感謝と挑戦
毎日綴る 楽しむ家づくり
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2009/12/24(木) 20:50:55

立体的なイメージをつかむ

DSC04443.jpg先月お引渡しした宇都宮市OH様邸の外観です。
OH様邸はお仕事の都合などでまだお引越しされてません。
そんなこともあって、OH様のご厚意により12月は予約内覧をさせていただき、ご希望の方にはその都度ご案内させていただいてました。
きょうも1組、高根沢町で建替予定のO様をご案内しています。 

OH様邸は、以前からご紹介してきたとおり1、2Fでキッチン、水廻りを分けた2世帯住宅プランです。
実は、きょうご案内したO様も2世帯住宅を計画中です。
参考になる良い事例として内覧させていただきました。

DSC04436.jpgDSC04437.jpgこちらは1Fのキッチン、LDKの写真です。
床はバーチムク18ミリ、壁は塗り壁エコウォールのライトイエロー色です。
木製のガラスドアなどを採用し、大変明るく気持ちの良い空間になっていますね。
キッチンはクリナップのシステムキッチンです。
お母様の使い勝手を考慮し、機能性と収納を重視したプランとなっています。

DSC04439.jpgDSC04440.jpgこちらが2Fのオリジナルキッチン。
以前もご紹介したロジェールのオーブン付きコンロを採用。
O様ご夫妻のこだわり満載のキッチンです。
床はパインムク28ミリにリボスのクリア塗装仕上げ、壁はエコウォールのホワイト色。
1、2Fで仕様も分けています。
後ろに見えるのがパントリー。
物があふれがちなキッチンをスッキリさせるための必須プランですね。

O様ご家族は3月の着工予定で私たちと打合せを重ねてきていますが、プランも少しずつ固まりつつあります。
プラン打合せをしながら、このように実際の事例を見ると、平面図やパースだけではつかめない空間の広がりや立体的なイメージがつかめるので、タイミングとしても大変有効だと思います。
同じような家族構成でプランニングを検討しているので、よりご参考になったのではないでしょうか。
これから完成していくプランが楽しみですね。^^

スポンサーサイト
 
2009/11/26(木) 20:02:01

オリジナルキッチン完成形

DSC04157.jpgDSC04158.jpg完成内覧会で人気を集めていた宇都宮市OH様邸も間もなくお引渡しとなります。
アーリーアメリカンの外観は青空に映えますね。
皆さん口々に、「2世帯住宅とは思えない!」と驚かれていました。^^

DSC04168.jpgDSC04170.jpgそんな中、一番興味を持たれていたのが、やはりオリジナルの造作キッチンです。
愛らしい照明とシェルフも取り付けられて、ほぼ完成形となりました。
塗り壁エコウォールやシェルフ、レンジフード、タイル、シンクの白とモザイクタイルのベージュ、フレームや扉のチーク色、など色のバランスもいい感じに仕上がっています。
ロジェールのガスコンロ&オーブンもさすがの存在感です。^^

DSC04169.jpgDSC04171.jpgDSC04172.jpg





また、ロフトに続く2FのLDKからのオープン階段も、実際の使い心地などを確認されていました。
段板までスケルトンにすることで暗さや圧迫感もなく、むしろディスプレイを楽しんだり、インテリアの良いアクセントとして活用できそうです。

DSC04182.jpgDSC04181.jpgDSC04185.jpg






DSC04174.jpgDSC04175.jpg洗面室のペディスタルシンクにも可愛らしいミラーの付いた収納棚が取り付けられました。
ブルーの水玉クロスとの相性もバッチリですね。^^


 
2009/11/11(水) 20:14:34

お洒落な照明アラカルト

DSC04039.jpgきょうは、宇都宮市OH様邸の完了検査がありました。
今年の1月に当社にご来店いただいたのが、OH様ご夫妻との初めての出会いでした。
佐野市在住という遠距離にも関わらず、熱心に当社のイベントや各現場を見て回られてきました。
宇都宮市内に建替で2世帯住宅を建てる、というご要望に応えられるよう何度もプランの打合せを重ね、ご契約いただいたのが4月。
そして5月に解体工事をし、6月から基礎着工して5ヶ月目。
ステキな住まいが完成し間もなくお引渡しを迎えることとなります。

きょうは、完了検査を受ける直前に撮った写真です。
OH様がご自身で購入されてきた、お洒落な照明器具のいくつかをご紹介しましょう。

DSC04040.jpgDSC04034.jpgまずは玄関ポーチと玄関ホール。





DSC04037.jpgDSC04035.jpgそして、1階LDKのキッチンペンダント。





DSC04028.jpgDSC04032.jpg2階リビング吹抜けと階段ホール。





DSC04027.jpgDSC04029.jpg2階キッチンとリビングの書斎コーナー。





DSC04030.jpgDSC04031.jpg2Fキッチン背面のパントリーと2階トイレ。




いかがでしょう?
ペンダントライトがたくさんあって、それぞれが壁や天井にアーティスティックな陰影をつけてくれてますね。^^
他にも見どころがたくさんあるので、また別な機会にご紹介しましょう。お楽しみに!
 
