感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2010/08/08(日) 22:32:44

森の中の音楽会

以前の記事でもご紹介しました、那須塩原市O様邸での音楽会に伺いました。
記事はこちら→ 「ホームコンサートのご案内」 
プロの音楽家・音楽講師の皆さんによる本格的なコンサートです。
予定を上回るご来場、大盛況で、私たちは2階のホールから拝聴。
リビングを会場にしたアットホームな音楽会でしたが、想像していた以上の素晴らしい演奏と、皆さんのオーラと迫力に圧倒されました。
普段はにこやかな表情しか見たことのないので、O様の真剣で力強い演奏や独唱にも感動。
あっという間の2時間30分でした。
また、機会があればぜひ聴いてみたい音楽会です。^^

DSC06609.jpgDSC06610.jpgDSC06611.jpgDSC01151.jpgDSC01182.jpgDSC01166.jpgDSC01168.jpgDSC01164.jpgDSC01158.jpg








スポンサーサイト
 
2009/12/19(土) 20:01:43

雪にも歓迎されたお引渡し

DSC04417.jpgきょうは那須塩原市O様邸のお引渡しの日となりました。
東京在住のため、現地に来られる日にちも限られるO様ご夫妻。
きょうはお引越しとお引渡しが重なりましたが、雪も歓迎?しているかのようにたくさん降ってくれて、思い出深い日になったのではないでしょうか。
まだしばらくは東京との2重生活が続くようですが、新居の完成に大変喜んで頂けていて、私たちにも嬉しい一日となりました。^^
すぐ近くで、M様邸の新築工事が始まったばかりですので、引き続きマメにお伺いできると思います。

きょうは、予約内覧会で大好評だったO様邸のインテリアをご紹介しましょう。
奥様のハンドメイドのパーツやお手持ちの家具や絵などもたくさん揃って、これからどんなディスプレイをされるのか楽しみです。

DSC04379.jpgDSC04394.jpgDSC04391.jpgDSC04373.jpgDSC04374.jpgSN3K0089.jpgDSC04382.jpgDSC04380.jpgDSC04383.jpgDSC04385.jpgDSC04386.jpgDSC04387.jpgDSC04389.jpgDSC04396.jpgDSC04397.jpgDSC04399.jpg
 
DSC04205.jpg那須塩原市O様邸で完成予約内覧会が大好評で開催中です。
森と緑に包まれた家ということでご紹介していますが、外観はまさにその環境にふさわしいものになっています。
きょうは竣工を間近に控えたその内部の様子をご案内しましょう。

下の画像はオリジナルの造作キッチンの完成写真。
対面カウンターの上部にはペンダントが3灯ついていますが、これはフードもピンク、白、グリーンの3色となっています。
以前ご紹介したように、シンク一体型の人工大理石のカウンターに食洗機、IHヒーターを組合せ、パインの扉を取付けリボス塗装で仕上げました。
カントリーキッチンのハンドメイドの雰囲気に、使い勝手の良さなどの機能性を加えています。
キッチン脇に付けられた柵は、トイプードルのリンちゃん用のケージですね。^^

SN3K0080.jpgSN3K0084.jpgSN3K0085.jpgSN3K0083.jpg








ピアノ教室をされている奥様のグランドピアノに、造作したマントルピース、そしてそこからつながる玄関の様子です。
リビング階段の上部は、吹抜けに天窓からの採光がたっぷりと確保されて、開放感も十分ですね。
洗面化粧台もオリジナルで造作しましたが、奥様がご用意されたマニーのタイルやボウルも上手くマッチすることができました。
玄関ホール横にあるSCLにはおなじみのスイングドア。
こちらはマウンテンバイクやゴルフバッグも入れられるよう1坪のスペースが確保されています。

