感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
宇都宮市OY様邸での外壁モルタル塗りの進捗状況をご紹介します。
他の現場でもご紹介している通り、モルタル下地の前に防水シートと通気胴縁を施工した後に、リブラスという凹凸のあるモルタル下地材を貼ります。
画像でわかるとおり、通常のラス網と違って、肉厚感が伝わりますね。
そして、モルタルをしっかりと密着させて一度目の下塗りをすると同時にメッシュシートを伏せ込みます。
これにより二度塗り時のモルタルとの密着性を良くし、またクラックを防ぐことができます。
こうした丁寧な下地処理をすることで、大切な住まいの外壁をしっかりと守ってくれることにつながりますね。
DSC07078.jpgDSC07080.jpgDSC07087.jpgDSC07178.jpgDSC07180.jpgDSC02158.jpg






一方、内部では無垢のパインフロア(30mm厚)貼りも終わり、内部木工事の仕上げにかかっています。
奥様こだわりのオリジナルキッチンもランバー材で枠が組み立てられ、全体のイメージが伝わってきます。
こちらはカウンターや背面収納に、モザイクタイルをあしらったオシャレなキッチンになる予定です。
また洗面化粧台もオリジナルで造作しますので、合わせて進捗状況をまたご紹介したいと思います。
写真のとおり、階段そで壁のひな段やR型のスリット、ステンドグラスも取り付けられて、いよいよ完成に向けてピッチが上がってきていますね。
これから囲炉裏やアンティークな建具も登場してくるので、それらもまたご紹介していきます。
お楽しみに。^^

DSC07072.jpgDSC07073.jpgDSC07233.jpgDSC07235.jpgDSC02177.jpgDSC02155.jpg
スポンサーサイト
 
囲炉裏のある家、宇都宮市OY様邸の進捗状況です。
外部は屋根葺きからサッシ取付け、防水シート貼りまで進み、これで施工中の雨仕舞はバッチリですね。
バルコニーの防水工事も完了しているので、安心して工事が進められます。

DSC01609.jpgDSC01615258.jpg1621251 (2)






OY様はアンティークなモノが大好きなご夫妻ですが、まずこだわられていたのは玄関ドアでした。
多少の費用がかかってもここだけは、と言って選ばれたのがブルースオリジナルのアンティーク玄関ドアです。
ご覧のように、ウォールナット天然木の親子ドアを、キズと風合いのあるウレタンクリア塗装で仕上げたもの。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、高さが2400mmもあるので玄関に温かなぬくもりと共に、重厚感を添えてくれます。
経年変化も楽しみな個性豊かな表情となりますね。^^

OY様のこだわりのアンティークパーツは、これからもたくさんご紹介できると思います。
お楽しみに。

1621251 (3)1621251 (7)1621251 (4)DSC016571254.jpg
 
台風が過ぎ去って好天に恵まれた2日間、宇都宮市OY様邸では順調に建て方が進みました。
以前からお話している通り、「基礎はじっくり、パネル組みは迅速に。」という工程管理をしているので、OY様邸も屋根下地まで2日間で完了です。
3日目の今日はゴムアスを使用した防水下地まで進んでいます。
幸い雨の心配もなく順調に来ていますが、ここまで進んでいれば多少の降雨でも安心ですね。

OY様ご夫妻の感想は、「基礎工事まではちっちゃい家だと思ってたけど、立ち上がった家を見た瞬間、こんなに大きな家だったんだ~!とテンションが上がっちゃいました。」とのことです。
建て方の時には、ほとんどの方が同じような感想を持たれますね。^^
平面的に見える基礎の段階から、パネルや屋根が組まれて立体的な空間になると、人の感じる広さの感覚は全く変わってしまうのでしょう。

明日は、電気配線の立会いや棚や造作家具などの下地確認をしていただき、さらに工事は進んでいきます。

tatek (4)tatek (1)tatek (3)tatek (2)tatek (12)tatek (11)tatek (10)tatek (9)tatek (8)tatek (6)tatek (5)tatek (7)
 
2010/09/07(火) 20:27:16

建て方目前~囲炉裏のある家

nan.jpgmina.jpg「囲炉裏のある家」宇都宮市OY様邸では基礎工事が完了し、今週から土台敷きが始まりいよいよ建て方を迎えます。
OY様ご夫妻はアンティークな素材が大好きで、休日には県内各地から県外まで足を延ばしてアンティークショップめぐりをされているようです。
お店から「こんなモノを付けられますか?」という問い合わせの電話をいただくこともしばしば。
後でそのお店へ足を運んで、実際に確かめてきたこともあります。^^;
そんなご夫妻が集めてきた雑貨や小物たちが、可愛らしくおさまるようにこれからさらに打合せも重ねていくことになると思います。
下の画像は、基礎の配筋から土台や断熱、床下地合板貼りの様子です。
いつもご紹介している通り、地中梁を採用した頑強なベタ基礎に高耐震の床組みによる剛床構造です。
これから完成までポイントをご紹介していきたいと思います。

DSC06764.jpgDSC06766.jpgDSC06763.jpgDSC06675.jpgDSC06672.jpgDSC06676.jpgDSC06627.jpgDSC06631.jpgDSC06629.jpg
 
2010/06/05(土) 22:23:57

囲炉裏のある住まい~地鎮祭

nan.jpgmina.jpgきょうは早朝からカミナリやにわか雨に悩まされた宇都宮市内でしたが、その合間の好天に恵まれる中、宇都宮市OY様邸では地鎮祭が執り行われました。

以前ご紹介したこともありますが、OY様邸はプロバンスカフェのシンプルな外観にパノラマのついたお洒落な佇まいとなっています。
このパノラマがどういうスペースになるかというと、ご主人こだわりの「囲炉裏コーナー」なのです。^^;

なかなか、輸入住宅で「囲炉裏」は難しいテーマですが、パノラマを囲炉裏コーナーだけでなくセカンドリビング、客間としても活用できるようにご提案しました。
地盤改良を経て、今月末から着工の予定ですが、これからどんな仕上がりになっていくのか楽しみな住まいですね。

DSC06049.jpg






 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。