感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
DSC04857.jpgDSC01970.jpgお客様のご厚意により、先週から行わせていただいていた2邸同時内覧会が終了しました。
竣工してお引渡し前の完成予約内覧会と1年前に建てられたお客様の住み心地が聞ける、というコラボ企画は大好評でした。
ご覧のようにタイプの違う家ということもあり、内覧された方には大変有意義な時間となったのではないでしょうか。
新しい出会いや多くの進展があって、私たちにも有意義なイベントとなりました。
また様々な役立ち企画を考えていきたいと思います。

下の画像は、お引越し前に奥様が少しずつ持ってこられたキッチングッズの一部です。
これからどんどん可愛らしいキッチンになっていきそうですね。^^

DSC04905.jpgDSC04904.jpgDSC04903.jpg
スポンサーサイト
 
DSC04857.jpgDSC01970.jpg
宇都宮市TK様邸の完成予約内覧会を開催していますがご来場者に大変好評です。
昨年完成したばかりのT様邸が近くにあり、「見たい方がいらしたらいつでもどうぞ。」と言って頂いていたため、2邸を同時に内覧できる企画となっています。
全くタイプの違う建物を見ることができ、完成内覧と住み心地を聞くことができるという、なかなかないコラボ企画なので、ご興味ある方はお問合せ下さい。
2月7日(日)まで毎日開催しております。^^

下の画像は、TK様邸のお洒落な照明器具やステンドなどのご紹介です。

DSC04856.jpgDSC04847.jpgDSC04850.jpgDSC04844.jpgDSC04846.jpgDSC04845.jpg
 
DSC04696.jpg宇都宮市TK様邸が間もなく竣工を迎えます。
フレンチカントリースタイルのハイジの家シリーズ。
総2階建てのシンプルな形ながら、自然素材によるアンティークな趣とナチュラルカントリーテイストを上手くミックスし、温もりの伝わるような仕上がりとなっています。

そして今週の週末30日(土)から来月7日(日)の9日間にわたって、TK様のご厚意により「予約内覧会」を開催させていただけることとなりました。
TK様邸は、スペース効率と収納、家事動線を考えた2階浴室プラン。
また、特に奥様がこだわられたオリジナルのキッチンや化粧台、照明、ステンドなど見どころがたっぷりあります。
家づくりを計画中の方にも参考にしていただけると思います。
ご興味ある方はお気軽にお問合せください。

下の画像は完成間近の内観写真の一部です。
P1254841.jpgP1254842.jpgP1254829.jpgP1254843.jpgP1254824.jpgP1194791.jpg
 
2010/01/19(火) 20:40:16

オリジナルキッチン完成間近

DSC04690.jpg宇都宮市TK様邸では足場が取れて、外観がはっきりとわかるようになりました。
以前ご紹介したように、TK様邸は昨年お引渡ししたT様とご近所で、偶然にも同じ分譲地を購入し、同じく私たちに家づくりを任して下さったという関係でもあります。
ラップサイディングの「オレゴン」とスタッコラースト塗りの「ハイジの家」。ともに個性的な住まいです。
通勤の車で賑わう通り沿いに2軒並ぶ姿は壮観ですね。^^DSC01970.jpg







内部では、オリジナルの造作キッチンや化粧台が出来上がってきました。
デザインと機能性を両立したキッチンの完成も間近。
仕上がりの様子はまたご案内しますね。お楽しみに!^^

P1194776.jpgP1194777.jpgP1194778.jpgP1194781.jpgP1194807.jpgP1194803.jpgP1194785.jpgP1194790.jpgP1194791.jpg
 
2010/01/04(月) 21:23:25

左官仕上げをタップリと

PC264672.jpgPC264675.jpg宇都宮市TK様邸では、左官屋さんが大活躍です。
外壁が塗り壁スタッコラースト、内壁が塗り壁エコウォールという仕上げなので、左官屋さんの腕の見せ所がたっぷりですね。^^
PC264676.jpgDSC04595.jpgこちらの画像は外壁仕上げのアップ。
コテ跡をしっかり残した「ランダム仕上げ」となっています。
写真だとわかりにくいかもしれませんが、いい風合いが出ています。

下の画像は内部仕上げの様子です。
アーチやアールの造作が多いので左官仕上げが生きてきます。
アンティークビームのついた天井、アーチの下り壁、窓廻りなど、外壁と同じようにそれぞれ塗りムラがついた仕上げです。
このあと床の塗装が仕上がると、また雰囲気が変わってくると思います。
どんな感じになるか、これからが楽しみですね。^^