見どころ満載のO様邸内覧会はご厚意により、13日まで開催させていただいてます。
ご希望の方は、お気軽にお問合せください。^^

SN3K0081.jpgSN3K0086.jpgSN3K0088.jpgSN3K0090.jpg

 
那須塩原市O様邸がほぼ完成しています。
お客様のご厚意により、12月5日から1週間、予約制の内覧会を開催させていただけることとなりました。^^

きょうは外観や内部の一部をご紹介しましょう。
下の写真は、ウッドバルコニーとデッキが仕上がったところです。
もう一度仕上げ塗装し、ステップを取り付けて完成となります。
玄関ドアの塗装も仕上がり、深みのあるグリーンとアイボリーのコントラストがいい感じですね。
このドアの色は、奥様手作りのトールペイントの表札に合わせたものです。

DSC04205.jpgDSC04204.jpgDSC04206.jpgDSC04215.jpgDSC04216.jpgDSC04217.jpg







内部では、パイン材の床に自然塗料リボスで仕上げ塗装されています。
腰壁や窓廻りのモールディングと合わせた色使い。
オーク色で仕上げて、森に包まれた別荘地にふさわしいカントリーテイストとなっています。

オリジナルの造作キッチンもパインの扉を採用。
同じようにリボスで仕上げました。
壁のレンガタイルもよいアクセントになってます。
一方で、人工大理石のカウンターやIHヒーター、食洗機なども取り入れて、機能性も十分です。
食洗機の扉にはパインの面材をはめ込みます。

他にもご紹介したいポイントがたくさんあるので、また別の機会にご案内したいと思います。

DSC04213.jpgDSC04238.jpgDSC04207.jpgDSC04223.jpgDSC04225.jpgDSC04211.jpgDSC04209.jpgDSC04222.jpgDSC04236.jpg
 
DSC04103.jpgDSC04104.jpg那須塩原市O様邸では、ウッドデッキとウッドバルコニーが仕上がってきました。
私たちと打合せに来られた時に、最初からこだわられていたのがウッドデッキ&バルコニーでした。
自然に囲まれた風景にウッドデッキはしっくりと馴染んでいますね。
DSC04105.jpgDSC04106.jpgウッドバルコニーは強度と耐久性を維持するためにも、がっしりとした作りとなってますね。
これだけの広々としたデッキは、リビングからつながるオープンリビングとしても十分その役割を果たしてくれそうです。
コーナーをR処理したり、デザインにもこだわりました。
このあと、ステップを作って塗装仕上げで完成となります。

DSC04099.jpgDSC04100.jpg内部では、オリジナルの造作キッチンの扉取付けが行われていました。
無垢のパイン材を扉に採用しています。また、天板は人工大理石、食洗機やIHヒーターなど機能性も十分なキッチンになると思います。
流し前のレンガタイルもいい風合いを醸し出してくれてます。

DSC04101.jpgDSC04097.jpg同じくレンガタイルで仕上げたオリジナルのマントルピースです。
画像ではわかりにくいですが、LDKの壁は塗り壁エコウォールの仕上げです。
色をホワイトとライトイエローをミックスしたミルク色にしているためか、レンガタイルの風合いといい相性の仕上がりになっていますね。^^
O様邸も12月上旬竣工に向けて、仕上がりのペースが上がってきました。
来週は床養生がバラされて、床塗装工事に入ります。



 
DSC03905.jpgDSC03909.jpg那須塩原市O様邸の足場がはずれ、全景が見られるようになりました。
グリーンの屋根とモールディングがオフホワイトの外壁と見事なコントラストを見せていて、緑豊かな別荘地に映える美しい佇まいです。
足場がはずれて外観を見たときに、皆さん一番感動されるようですが、
残念ながら、O様ご夫妻は東京在住のため、写真でのご紹介となってしまいます。

DSC03906.jpgDSC03907.jpgこれは何の写真だと思いますか?
これは、O様ご夫妻が当初から希望されていたウッドデッキと木製バルコニーの独立基礎となる束石です。
全体で約18帖くらいの広いウッドデッキをグリーンの塗装で仕上げます。
また木製のバルコニーも同様にグリーン仕上げ。
ここが出来上がって、外観が完成!ということになります。
新築でこれだけ大きなウッドデッキは私たちも初めてです。
どのような仕上がりになるか、楽しみですね。^^

DSC03911.jpgDSC03940.jpg一方、内部では腰壁や窓廻り、カウンターなど木部の仕上げ塗装が始まっています。
写真はLDKの塗装の様子。リボスのオーク2回塗りで仕上げますが、まだ1回目の途中ですね。
2階の各部屋はいろんな色で仕上げる予定ですので、こちらもまたご紹介していきましょう。
 
