気がかなり変わるものです。
まだ乾いていないので「てかり」がありますが、仕上がりには満足いただけたようです。
この塗料は、海外では学校や病院などの公共施設に使われている安全性の高い塗料です。
塗装中のLDKは、エアコンを入れて閉めきった空間でしたが、全くにおうことなく仕上げることができ、お二人とも驚かれていました。

新築して、最初からすべて大満足というわけには中々いかないものです。
エクステリアやインテリアにしても、住みながら少しずつ造り上げていくことは、家づくりの楽しみのひとつですね。
2年越しで完成したLDKのご紹介でした。^^

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
相変わらず、お客様から「アイアンを使ってほしい」とのご要望をたくさん頂きます。
輸入住宅で個性を演出するのに、欠かせないアイテムのひとつになっていますね。

以前にもご紹介したことがありますが、下の写真は、私たちの事例から、人気の高いロートアイアンを生かした画像です。
窓廻りを彩る花台や、おしゃれに防犯の役割を果たす面格子、バルコニーのアクセントに最適な飾り格子など。
他にエクステリアの塀や門柱に使う例もよく見られますね。

また造作のドアにアイアンをあしらってみたり、内部では、オープン階段の手すりやスリットの中にはめ込むとか、タオルバーやリング、ハンギングなど、実に様々な使い方がありますよね。

ちょっとした小物でも、雰囲気を変えてくれるアイテムですし、むしろあまりお金もかからずにおしゃれな雰囲気を演出してくれる優れものでもあります。
最近は、お客様から支給していただくことも多く、センスの見せどころ、といったパーツにもなってます。


DSC06779.jpgP7181499.jpgDSC00700.jpgP7181496.jpgDSC02107.jpgBON_0149.jpg






aian315.jpgDSC01852.jpgya10.jpgki91343.jpgaian854.jpgaian810.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/08/02(日) 22:36:40

石やレンガを貼ってみる

sak.jpgmat4.jpg現在、施工中の那須塩原市S様邸、小山市M様邸はともに外壁全面にレンガタイルを貼る予定です。
どちらも今月下旬には施工に入ると思いますが、それぞれ風合いの違ったレンガタイルをセレクトされているので、仕上がりが楽しみです。^^

外壁やエクステリアに天然石やタイルを貼ると、外観のアクセントとなることと合わせて、表情豊かで個性的なファサードとなりますね。
素材の質感や色と、その深い彫りや陰影が独特の風合いを生んでくれます。
同じものを使っても、貼る場所や面積、形状など、少し貼り方を変えるだけで全く違った仕上がりになったりします。
もちろん、好みにもよりますが、スタッコ仕上げの外壁にはよく合う組み合わせですね。
現在打合せ中のお客様でも、玄関廻りを中心に石貼りを希望される方が何組かいらっしゃいます。
アプローチやテラス、塀の一部など、個性を演出するパーツとして活用してみてはいかがでしょう。^^
下に施工事例から、石やタイルを貼った事例をご紹介します。

DSC01850.jpgDSC05618.jpgDSCN0004.jpgho155.jpgDSCN238.jpgDSC01738.jpgDSC01099.jpgDSC03977.jpgoldp.jpg







エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/07/29(水) 23:50:04

北側に玄関

たまたまかもしれませんが、最近北側道路のプラン打合せが続いています。
一般的に、北側に接道する土地は敬遠されがちです。
北に位置する玄関はあまり良いイメージがないためだと思われます。

しかし、実際にプランニングしてみると、北玄関のおかげで、LDKや居室が南側に配置しやすかったり、車スペースからのアプローチがとりやすい、廊下などを少なくできてスペースを有効に使える…etc
いろいろとメリットが出てきます。
それに何と言っても、土地が安い。^^

一般的にデメリットとされている点も見方や考え方を変えると、メリットになるということかもしれません。


kitan.jpgusei.jpgkit6.jpg





エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/07/10(金) 23:30:28

外観にこだわりを

kuru3.jpg先日、子育てママ向けのコミュニティ誌「クルール」の記事のご紹介をしましたが、その中の「思い出アルバム」という記事から、お問合せをたくさん頂いています。^^
(クルールの記事についてはこちらをご参照下さい。→「笑顔いっぱい」
クルールの担当者から、アンケートハガキに寄せられたコメントを頂いたのですが、「こういう家が欲しい!」とか「ぜひ見に行きたい!」とか、なかなか好評を頂いてます。
実際にお電話で「場所を教えてもらえませんか?」という問合せもあったようです。^^;