PC264687.jpgPC264686.jpgPC264671.jpgPC264670.jpgPC264668.jpgPC264665.jpg
 
PC184620.jpgPC184616.jpgハイジの家仕様の宇都宮市TK様邸では、内部塗装工事が進んでいます。
外部はモルタル下地塗りからスタッコラースト仕上げに入るところです。
「ハイジの家」はシンプルな塗り壁を基調としてオーダーメイドの家づくりが特徴ですが、TK様邸でもキッチンや化粧台などの造作から建具やフロアの塗装まで、こだわりがたくさん詰まっています。

下の画像はオリジナルキッチンや化粧台の進捗状況、ドアや枠廻りの塗装仕上げをしているところです。
建具の色も、ローズウッドやホワイト、ペパーミントグリーンなど自由に仕上げています。 
パブリックスペースとプライベートスペースを分けて考えると、いろいろと発想が広がって楽しいですよね。^^

PC184605.jpgPC214637.jpgPC184608.jpgPC214634.jpgPC214638.jpgPC214629.jpgPC214636.jpgPC184611.jpgPC214630.jpg

 
PC024528.jpgPC024531.jpg宇都宮市TK様邸の工事が順調に進んでいます。
外部は2度目のモルタル下塗りが終わって養生中です。
十分な乾燥期間を取ってこれからスタッコラースト仕上げとなります。
どんな感じで仕上がるか楽しみですね。^^

一方、内部ではオリジナルキッチンの造作が始まっています。
下の写真は、大工さんの手によってフレームを組み立てているところです。
作業中なのでちょって雑然とした写真となってしまいました。^^;

TK様のキッチンは、奥様のこだわりがたくさん詰まっています。
L型+ワーキングカウンターでU字型にまとめたプランは使い勝手と機能性は十分。
キッチンの奥には、パントリーなどゆとりのスペースがあるので、収納を気にせずにお料理に専念?できる配置となっています。
これから仕上がっていく過程が楽しみですね。^^

PC094563.jpgPC104573.jpgPC104575.jpg

 
宇都宮市TK様邸では、外部の下地モルタル塗りが進んでいます。
写真は、リブラス下地からモルタル塗りを2度行い、20mmの厚さの仕上がりです。
当然通気層を確保し、外壁内部に入り込んだ湿気を小屋裏まで逃がしています。
以前のモルタル仕上げは外壁通気層をとっていなかった家が多かったようです。
リフォーム工事などをすると、そういう住まいの壁下地はあまり良い状況にないことが多いので注意が必要です。
このあとは塗り壁スタッコラースト仕上げとなります。

一方、玄関ポーチには木組みで下屋を取り付けています。
玄関やバルコニーのアールの下がり壁と合わせて、シンプルな外観に良いアクセントとなりますね。

DSC04254.jpgDSC04252.jpgDSC04253.jpgDSC04241.jpgDSC04250.jpgDSC04251.jpg






内部では下地ボードも終わり、大工工事が終盤となっています。
窓廻りのモールディングと巾木、廻り縁などでほぼ終了です。
アンティークビームやTK様から支給いただいたステンドグラスもいい感じですね。^^
最近は、トイレのドアの上部などにガラスブロックやステンドを取り付け、採光と照明の確認が取れるよう機能的な役割を持たせる事例も増えています。

こちらも塗り壁エコウォール仕上げとなるので、左官屋さんはこれから大活躍となります。
DSC04248.jpgDSC04243.jpgDSC04244.jpg
 
2009/11/16(月) 20:12:05

アンティークビーム

takic.jpg宇都宮市TK様邸の進捗状況をご紹介します。
「ハイジの家」仕様で、温もりの伝わってくる仕上がりになるTK様邸ですが、外部、内部とも順調に進んできています。


PB064419.jpgPB094430.jpg外部は外壁下地の通気胴縁取り付けから、モルタル下地となるリブラスを取り付けているところです。
写真は、インナーバルコニーの様子。屋根の付いたバルコニーはお客様からのご要望も多いプランですね。
内側の外壁にもしっかり通気層を確保し、躯体内部の空気を動かす仕掛けとなっています。

PB104437.jpgPB104436.jpg外部にモルタル塗りのための下地材「プラスリブ」が取り付けているところです。
これは通常使われている「ラス材」よりも立体的で厚みのある下地材で、裏打ちに防水シートが貼られているので通気、防湿、耐水性能に優れたものとなっています。
この上にモルタルで左官仕上げとなります。軒先、破風もモルタル塗りなので、下地には屋根の防水下地材のゴムアスファルトフェルトを使っています。