DSC03889.jpg2世帯住宅となる宇都宮市OH様邸の竣工が近づいてきました。
相変わらず、住宅地にそびえ立つ、といった感じの風格のある外観ですね。
近隣の家との境界が近いため、全景が上手く撮れないのが残念です。広角レンズが必要ですね。^^;

DSC03887.jpgDSC03886.jpgこちらが1Fのお母様のLDKにあるキッチンです。
パーチの床や塗り壁エコウォール、アーチ下り壁に包まれた優しい空間に、きりっと引き締まったカラーのシステムキッチンが納まっています。
ほぼ標準仕様ですが、お母様のお料理へのこだわりが伺えるガスオーブンがついています。
タイルはブルース標準のカントリーブラウン。

そして下の写真は、2FのOH様ご夫妻のLDKに配置された、オリジナルの造作キッチンです。
奥様のご要望に合わせてのデザイン。
ご覧のようにコーラーのシンクにシャワー付水栓、そしてロジェールのオーブン付コンロなど、こだわりいっぱいのアイテムをビルトインしています。
特にロジェールのコンロは、以前もご紹介したとおり4基のバーナーにビッグオーブン付の豪華仕様。
下段には引出しも付いて収納量もバッチリです。
そしてお洒落なガラストップカバーは開閉式の耐熱仕様で、調理中は壁面の汚れ防止としても活躍する機能も持つ優れもの。^^

DSC03877.jpgDSC03876.jpgDSC03875.jpg





プロバンスホワイトのオリジナルタイルをあしらったカウンターにコーラーのシンク。
美しい曲線を持つワンレバー水栓にシャワーも付いて、使い勝手もバッチリですね。
壁のモザイクタイルもブルースオリジナル。陶器のスイッチプレートも可愛らしさを演出してくれます。
このあとシェルフや小物が付いて完成となります。
仕上がった様子はまたご紹介しますね。^^

DSC03880.jpgDSC03879.jpgDSC03878.jpg






こちらは、キッチンを中心としたLDKの全景。
キッチンの後ろはパントリーが配置されて、収納は十分過ぎるほどのスペースがあります。
冷蔵庫や食器棚もリビングからは見えません。
もちろん、こちらもアーチの下り壁で雰囲気を和らげています。

最後の写真は、洗面室のペディスタルシンク。
こちらもコーラー製のものをチョイス。
まだまだご夫妻のこだわりがたくさん詰まっていますので、別な機会にまたご紹介したいと思います。
お楽しみに。^^

DSC03882.jpgDSC03884.jpgDSC03885.jpg


 
宇都宮市OH様邸の完成が近づいてきました。
ラップサイディング・カバードポーチと急勾配の屋根で、ロフト・天窓付の外観は、頭ひとつ抜き出た大きな住まいですが、妻飾りやミントグリーンのモールディングなどで柔らかい雰囲気やアクセントになっていますね。

PA284332.jpgDSC03553.jpgDSC03795.jpg






OH様邸の住まいはお母様とご夫妻との2世帯住宅。
玄関はひとつですが他は1・2Fで完全に分かれたプランです。
写真は2FのOH様ご夫妻のLDKです。
オリジナルの造作キッチンにリボス塗装が塗り始められています。カラーはカルデットのプラジル色です。
タイルは、ブルースオリジナルの100角タイルとモザイクタイルの組合せ。
コーラーのシンクやロジェールのオーブン付コンロも取り付けられました。
完成までもう少しですね。^^

DSC03787.jpgDSC03791.jpgPA284331.jpg





こちらの写真は同じLDKのパイン床にクリア塗装したところです。
ナチュラルカントリーテイストでまとめられたLDKは、塗り壁エコウォールのホワイト色と床のナチュラル色との組合せで大変明るい雰囲気に仕上がっています。
きょうは、床の塗り始めだったので、「立入り制限」があり、あまりいい角度で写真が撮れませんでした。^^;