いずれにしても、家づくりを考えている人にとっては、好みの外観にこだわることが当たり前だし、大切なポイントなんだということを改めて感じます。
人それぞれ好みが違うように、家の顔が千差万別、個性あふれるモノになることは当然です。
だからこそ、いろいろな事例を見て、自分の好みを確認し、自分だけの家を造り上げていく。
その過程で、私たちが関わり、協力し、一緒になってデザインすることで相乗効果を生みます。

このブログでも紹介している、建築中の塩谷町S様、小山市M様、那須塩原市S様、宇都宮市OH様、来週から着工の那須塩原市O様、宇都宮市U様、みなさんひとつとして同じ「顔」はありませんし、それぞれが大変個性あふれる外観となっています。
完成した時には、みなさんがこだわられた外観を、それぞれご紹介できると思います。^^

下の画像は、そんな私たちのお客様が、こだわりぬいた外観をまとめたもので「思い出アルバム」に掲載された写真です。
ご参考までに。

074.jpg071117DSC553.jpgMG1216.jpg





DSC01970.jpgT2Y0504.jpgMG7531.jpgyoko (7)si39.jpgka51.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。 
 
2009/06/06(土) 22:18:52

アンティーク溢れる

那須町F様邸の1年目点検に伺ってきました。
相変わらず緑が似合う瀟洒な佇まいですね。
(F様のご紹介はこちらをご参照ください。:「こだわりを形に」「こだわりを形に 2」「こだわりを形に 3」

1年目の住まいは、ムクの造作材に一部隙間が出ていましたが、特に大きな問題はありませんでした。
東京在住のF様は、別荘地に半永住の住まいとして、この別荘を建てられましたが、今のところお仕事が忙しく隔週の週末にしか住まわれていません。
それでも、インテリアのこだわりは素晴らしく、下の写真のようにいたるところにアンティークが溢れています。
伺うたびに雑貨や小物が増えたり変わったりしていて、いつも驚かされます。
特に、数十年前に実際に使っていたという「柱時計」には感動です。^^

いろいろ見ているだけでも勉強になって、有意義で楽しいひとときでした。

DSC02181.jpgDSC02185.jpgDSC02186.jpgDSC02190.jpgDSC02191.jpgDSC02199.jpgDSC02200.jpgDSC02198.jpgDSC02187.jpg


エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/02(火) 23:25:47

ライフスタイルに合う家

私たちの家づくりに共感して建てられる方は、20代後半から30代の方の割合が高くなっています。
当然というか、初めて家づくりに取り組まれる方がほとんどです。

この世代のお客様と打合せをしながらよく思うことは
「ただ家を建てるのではなく、自分のライフスタイルに合う家を建てる方が多い」
ということです。

私たちの頃のように、「家を建てる=ステイタス」ではなくなっているんですね。

「ちょうど就職氷河期を経験して、将来に対して冷静なものの見方を持っている。
良い状況が長く続くことを想定せず、何が起こってもいいように準備をしている世代だ」
と、ある情報誌に書いてありました。

例えば、
しっかり貯金をするとか

不必要に大きな家はいらないとか

無理のある投資はしたくないとか

というようなしっかりとした考え方を持たれているようです。
(私たちの世代も見習わないといけません。^^)

だから、「自分たちが建てたい家はこういう家で、そこでこういう生活がしたい」
「他はともかくここだけはこだわりたい」という、要望や主張が具体的で
はっきりしている方が多いですよね。

最近、自分が作るプランやデザインがバラエティに富んできてるので
「なかなかいい感じ。」
と自画自賛してることもあるのですが
これはどうやら、自分のセンスが良くなったというよりも
打合せに見えるお客様のセンスが良くなっているからなんですね。^^;

画一的なプランや外観、インテリアなどには全く興味を持たれないこともあり
また、デザインや要望が具体的で、はっきりしているからこそ
結果的に「良い提案」につながってるような気がします。

これも、お客様に学ばせて頂いている、ということなのでしょうね。^^

一方で、最近、50~60代前後のお客様も増えているのですが、
この世代の方達からも、「深イイ話」をたくさん頂いてます。
長くなるので、この話はまた別の機会に。

こだわりの外観事例↓

T2Y0504.jpgMG1216.jpgDSC01970.jpgMG7531.jpg074.jpg071117DSC553.jpg







エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/05/22(金) 22:41:48

目白押しで…

大変ありがたいことに、このところの週末はお客様との打合せが目白押しです。
日曜日の夜には、那須の別荘地に建築予定のお客様との打合せで
東京近郊まで行ってまいります。(往復200kmオーバー。^^;)

というわけで、
このあとも、打合せの準備やまとめに時間を集中したいため
着工・ご契約間近のパース例をご紹介しつつ、きょうのブログはこのへんで失礼いたします。m(__)m

hig.jpgnis17.jpgntoh.jpgsaEX.jpgnish.jpghigashi.jpg





エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/05/06(水) 23:29:18

長持ちするいい家とは?

