感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
P7085736.jpg先週から行われていた高根沢町T様邸の完成内覧会が大好評のうちに最終日を迎えます。
プロバンスの外観にナチュラルカントリーのインテリアやオリジナルキッチンなど、T様のこだわりが溢れた住まいとなりました。
そんなT様邸のかわいらしいインテリアから、奥様が選ばれた照明やステンドグラスなどの画像をご紹介しましょう。

DSC06365.jpgDSC06366.jpgDSC06379.jpgDSC06381.jpgDSC06375.jpgDSC06382.jpgDSC06378.jpgDSC06385.jpgDSC06387.jpgDSC06388.jpgDSC06391.jpgDSC06386.jpgDSC06392.jpgDSC06386.jpgDSC06389.jpg
スポンサーサイト
 
P6295639.jpgP6285605.jpg完成が間近となった高根沢町T様邸をご紹介します。
ご覧のように足場も外れて、赤い瓦屋根と塗り壁が特徴のプロバンス仕様の佇まいがはっきりと見られるようになりました。
内部ではエコウォールの塗り壁も完了し、照明器具も付いて、オリジナルの造作キッチンも仕上がってきています。
床のリボス塗装が進むとほぼ完成となります。^^
P6295630.jpgP6295634.jpgP6295629.jpgP6295623.jpgP6295625.jpgP6295628.jpg








こちらのT様邸では、施主様のご厚意によりまして、完成内覧会を開催させていただけることとなりました。
7月6日(火)から16日(金)の10日間、予約制でご案内できます。
南仏古民家をモチーフに心やすらぐ空間となっています。
健康に配慮した自然素材の壁や床、階段のスキップフロアを利用したパソコンコーナーなど、ご夫婦のこだわりが随所に詰まっています。
ご興味ある方はぜひお問い合わせください。

 
木工事の完了した高根沢町T様邸では、仕上に向って外壁のスタッコラースト塗りに入っています。
コテ跡の残るランダム塗りは外観の表情を豊かに仕上げてくれます。
P6035367.jpgP6035365.jpgP6015355.jpg





内部では梁や枠廻りの塗装が進んでいます。
その後、壁・天井仕上げに入りますが、こちらは人気のブルースエコウォール塗りとなる予定です。
コーナーの出隅やアーチ下り壁等がR仕上げになることも特徴で、キレイな空気とともに優しい空間を演出してくれます。

P6035377.jpgP6015362.jpgP6035375.jpg






T様邸ではオリジナルキッチンを始め、作りつけの造作工事が随所に見られます。
詳細は仕上がってからご紹介したいと思いますが、写真のようにランバーコアを使い、大工さんの手によって枠組みするので、市販のキッチンや家具などよりもしっかりとした構造となるのです。
ここからどんな仕上がりになっていくのか楽しみですね。^^

P6035368.jpgP5315339.jpgP5315338.jpgP5315337.jpgP5315341.jpgP5315340.jpg


 
2010/04/29(木) 20:10:06

踊り場を有効活用するプラン

高根沢町T様邸の進捗状況です。
外部は透湿防水シート貼りから通気胴縁の取付まで完了し、その上にモルタル塗りの下地となる「リブラス」が貼られています。
何度かご紹介しているとおり、通常のラス網と比べて、立体的な構造になっているため、モルタルの付きが良くなり厚塗りもできます。
この後、メッシュシートを伏せこんで二度塗りするので、クラック防止にもかなり高い効果を発揮してくれます。P4265202.jpgP4275206.jpgP4275207.jpg






内部では、1階床の無垢パイン材が貼りあがっています。
下の画像は、リビング階段から上がったところに踊り場を広く取り、ユーティリティスペースとしたプランです。
スキップフロア程の高低差をつけていないので、リビングとの一体感があり、視覚的な広がりも感じられるので立体的な空間を楽しめますね。
パソコンスペースや学習スペースなどにも活用できます。
完成したらもう少し詳しくご紹介しましょう。
P4215174.jpgP4265201.jpgP4265200.jpg