2009/10/21(水) 20:58:47

パインの腰壁、仕上げは?

higashi.jpgDSC03458.jpg那須塩原市O様邸の内部造作が進み、間もなく木工事が完了します。
外部は外壁のコーキングも終わり、これから塗装仕上げに入っていきます。
以前もご紹介したように、外廻りの色は屋根とモールディング・破風やデッキ等を濃いグリーンでまとめ、ホワイトのラップサイディングとコントラストをとる予定です。
DSC03660.jpgDSC03656.jpgLDKやオープン階段が仕上がってきています。
腰壁のパインが貼りあがってきました。
写真は階段廻りの納まりの様子。リビングからの階段は、木製のオープン手すりが付く予定です。
DSC03657.jpgDSC03658.jpg窓廻りやドア枠のモールディングはヘム材、床や腰壁はパイン材と全て無垢材を使って仕上げているので、木の香りでいっぱいの空間となっています。
これから、キッチンの枠や扉、化粧台の扉などの面材も造作されますが、こちらも無垢材を使って仕上げます。
これらは、自然塗料リボスのオーク色を中心に塗装されていくことになりました。
木肌を生かしたカントリーテイストでまとまっていくと思います。
仕上げに向かって順調に進んでいますね。^^
DSC03655.jpgDSC03649.jpg





 
higashi.jpgきょうも個性あふれる外観の家をご紹介します。
那須塩原市O様邸の外壁、モールディングが完了しました。
パース図のように、O様のご要望された外観は、グリーンに彩られたラップサイディングと屋根のアーリーアメリカンスタイル。
パースでの破風や軒天は白ですが、実際のご要望ではここもグリーン色に塗装することとなっています。
別荘地の豊かな森と緑に似合うスタイルとなりそうです。^^
DSC03438.jpgDSC03458.jpgこちらが塗装仕上げ前の現在の外観です。
屋根はグラスファイバーシングル葺き、外壁は一枚一枚重ね貼りしていくラップサイディング。
窓と出隅コーナーにモールディングをし、妻壁の一部と合わせて、グリーン色に仕上げます。
DSC03459.jpgDSC03449.jpg東側から見た外観。
こちらの2階の掃出しサッシにはパース図のように、木製のバルコニーが取り付けられます。
やはりグリーン色でペイント予定。
右側は玄関ドアですが、こちらは違う色で検討中です。
玄関ドアの色はアクセントとして考え、全く違う仕上げ方で良いと思います。
DSC03453.jpgDSC03454.jpg写真ではわかりにくいですが、大きな天窓が取り付けられていて、これは2階ホールとリビング吹き抜けの採光に大きな役割を果たしています。
特に、2階ホールはセカンドリビングとしてプランニングしているので、ここの採光は重要になってきます。
外観からではわからないので、後日、内観の仕上がりとともにご紹介しましょう。

一方、内部では、壁のボード貼りが進み、窓廻りのケーシングも仕上げられてきました。
こちらも無垢のヘム材を使っていますので、ケリーモアやリボスなどの自然塗料で塗りつぶしたり、木肌を生かしたり、自由に仕上げることができます。
さらにアーチの下がり壁やニッチなども出来上がってきています。
壁は、塗り壁エコウォール仕上げとなり、またLDKから玄関にかけて、腰壁が廻るので、こちらもカントリーテイストの個性溢れる仕上がりとなりそうです。
これから仕上がっていく過程が楽しみなO様邸ですね。^^