すでにニュースなどでご存知の方も多いと思いますが、6月4日からスタートする新しい法律があります。
いわゆる「長期優良住宅法」と言われるものです。
詳しい内容は別の機会にするとして、一言で言うと、「長持ちするいい家」を普及させようとする法律です。
そのための大きなポイントとしては
①一定の性能基準のクリア
②住宅履歴の作成と保存
③30年間以上の維持保全計画
というもので、いいものを長く大切に使う「ストック型社会」を目指し、エコの実現や暮らしの豊かさを実現させようとするものです。
また、長期優良住宅の認定を受けた住宅には「減税措置」などの金融メリットが与えられることになっています。
こう書くと、かなり「いいこと」のように思えますが、まだまだいろいろな課題を抱えたままのスタートとなります。(コスト増や減税メリットは年収の高い人が有利など。)
ただ目指している方向は間違いなく良いものなので、ハード、ソフト両面とも十分対応できる体制にしていきたいと考えています。
でも、もうひとつ私たちが心がけなければならない大切なこと。
それは、メンテナンスのしやすさとともに、飽きのこない普遍的な外観デザインの提案です。
外観デザインが流行に左右されるものであっては、愛着を持たれることなく早々に取り壊されてしまいます。
長寿命化とデザインは真剣に考えるべき課題でもありますね。
以前から提案しているように、長い年月の中で愛されてきた外観デザイン。
地域の伝統的な民家やトラディショナルな様式には、そこから学ぶべきヒントがたくさんあると思います。
下の画像は「飽きのこない外観デザイン」の自信がある私たちの施工事例の一部です。^^

ya954.jpghukuigaikan (5)DSC00050.jpg071117DSC_7553.jpgyoko (7)DSC01683.jpganz005.jpg0731.jpgsi39.jpg





エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/04/30(木) 23:55:04

吹抜けアラカルト

吹抜けとは、ご存知の通り、階をまたいで上下に連続した空間のことをいいますね。
通常は玄関やリビング、階段に設けることが多く、最初の打ち合わせ段階から吹き抜けを希望される方も多いです。
私もプランニングするときに吹き抜けを配置するのは好きな方です。
家族のコミュニケーションを考えて、開放的なプランを考えることが多いのですが、吹き抜けを設けると、上下の階の間でもコミュニケーションが取りやすくなります。
また吹き抜けの上にトップライトを設けると、吹き抜け越しに光が廻ってくるようになり、採光の採りにくい環境の場合でも採光しやすくなります。
空間が広く感じられる、開放的な空間がつくれる、上下階の通風に効果があるなどのメリットがあるわけですが、一方で、冷暖房の効率が良くない、吹抜け部分の掃除や照明の取り換えなどのメンテナンスしにくさ、音やにおいもすべて階上に上げてしまうこと等が欠点となるので、配置には注意が必要です。
そして、それらのメリット・デメリットを考えた上で、吹抜けを設けるかどうかの判断をした方が良いと思います。
下に、吹き抜けの事例をご紹介します。
ご参考までに。

an06.jpg071117ZN1T42662.jpg_MG_7625.jpgyoko (2)mi06.jpgwa (21)hukuinaikan (4)DSC07393.jpgDSC01574.jpgkan.jpg


エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/04/27(月) 23:06:09

5年目の外観

DSC04873.jpgya10.jpgお客様の真岡市Y様邸に伺いました。Y様邸は「オールドプロバンス」仕様で建てた5年目のお住まい。
左の写真は新築当時のものです。
スタッコラーストのランダム塗り、プリムローズという色で仕上げています。

下の写真は現在のもの。Y様邸は四方を畑に囲まれた立地で、さらに周辺は畑作地帯ということで、春先は強風で埃まみれになる過酷な?環境です。
そういうことで、建てた当初は塗り壁の汚れをかなり心配されていました。
でも、5年目に入った住まいを改めて見てみると、汚れは当然ついていますが、コテ波が強調される感じのいわゆる「いい感じの汚れ具合」です。^^
ぬくもりが伝わってくるかのような塗り壁スタッコラーストの外観は、大理石の砂を使っていることもあって、どこか懐かしい、優しい表情を持っていますね。
これから、年月を経る毎にさらによい風合いになっていくのではないかと思います。^^
ただ埃がひどいので、洗濯物は外に干しておけないそうです。
そこはいかんともしがたいですかね。^^;

DSC01914.jpgDSC01915.jpg






DSC01920.jpgDSC01921.jpg

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。