 


2階のフロア貼りも進んでいます。
下地に貼っているのが耐火ボードです。
軸組工法の根太レス剛床構造に耐火ボードを貼ることで、耐震性や耐火性の向上とあわせて、防音性能のアップにも大変有効ですね。
ご参考までに。
P4265196.jpgP4265198.jpg







 
2010/04/05(月) 20:25:24

外部アーチ下がり壁の作り方

高根沢町T様邸外部の様子です。
屋根工事が完了し、玄関ポーチやバルコニー屋根の部分に、アーチ下り壁の下地造作が進んでいます。
T様邸は木造軸組みでの施工ですが、耐震性を上げるため、ご覧のように外周部にはニチハの耐力面材「あんしん」を貼っています。
アーチをとる場合はその面材と合わせてカットして下地を仕上げています。
少し手間はかかりますが、安心とデザイン性の両立を図っています。

P4015086.jpgP4015081.jpgP4015088.jpgP4015087.jpgP4015073.jpgP4025097.jpg






内部では高性能グラスウール「マグルージュ」の断熱施工が進んでいます。
写真のように隙間なくしっかりと施工することが大切ですね。
このあと、天井の施工と気密シート貼りに入ります。

P4015080.jpgP4015079.jpgP4015078.jpgP4015077.jpgP4025091.jpgP4025092.jpg
 
2010/03/30(火) 20:45:00

高性能住宅には欠かせない

P3305067.jpg高根沢町T様邸ではS形瓦葺きが進んでいます。
T様が選ばれたのはエスパニカのベルクレイ色。
一枚一枚の瓦に濃淡があるので、全体が仕上がった時に混ぜ葺きのようなテイストになります。
天候不順の影響もあって少し遅れてはいますが、葺き上がりは近いと思います。
P3245051.jpgP3305070.jpgP3305071.jpg





サッシの取り付けは完了しています。
搬入時にはパティオやスライダー、シングルハングといった樹脂サッシがずらりと並んでいました。
こちらのサッシはクレトイシ社のモンタージュ。
アルゴンガス入りLow-Eガラスが標準で、断熱・気密性や遮音、防犯性にも優れた性能を持っています。
P3235036.jpgP3235037.jpgP3305069.jpg





下の写真は内部の様子です。断熱材高性能グラスウールが山のように積まれています。
これから壁や天井の間に隙間なく入れられますが、気密フィルムとセットで施工することで、高断熱・高気密に仕上がっていくのです。
こうした窓や断熱材の選定や施工は、高性能住宅に欠かせない肝の部分になりますね。
P3275060.jpgP3305064.jpgP3305062.jpg
 
2010/03/19(金) 21:15:13

好天に恵まれて

高根沢町T様邸の建て方がスタートしました。
昨夜までの雨がすっかり止んで、風もなく絶好の好天に恵まれて、まさしく建て方日和です。^^

T様やご両親もお見えになり、山のように積まれた柱・ハリなどの構造材や、どんどん形になっていくわが家を目にして感激されているご様子でした。

下の写真は今日一日の建て方の様子です。
前日までの準備や段取りが上手くいったこともあって、きょうは2階屋根の野地板まで完了しました。
明日は屋根のアスファルトルーフィングの施工もするので、雨仕舞も整っていくと思います。

いよいよこれから「夢」がカタチになっていきますね。^^

P3185005.jpgP3195011.jpgP3195012.jpgP3195015.jpgP3195018.jpgP3195019.jpgP3195021.jpgP3195024.jpgP3195025.jpg







 
2010/03/15(月) 20:34:09

耐震は足元から

無題2高根沢町T様邸では、基礎工事が完了しいよいよ木工事に入りました。
ブルースホーム仕様ですが、T様のご要望により構造は木造軸組となっています。
パース画像の通り、外観や内装の仕上げはすべてブルースオリジナルです。