PB134441.jpgPB104440.jpg一方、内部でも断熱工事の後は内部造作工事も進んできています。
写真は2階浴室にシステムバスが取り付けられたところ。TK様邸は、最近人気の2階浴室プランとなっています。
洗面室から隣接するインナーバルコニーにすぐ出られるのも家事動線としては有効なプランですね。

そして、1階床にはおなじみの無垢パインフロアが貼られています。
28ミリ厚の床材は足触りが柔らかく、自然塗料リボス仕上げでお好みの色に塗装されます。
どんな色合いになるのでしょうか?仕上がりが楽しみです。^^
PB104438.jpgPB094423.jpgこちらも最近人気の高い、アンティークビームが取り付けられたところです。
古木に似せた擬似木となります。ウレタン材に独特の風合いで加工・塗装されていて、本物と見分けがつかないくらいです。
こちらはダイニングキッチンの上部につけられて空間全体のアクセントとなっています。
こちらも仕上がりが楽しみですね。^^

 
2009/11/04(水) 20:36:06

真っ赤な室内

DSC03854.jpgDSC03853.jpg宇都宮市TK様邸では、建て方後、屋根葺き、サッシ取付、透湿防水シート貼、胴縁取付等が順調に進んでいます。
シンプルでシンメトリーな外観がイメージできるようになってきました。

そして内部では、ご覧のように断熱材がビッシリと隙間なく入れられています。
こちらは今までに何度もご紹介している、「マグルージュ」という高性能グラスウールです。(24k相当)
既に、電気配線もほぼ終了し、外周部には気密コンセントボックスを配置し、断熱材を納めた後に気密シート貼という工程になります。
私たちのお客様が口を揃えて言われることは、「ほんとに暖かくて快適な家です。」という言葉。
そうした家が出来上がるためには、ひとつひとつの素材を手順通り確実に施工することが大切です。
後から見えなくなる部分は特に重要ですからね。

DSC03851.jpgDSC03850.jpgDSC03847.jpg
 
2009/10/20(火) 20:38:28

建て方で意気投合!?

PA204206.jpgPA204209.jpgいよいよ宇都宮市TK様邸の建て方が始まりました。
秋らしい好天に恵まれ、作業も順調に進んでいたようです。


DSC03630 (2)DSC03632.jpg夕方には屋根の下地組みまで終了し、その進み具合の早さに、訪れたTK様も驚いていました。
何度かご紹介しているように、私たちの建て方は天候の影響を受けにくくするために、フルパネルで対応しています。
そうすることで早めに雨仕舞の準備が整うので、その後の施工が安心して進められるのです。
DSC03633.jpg終了間際、ご近所からお子様と見に来られた奥様とTK様ご夫妻が初顔合わせして、さっそく和やかな語らい。^^
幼稚園や周りの環境のことを含めていろいろと情報交換されていたようです。
TK様も気さくな人柄なので、先日の地鎮祭でのT様とのご挨拶など、引っ越す前から近所の方達と交流の輪を広げられているようです。参照:「地鎮祭で意気投合」
ずっと住み続ける場所ですから、近隣の方達とはいい関係でいたいものですよね。
今後も楽しみなTK様邸です。

 
2009/10/18(日) 20:06:43

建て方に向けて

PA164197.jpgPA164198.jpg宇都宮市TK様邸の基礎工事が完了し、いよいよ木工事が始まりました。
写真は土台敷きの様子です。ご覧のように土台と基礎の間には基礎パッキンロングという、床下の通気を確保する部材が取り付けられます。
これも、間隔をあけず連続して取り付けることで耐加重性が違ってきます。

PA164199.jpgPA164204.jpgこちらは、土台と大引きが終わった後、床下断熱材ミラフォームが取り付けられているところです。
さらに続けて床下地ラーチ合板28ミリが貼られています。

以前からご紹介しているように、ベタ基礎地中梁、キソパッキンロング、そしてこの剛床構造の組合せをしっかりと施工することで、高い耐震性能を確保することができるのです。

PA164201.jpgtak12.jpg先行足場も組み上がり、「ハイジの家」の完成へ向けて、いよいよ建て方が始まりますね。これからが楽しみです。^^






 
2009/10/11(日) 21:53:16

じっくり仕上げる

tak12.jpg宇都宮市TK様邸の基礎工事がほぼ完了しました。
1週間程前に布基礎のコンクリート打設をした後、養生期間を取って型枠撤去したところの写真です。
以前もご紹介したことがありますがベタ基礎工事は、天候を見ながら養生期間を確保し、じっくりと仕上げていくことが大切です。
そうすることで強度の確保と施工の安定を図ることが出来ます。
このあと玄関ポーチなどの土間コンクリートを打設した後、いよいよ木工事~フレーミングが始まる予定です。

