感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
大安の本日は、那須町S様邸のお引き渡しの日となりました。
森の木立に囲まれ、ダークブラウンのラップサイディングに白のモールディングやサッシとのコントラストも鮮やかな外観ですね。
先日までの内覧会でも、ご来場された方の「すごい!」「いいね~」という感嘆の言葉が次々と聞こえていました。

千葉にお住まいのS様は、昨年那須高原の別荘地を購入し、ご夫妻で9月頃に引越される予定です。
昨年の12月にご契約いただいていましたが、真冬をさけて雪解けを待ってから工事を進めてきました。
樹木の伐採や整地をした上で始まりましたが、天候不順もあって若干工期は遅れていました。
しかしS様とは、遠距離ながらも入念な現場打合せや確認を重ねてきたので、工事中の問題はなく無事竣工を迎えることが出来ています。

ご夫妻から「理想通りの住まいが出来て夢がかないました。ありがとう。」という最高のお言葉をいただき、私にとっても感無量の日となりました。^^
これからまだエクステリア工事や植栽の手伝いもあるので、こちらもしっかりと仕上げていきます。

下の画像は外観や内部の仕上がりの一部ご紹介です。

DSC06624.jpgDSC06625.jpgDSC06621.jpgDSC01116.jpgDSC011123.jpgDSC011235.jpgshiast.jpgDSC011337.jpgDSC011445.jpg
スポンサーサイト
 
間もなく竣工を迎える那須町S様邸にて、お客様のご厚意により完成見学会を開催いたします。
ご覧の通り、ボリューム感にあふれた外観に濃茶のラップサイディング、白いサッシとのコントラストが印象的ですね。
那須高原の別荘地、緑に囲まれた風景に映える素敵なお家です。
1階のパノラマやポーチ屋根、アクセントカラーのグリーンの玄関ドアや内壁など見どころがいっぱいです。
予約制にて来週か、約10日間内覧可能となっています。
家づくりに役立つ情報がたくさんありますので、ご興味ある方はお問い合わせください。


shin.jpgshi.jpgDSC06519.jpgDSC06518.jpgshiast.jpgsa4.jpgsh2.jpgsh3.jpg







 
DSC06079.jpg那須町S様邸の進捗状況です。
まだまだ新緑がまぶしい那須高原の別荘地に建築中です。
ご覧のように、ボリューム感に溢れた外観に濃茶のラップサイディング貼りが進んでいますが、緑に囲まれた風景とサッシの白とのコントラストが印象的ですね。
現地に来られたご夫妻も「この色を選んでよかった!」と大満足の様子でした。^^

ラップサイディングはその名のとおり、サイディング一枚一枚を重ねて仕上ていく貼り方で、通常のサイディングの1枚貼るところを、3枚貼っていくような感じです。
そのため下の画像のように、外観にボリューム感も出て、豊かな表情を生み出してくれます。
またタテに走るコーキングもないのでスッキリとした仕上がりにもなりますね。
グラスファイバーの玄関ドアはシンプソン社製。
こちらはお好みの色で仕上られます。

DSC06071.jpgDSC06078.jpgDSC06074.jpg







内部では、断熱・気密工事が進んでいます。
高性能グラスウール「マグルージュ」(24k相当)を隙間なくしっかりと納めた上に、ベーパーバリアと言われる気密シートで気密性を確保しています。
コンセントやスイッチも気密ボックスをつけコーキングなどで隙間をふさぎます。
こうしたひとつひとつの手順をしっかりと守って施工することは、高断熱高気密住宅には欠かせない大事なポイントですね。
DSC06081.jpgDSC05990.jpgDSC05988.jpgDSC05974.jpgDSC05996.jpgDSC05972.jpg
 
2010/05/03(月) 20:10:58

雄大な外観と雨仕舞

那須町S様邸の建て方~フレーミングが進んでいます。
林間の別荘地にそびえ立つ雄大な外観のイメージがわかりますね。
S様邸は床面積は45坪くらいですが、吹抜けを広くとっているので施工面積としては50坪を越えています。
また、1階のパノラマやポーチ屋根が大きくとられているので、さらに大きさを感じると思います。

DSC05672.jpgDSC05674.jpgDSC05711.jpgDSC05709.jpgDSC05779.jpgDSC05780.jpg






現在はサッシの取付けまでほぼ完了しています。
屋根のルーフィング下地や天窓も取り付けられているので、雨の心配も解消されました。
1階の屋根と2階の壁の取り合いの部分には、しっかりとルーフィングが立ち上がっているのがわかりますね。
ここは雨仕舞には重要な部分です。

これからは大工工事と合わせて屋根工事も進んでいきます。

DSC05795.jpgDSC05794.jpgDSC05788.jpgDSC05792.jpgDSC05785.jpgDSC05793.jpg
 
2010/04/24(土) 20:34:00

まだまだ見頃な桜~那須高原

minashi.jpg那須町S様邸の進捗状況をご紹介します。
今年の春は天候不順に悩まされましたが、那須高原では4月に4回も積雪がありました。^^;
現在は、遅れ気味な基礎工事も完了し、いよいよ土台敷きに入っています。

パース図のように、林間の別荘地にそびえ立つ壮大な外観ですが、その建物を支える基礎はベタ基礎に地中梁をプラスした高耐震構造です。
160ミリの底盤に150ミリの立上り巾を取る上に、基礎パッキンを全周隙間なく取り付けるので、換気と剛性に優れた構造といえます。
S様邸では、いよいよ明日から建て方が始まります。
どのような外観が立ち上がるか楽しみですね。^^

DSC05458.jpgDSC05456.jpgDSC05461.jpgDSC05657.jpgDSC05659.jpgDSC05658.jpgDSC05656.jpgDSC05654.jpgDSC05660.jpg







DSC05664.jpgそんな那須高原は、現在桜が満開となっています。
S様邸の近くのおそば屋さんにも、見事な桜が咲き誇っていました。
(ちょっと逆光です。すみません)
今年は寒さのためか見頃の期間が長いようで、連休中もOKのようです。
ただし、高速道路周辺の渋滞にはくれぐれもご注意を。^^;



 
2010/03/06(土) 21:27:57

那須高原で始まる家づくり

minashi.jpgこちらは、那須町の別荘地内に建築予定のS様邸のパース図です。
来週からいよいよ敷地内の樹木伐採と整地が始まります。

S様は千葉在住ですが、昨年那須高原の別荘地を購入し、ご夫妻で8月頃に引越される予定です。
12月にご契約いただいていましたが、さすがに真冬の那須高原で基礎工事はムリなので、雪解けを待ってこれから着工となります。

奥様からは、今の家には思い出の詰まったモノがたくさんあるので、新居でもうまく使っていきたい、というご要望がありました。
ひとつひとつの家具などに込められた思いを伺いながら、実際に寸法を取ってプランを作ってきました。
お二人の家づくりへの思いもたくさん伺ってきています。
それらを形にするのが私たちの仕事になりますね。
そんなS様邸では、いろんなこだわりがある住まいなのですが、これから現場の中で少しずつご紹介していきたいと思います。

春から夏にかけての那須高原の風景もご案内できますね。
お楽しみに。^^
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。