下の写真は、基礎工事の養生期間を経ての完成写真ときょうから始まった土台敷きの様子です。
土台は120ミリ角のヒノキ材を採用しています。
また床下に通気を確保する基礎パッキンもロングタイプにすることで、基礎全周をカバーし、効率よく荷重を分散できるようになります。

土台・大引きの敷き込みが終わると、次は床下断熱、床下地の施工に入ります。
写真のように床断熱はミラフォームを使用し、床下地は28ミリのラーチ合板を貼ります。
床仕上げのパインフロア28ミリと合わせると56ミリ厚もの剛床構造となるのです。

地盤改良、ベタ基礎と合わせて高い耐震性能が確保できますね。^^

P3054970.jpgP3114981.jpgP3114978.jpgP3124984.jpgP3114980.jpgP3154995.jpgP3155001.jpgP3154998.jpgP3155000.jpg
 
無題2高根沢町T様邸の基礎工事が順調に進んでいます。
2月後半から寒気も緩み、適度な雨もあったりで基礎工事には願ってもない天候となっています。^^

下の画像は、地盤改良工事後の工程の一部をまとめています。
防湿シートを伏せ込んだ後、土間と立上り基礎の配筋と配筋検査を受け、土間コンクリートの打設が行われました。
規定の養生期間を経て、現在アンカーボルト等の取付けと型枠が組まれています。

何度かご紹介していますが、基礎工事はしっかりと工程を組んで仕上げていくことが大切です。
たまに10日くらいで仕上げて木工事に入る現場があるようですが、工期短縮を図るために基礎工事を疎かにしては本末転倒ですよね。
コンクリートの所定の強度を確保するためには一定期間の養生が必要です。

T様邸では明日から布基礎のコンクリート打設となります。


P2224941.jpgP2204937.jpgP2244943.jpgP2244945.jpgP2244947.jpgP2244948.jpgP2254952.jpgP3014954.jpgP3014955.jpg




 
2010/02/17(水) 20:39:18

着工を前に安心を担保する

無題3無題2高根沢町T様邸がいよいよ着工を迎えます。
もともと、賃貸用の戸建てやアパートが建っていた敷地ですが、地盤調査の結果「改良」の判定が出てしまい、地盤改良工事を行うこととなりました。

最近増えてきた地盤改良工事ですが、将来にわたり安心して住むためには地盤がしっかりとしていることが大前提です。
そのためには費用がかさみますがしっかりと施工しておくことが大切ですね。

今回の改良工事は柱状改良工事です。
写真はその「柱」を埋め込む重機。スクリュー状の先端からセメント固形材が出て、水と土と混ざりながら約5mの柱となっていきます。
この工事をすることで、当然、地盤保証もつくことになります。
安心が担保され、来週からいよいよ基礎工事が始まります。
こちらの様子も随時、ご紹介していきたいと思います。^^

P2134925.jpgP2144929.jpgP2144930.jpg
 
2010/01/16(土) 22:54:17

心新たに誓いを立てて

tapak.jpg素晴らしい好天に恵まれた中、高根沢町T様邸では地鎮祭が執り行われました。
T様ご夫妻と初めてお会いしたのが、一昨年7月の完成見学会のときでした。
それから打合せを重ねながら、予約内覧の企画を始め、資金計画セミナー、完成見学会、構造見学など私たちの企画するイベントには必ずお見えになるという熱心さで、他社との比較もしながら家づくりを研究されてきたようです。
最終的には、私たちのデザイン性などを気に入っていただき、先月ご契約いただきました。
そうした家づくりへの思いにしっかりと応えられるよう、心新たに誓いを立てた一日でもあります。

T様邸は2月に地盤改良を経て着工となります。進捗状況も随時ご紹介していきましょう。^^

P1154736.jpgP1154737.jpgP1154735.jpg


 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。