また後日仕上がった様子をご紹介したいと思います。^^

DSC03786.jpgDSC03789.jpgDSC03788.jpg

 
2009/10/12(月) 21:08:13

全貌が明らかに~外観完成

PA104143.jpgDSC03554.jpg宇都宮市OH様邸の足場がはずれて、その外観がはっきりとわかるようになりました。
斜めからのアングルといい、下から見上げた感じといい、どこから見ても壮観な佇まいですね。^^
でも、窓廻りのモールディングのカラーリングが上品な雰囲気を出しているので、あまり威圧感を与えないように上手くバランスをとってくれています。

PA104161.jpgDSC03553.jpg玄関ドアはシンプソン社製の木製ドア。
ステンドガラスをはめ込んだタイプにリボス塗装で仕上げています。
ラップサイディングとのコントラストも取れていいアクセントになってますね。
そして、コロニアルポストが印象的なカバードポーチも完成。
木製フェンスとラップサイディングの組合せで、これぞアーリーアメリカンといった趣です。

DSC03535.jpgDSC03536.jpg1F内部の様子です。
こちらは、2世帯住宅となっているので、LDKがそれぞれに配置されてます。
1Fのキッチンは対面カウンター式となっています。
壁はいつもご紹介している塗り壁エコウォールのイエロー色仕上げ。
アーチとコーナーのR仕上げもあって、暖かく柔らかい空間にしてくれていますね。^^
DSC03548.jpgDSC03543.jpg2FのLDKは勾配天井にロフトをつけ、リビングから上がる階段を配置しています。
実際の空間は平面の広さ以上にかなりの広がりを見せてくれます。
こちらの塗り壁エコウォールはホワイト色。
光がたっぷりの明るい部屋となりました。

DSC03550.jpgDSC03541.jpg2Fのキッチンは造作のオリジナルキッチン。
カウンターに白いタイルと壁にはブラウンのモザイクタイルが貼られているところです。
段ボールに隠されているのが、OH様が一番のこだわりを見せていたロジェールのコンロ。
4基のバーナーにビッグオーブン付の豪華仕様となっています。
こちらも完成が楽しみですね~。^^

 
2009/10/02(金) 22:53:15

外観が仕上がってきました

PA024057.jpgPA024058.jpgPA024056.jpg






宇都宮市OH様邸の外観がほぼ仕上がってきました。
アーリーアメリカンのテイストですが、ラップサイディングに急勾配(10寸)の屋根とカバードポーチの効果もあって、そびえ立つかのような壮大な外観となっています。
ゲイブルペディメント(妻飾り)が取付けられて、窓廻りのモールディングにトーンを押えたグリーンの塗装もいい感じです。
個性を演出していますね。^^

内部では、エコウォールの塗り壁が進んでいますが、さらにドアの塗装も完了しました。
木製ドアにはリボスのクリアを、コロニストにはペイントで白や淡いブルーなどでカラーリングも部屋や用途によっていろいろと使いわけているようです。
造作のオリジナルキッチンも進んできて、これから完成に向けての仕上がり具合が楽しみなOH様邸ですね。^^

PA024053.jpgPA024050.jpgPA024044.jpg
 
P9173851.jpgP9173845.jpg宇都宮市OH様邸にカバードポーチが付きました。
まだ塗装前ですが、コロニアルポストと木製フェンス、ラップサイディングの組み合わせでアーリーアメリカンの雰囲気が伝わってきますね。
また外壁に窓廻りのモールディングも付いています。
P9173844.jpgP9173840.jpgこちらも塗装前ですが、外壁のアクセントとしてどんなカラー仕上げとなるか?楽しみです。
アクセントといえば、こちらの画像は、妻飾りとして人気の高いゲイブルペディメントです。
これもOH様邸の外観を彩る重要なポイントとなります。

P9173825.jpgP9173833.jpg一方、内部では以前ご紹介したように、2階に取り付けられる造作のオリジナルキッチンが進んでいます。
木製のフレームが完成し、これからモザイクタイルや塗装仕上げ、収納部の造作に入っていきます。
OH様こだわりのパーツがいろいろと登場してきますよ。^^
P9173832.jpgP9173831.jpgこだわりのパーツとして、一番のこだわりを見せていたのが、ロジェールのコンロです。
4基のバーナーにビッグオーブン付の豪華仕様。
下段には引出しも付いています。
開閉式のガラストップカバーは耐熱式で、調理中は壁面の汚れ防止の機能も併せ持つ優れもの。