お客様にとって基礎から建物のカタチが出来上がっていく過程というのは、感動を覚える瞬間のようです。
でも実は、見慣れているはずの私たちにとっても結構ワクワクする光景です。^^

SN3K0068.jpgSN3K0069.jpgSN3K0070.jpg
 
2009/09/30(水) 12:50:16

順調に進んで

tak12.jpg
宇都宮市TK様邸の基礎工事が順調に進んでいます。
先週の連休明けから着工しましたが、現在、ベタ基礎の土間コンクリート打設まで終わっています。

下の写真のように、配筋及び配筋検査の完了後、ベース土間コンの打設が行われています。
天気もくもりがちで暑さもなく、基礎を打つ環境としては最適な状況でした。
このあと、養生期間をとり、来週から型枠組み、布基礎打設という工程に入ります。

DSC03366.jpgDSC03365.jpgP9273997.jpgP9294021.jpgP9294023.jpgP9294026.jpg
 
2009/09/25(金) 20:41:25

工事スタートしました

tak12.jpg宇都宮市TK様邸の基礎工事が始まりました。
いよいよ、これから「ハイジの家」完成に向けて、工事スタートです。
コンパクトでシンプルながらも、随所にこだわりとセンスの光る、個性あふれる住まいになることと思います。^^

以前の記事でご紹介したように、TK様邸の敷地は地盤改良の判定を受けて、1週間前に改良工事が済んでいます。
下の写真は、柱状改良の杭頭と基礎下端のレベルを合わせ、砕石の転圧が行われているところです。
真ん中を通っているのが地中梁となります。
ベタ基礎とはいえ、荷重を支える布基礎の部分はフラットになってしまうので、さらに掘り下げ「梁構造」とすることで、耐加重の安定した基礎になるといえます。
DSC03342.jpgDSC03343.jpgDSC03344.jpg






こちらは砕石転圧後、防湿シートを施工しているところです。
すでに外周部の配筋は配置済みとなっていますが、これからベース配筋と立上り布基礎の配筋が行われていきます。
ここは基礎工事の中でも重要なポイントですね。
配筋完了後は検査が行われます。
P9253977.jpgP9253978.jpgP9253980.jpg
 
2009/09/16(水) 21:32:45

着工前に手にする「安心」

tak12.jpg24日に基礎着工を向える、宇都宮市TK様邸ではそれに先立って地盤改良工事が行われました。
いわゆる「柱状改良工法」という工事で、これは、硬質層までセメントと柱で直径600ミリの柱を作り、建物の荷重を支えるという工法です。
下の写真がその「柱」を埋め込む重機。
スクリュー状の先端からセメント固形材が出て、水と土と混ざりながら柱となっていきます。
TK様のプランでは28本の柱が出来上がっています。
改良費は決して安いものではありませんが、地盤改良をすることで地盤保証が付いてきますし、まずは「最初の安心」を手に入れたことになりますね。

P9163816.jpgP9163820.jpgP9163818.jpgP9163819.jpgP9163821.jpgP9163817.jpg
 
2009/09/02(水) 22:26:10

地鎮祭で意気投合?!

以前の記事でご紹介した、宇都宮市TK様邸の地鎮祭がとり行われました。
 (記事はこちら→「これから始まる~外観パース」
9月中旬から始まる工事を前に、工事とその後の家内安全を祈願しています。

DSC03127.jpgDSC03141.jpgDSC03131.jpg





その記事の中でもご案内したとおり、TK様は偶然にも、私たちが今年4月にお引渡ししたT様と、同じ分譲地に土地を購入されています。
左の奥に見える白亜の洋館はそのT様邸です。
完成時の外観写真も載せてみました。

パース図はTK様の完成予想図。ラップサイディングの「オレゴン」とスタッコラースト塗りの「ハイジの家」。ともに個性的な住まいです。
同じ区画に同じブルースホームの家を建てることになられた2組のご家族。
地鎮祭後には、T様からお茶の差し入れがあり、早速意気投合されていました。^^
T様ありがとうございます。
これからも、良いお付き合いを続けていかれることと思います。

DSC03125.jpgDSC01970.jpgtak12.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。