DSC03440.jpgDSC03441.jpgDSC03447.jpg
 
2009/09/28(月) 21:32:02

人気の高い床材~パイン

DSC03379.jpgDSC03378.jpg那須塩原市O様邸の外観です。
ラップサイディング貼りが終わりモールディングもほぼ完了。
これからはモールディングなどの仕上げ塗装が入ります。
右の写真は、造作のオリジナルキッチンが取り付けられる前の状態ですね。
対面キッチンでリビングからウッドデッキにつながるロケーションとなります。
DSC03373.jpgDSC03372.jpgそのリビングではいよいよパインのムクフロア貼りが始まっています。
写真のように約3mの一枚板を、一枚一枚貼り合わせていきます。
DSC03375.jpgDSC03374.jpgアップで見るとわかると思いますが、28ミリ厚のパイン材なので、足触りが柔らかく、断熱性能も高いため、素足で歩くのには最適な床材といえます。
その特性と合わせて、リボス塗装が出来、お好みの色で自由に塗装できることも、人気が高い理由のひとつだと思います。

下に、今までのパインの床材を採用されたお客様の事例の一部をご紹介します。
アンティークからフレンチ、カントリーまで幅広いテイストに対応できていると思います。^^

ya112.jpghukuinaikan.jpg_MG_1226.jpg0262.jpgshi149.jpgP7091432.jpg

 
DSC03310.jpgDSC03311.jpg那須塩原市O様邸の外観をご紹介します。
写真のように、ラップサイディング貼りと窓廻りや出隅コーナーのモールディングが終わっています。
DSC03322.jpgDSC03321.jpg以前からご紹介しているとおり、O様の外観は、屋根や破風、モールディングのグリーンをアクセントにしたアーリーアメリカンスタイルです。
森の中の風景にピッタリとなじんだ佇まいとなっていますね。^^
DSC03320.jpgDSC03312.jpgこれから、破風やコーナー、窓廻りなどはグリーンに塗装されます。
また玄関ドアはサーマツルー社のプレミアムスティールドアを採用。
こちらはお好みの色でペイントされます。
木製の方立てもアクセントとなってますね。
DSC03314.jpgDSC03313.jpgDSC03315.jpg内部では、TOTOのシステムバス取付けを完了してます。
アクセントパネルに落ち着いたブラウンをチョイスし、落ち着いた浴室となっています。
いわゆる「魔法びん浴槽」も取り入れているので、高気密高断熱の住まいと合わせて「あったか、ゆったり」のくつろげるお風呂となりますね。^^

DSC03317.jpgそして、いよいよパインのフロアが搬入されました。
28ミリのパイン材は足触りが柔らかく、素足で快適な仕上がりとなります。
自然塗料のリボスでお好みの色で着色していきますが、オーク色にしてカントリーテイストに仕上げるようです。
これから進捗状況を確認していくのが、ますます楽しみです。^^

 
2009/09/03(木) 22:51:59

包まれた空間にこそ

那須塩原市O様邸の外観の進捗状況です。
ご覧のように、屋根葺きが終わり、サッシ取り付け、防水シート貼りから、現在は通気胴縁の取り付けに入っています。
いよいよこのあとラップサイディング貼りに入ります。^^

DSC03180.jpgDSC03178.jpgDSC03177.jpg





一方、内部では断熱気密工事が始まっています。
写真は、2階の壁・天井の施工状況です。
前回の記事でもご紹介した、高性能グラスウール「マグルージュ」(24k相当)を隙間なくしっかり施工し、気密シートを貼っていきます。
O様の2階は勾配天井に包まれた空間となっているので、しっかりとした断熱・気密工事をすることは、快適な住まいづくりの大切なポイントですね。^^

DSC03160.jpgDSC03176.jpgDSC03165.jpgDSC03164.jpgDSC03166.jpgDSC03161.jpg





エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/08/29(土) 21:41:48

豊かな森と緑に馴染んで

DSC03106.jpgDSC03117.jpg那須塩原市O様邸の外観の様子をご紹介します。
先週から屋根葺きが始まっていましたが、昨日まででオークリッジのグラスファイバーシングル葺きが仕上がりました。

DSC03120.jpgDSC03118.jpg屋根のグリーンと森林の緑が溶け込んで、豊かな自然にマッチした佇まいとなりました。
モンタージュの樹脂サッシも取り付けられて、外壁の透湿防水シートも貼られています。
ここまでくると全体のイメージもつかみ易くなってきますね。
このあと、土台水切り、通気胴縁を施工後ラップサイディング貼りとなります。
oohs.jpg





下の画像は内部の造作の様子です。
外観や下の写真からわかるとおり、2Fの天井は傾斜天井となります。
現在は天井野縁を取り付けて、これから断熱材と気密シート貼という工程になります。
右側の大きな窓は、リビングの吹き抜けから眺める、勾配天井に取り付けた天窓です。
2Fホールの採光の確保にも、重要な役割となっています。
こちらは断熱・水密性能の高いベルックス社製を採用しています。
DSC03109.jpgDSC03110.jpgDSC03112.jpg






下の写真は内部から見たサッシの様子です。
アルゴンガス封入Low-Eガラスが標準の樹脂サッシです。
断熱材も積まれていますね。
何度かご紹介している、マグルージュという高性能グラスウール(24k相当)です。
これらに気密シートが加わって、しっかりとした施工をすることで高気密・高断熱の住まいが出来上がっていきます。
こちらの工程も随時ご案内したいと思います。

DSC03115.jpgDSC03113.jpgDSC03114.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
那須塩原市O様邸の上棟後の状況をご紹介します。
きょうはO様ご夫妻立会いで、電気配線やエクステリアプランなどの確認をしていただきました。

下の画像は屋根のルーフィング葺きまで完了した外観です。
林間地の馴染む佇まいを意識してプランニングしていますが、すでにその雰囲気が伝わりますか?

DSC02919.jpgDSC02899.jpgDSC02920.jpg





DSC02913.jpgDSC02915.jpg屋根下地にゴムアスという防水下地ルーフィングが施工された様子です。
この状態になれば屋根からの雨対策は万全ですね。
また、先行して天窓が取り付けられています。
ベルックス社製の木製天窓ですが、2Fホールの採光を確保するため、少し大きめのサイズとなっています。

DSC02903.jpgDSC02896.jpg同じく内部の天窓の様子です。
2Fホールからと1Fリビングからの眺めです。どちらも天窓から採光を取れるようにプランニングしています。
2Fホールはセカンドリビングも兼ねているため、また1Fリビングにはグランドピアノを配置する予定、ということで、天窓からの採光を生かしています。

DSC02904.jpgDSC02906.jpg左の画像は、キッチンとダイニングの内観です。
キッチンはオーダメイドのオリジナルキッチンとなります。
お手持ちの家電収納や食器棚などの家具を生かしたデザインとなる予定です。

以前ご紹介したように、O様との打合せは、お手持ちの家具すべての寸法を取り、どこに何を配置するかを決めた上でプラン確定しています。
(参照:「お手持ちの家具は」
少々大変ですが、事前にそうすることが、ムダや失敗のない間取りにつながります。

きょうは、この時点で、電気のスイッチやコンセント、照明の位置や形状など全て確認、決定しています。
もちろん平面プランの中で十分検討を重ねてきてから現地で決める、という手順ですが、照明や電気配線を決めておくことは、キッチンや家具・インテリアを具体的にイメージできるようになるので、お客様にとっては、早めに検討することが後々に大変役立つことになります。
「平面で検討、現地で確認」、という手順をマメに繰り返すが大切ですね。^^
ご参考までに。

エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/08/08(土) 23:24:44

雨に煙る森の中

きのうから始まった那須塩原市O様邸の建て方。
変わりやすい天気で、一時雷雨に見舞われましたが、2日目にして屋根の下地まで終了しました。
このブログの中で何度もご紹介してるとおり、私たちは屋根下地までフルパネルのプレカットで納品し、一気に仕上げてしまうやり方を採用してます。
一般的にツーバイフォーのフレーミングは現場で組み立てることが多いのですが、どうしても工期が長くなって天気の影響を受けやすいという短所があります。
特に梅雨の時期を始め、夏場の雷雨、秋の台風シーズンなど、冬場以外は、結構雨の影響を受ける時期が多いものです。
それを改善するために、また残材を減らす意味も含めてプレカットシステムを取り入れているのです。
今回も、山間部の変わりやすい天候には悩まされましたが、2日間で下の写真のような状況まで進めることができました。(このあと屋根にブルーシートがかかっています。)
ここまでくれば多少の雨は問題ありませんね。
^^
来週から屋根の防水施工~仕上げの工事が入ります。
また随時ご紹介していきますね。

DSC02842.jpgDSC02838.jpgDSC02845.jpgDSC02844.jpgDSC02848.jpgDSC02849.jpgminami.jpghigashi.jpgnishibmp.jpg







エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります.
 
DSC02759.jpgDSC02765.jpg変わりやすい天候が続く、那須塩原市の林間地に建築中のO様邸。
ご覧のように型枠がはずれ基礎工事が完了しました。
雨が続いたため、敷地内はぬかるんでいますが基礎はしっかりと仕上がっています。^^

DSC02761.jpgDSC02760.jpg地盤調査の結果、厚い岩盤でしっかりした地層が続くことが確認できたので、改良なしの「地中梁ベタ基礎」で施工されています。
ただ、この写真からはどんな建物が建つのかイメージがつかめないと思います。

nishibmp.jpgkita5.jpg下の画像はO様邸との打合せ時のパース図です。
4方向からなのでイメージがかなり具体的に伝わりますよね。
決定したプランも、細かい変更はありますが、ほぼ最初の提案がそのまま生きています。

minami.jpghigashi.jpg平面図では間取りや動線をイメージできるものの、立体的にイメージはしずらいものです。
だから、最初の打合せから平面図とカラーパース図は、常にセットでご提案しています。
そうすりことでお客様とイメージが共有でき、イエスノーもはっきりわかるので、その後の打合せがスムーズに進みやすくなります。
合わせて資金計画書と着工までの工程表も提示します。
貴重な時間を頂くわけですから、1回の打合せを大切に、濃密に、ということですね。


エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/07/25(土) 23:55:52

いよいよ始まります~高基礎

那須塩原市O様邸では、いよいよ基礎工事に入っています。
その進捗状況をご報告します。

O様邸は、林間地の中にある別荘地のため、自然の樹木が生い茂っていました。
以前もご紹介したように、建物にかかる樹木を伐採・伐根、整地をしましたが、敷地全体は傾斜があり、緩やかな勾配がついています。
道路から敷地奥までは約700ミリの高低差がありましたが、O様のご要望でそのままの勾配で建てることとなっています。

そのため、写真のように南側は高基礎の設計としています。
いつものとおり、ベタ基礎に地中梁で強度を上げることとし、地業、砕石・転圧、防湿シート貼、配筋&JIOの検査を経て、きょう、ベースコンクリートの打設が完了しました。
この後、約1週間前後の養生期間を経て、立ち上がり布基礎の打設となります。

そして、いよいよ木工事となり、フレーミングが始まります。
ややコストはかかりますが、基礎が高いと別荘の雰囲気が高まりますね。
デッキもつくので完成が楽しみです。^^






DSC02541.jpgDSC02620.jpgDSC02618.jpgDSC02668.jpgDSC02673.jpgDSC02676.jpgDSC02678.jpgDSC02683.jpgDSC02685.jpgDSC02686.jpgmnam.jpghig.jpg







エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/20(土) 23:49:50

自然と馴染む

那須塩原市のO様邸では敷地内の樹木の伐採が進んでいます。
以前ご紹介したように、東京在住のO様が選ばれた、自然豊かな林間の別荘地です。
敷地内の建物にかかる部分の樹木を伐採し、整地していきます。

「出来るだけ自然のままで。」というご要望に沿って伐採していますが、枝が建物にかかったり枯れかかった樹木などがあり、一本一本チェックしていくと残せる木も限られてきます。
冬季には風が強い地域でもあるので、数年後に倒れて、建物に影響を与えては元も子もなくなります。建物とのバランスもあるので、このあたりは慎重に確認していきます。
このような別荘地では、周辺も含め木々に囲まれた環境なので、これからも間伐をするなど手入れと管理を続けることが大切になりますね。

これから整地をした後、地盤調査をして地耐力を確認し、いよいよ着工となります。
緑と白のコントラストが映える外観が特長のO様邸。周囲の雰囲気にしっくりと馴染んでると思います。こちらも完成まで随時ご紹介していきますね。^^

DSC02208.jpgDSC02251.jpgDSC02210.jpgDSC02249.jpghig.jpgmnam.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。