どんな仕上がりになっていくか、これからが楽しみですね。^^
 
2009/09/13(日) 21:48:16

1Fのキッチン、2Fのキッチン

DSC03269.jpgDSC03270.jpg宇都宮市OH様邸の外観の状況です。
ラップサイディングが貼り上がり、窓廻りのコーキング処理が行われています。
このあと、窓モールや妻飾りが付いて外観が完成となります。
あともう少し、といったところですね。^^

2009.09.10 004DSC03264.jpgOH様邸のプランは、1、2Fで水廻りを分けた2世帯住宅となっています。
その内部では、玄関ホールの階段が仕上がり、1Fのシステムキッチンが取り付けられてます。
扉はノーブルな雰囲気が漂うチャコール色をチョイス。
オールスライドで収納量も豊富ですが、必要な道具がラクに出し入れできて、スッキリしまえるのが特徴的なキッチンです。

DSC03266.jpgDSC03267.jpg1Fのキッチンはお母様が使われるLDKに配置されています。
ごらんのように対面カウンターで、アーチの下り壁で仕切られた「セミオープン型」です。
コミュニケーションは取りたいが、キッチンの全てが見えてしまうのはどうも、という方にはおススメのプランですね。
また、お料理にこだわりを持つお母様にはピッタリの、レンジ付ガスオーブンもビルトインされています。

DSC03260.jpgDSC03262.jpg一方、2FのLDKでは、ロフトにつながる、木製のオープン階段が取り付けられました。
これから、パインの床材と合わせて、リボス塗装で仕上げられていきます。
どんな色に仕上がるか楽しみですね。
そして2Fのキッチンでは、これからいよいよオリジナルキッチンの造作が始まります。
1Fのシステムキッチンとはまた違ったイメージで、奥様がいろんな事例を参考にして温めてきた、OH様ご夫妻こだわりのキッチンです。
ここがどのような仕上がりになっていくのか、これから進捗状況に合わせて随時ご紹介していきたいと思います。
お楽しみに。^^


 
宇都宮市OH様邸の外壁サイディング貼りが仕上げにかかってきています。
OH様の住まいは、ご覧のように急勾配の屋根が特徴的なアーリーアメリカンの佇まい。
小屋裏など空間をうまく活用した2世帯住宅となっています。
その分、外壁の見付面積も広くとられており、また一枚一枚重ね貼りしていくラップサイディングですから、手間と時間がかかります。
ただ、一枚14ミリのサイディングを重ねる(ラップさせる)ので、計28ミリのボリューム感のある質感となります。
また、一般のサイディング材はタテに走るコーキングが見られますが、ラップサイディングにはそれがありません。
一枚一枚に相じゃくりがあり、それを互い違いに貼っていくという、いわゆる「りゃんこ貼り」にすることで、スッキリとした仕上がりになるのです。
出隅と言われる角コーナーにも専用の役物があるので、こちらもボリューム感が損なわれることはありませんね。

通常のサイディング材の倍以上の手間がかかるラップサイディングですが、その分仕上がりはキレイになり、流行に左右されることない飽きのこないデザインを手に入れることができるのです。^^

P9043701.jpgP9043702.jpgP9043700.jpgP9043703.jpgP9043704.jpgP9043699.jpgP9043705.jpgP9043707.jpgP9043706.jpg





エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
宇都宮市OH様邸では順調に工事が進んでいますが、内部ではムクフロアのバーチ貼りが進んできています。
写真のように、乱尺貼りで600ミリや900ミリの長さが混じっています。
バーチのフローリングは、木肌により色も濃淡があり、マチマチになりやすいでですが、これをうまくバランスをとって配置すると、ごらんのように洒落た雰囲気に生まれ変わります。
すでにクリア塗装で仕上がっているので、綺麗な光沢が出ていますね。
OH様邸では、2Fの床にパイン、1Fの床にバーチとそれぞれ使い分けています。

P8263442.jpgP8263457.jpgP8263456.jpgP8263461.jpgP8263464.jpgP8263443.jpg








さて、外部では、外壁下地の胴縁貼りが進んでほぼ完了しました。
そこに写真のように、ラップサイディングが貼られていきます。
サイディングは14ミリの厚みがあり、それを重ね貼りすることで、28ミリの厚みのある彫りの深い外観が出来上がります。
タテに走るコーキングもなくすっきりとした外観ですね。^^
P8263434.jpgP8263436.jpgP8263440.jpgP8263466.jpgP8263438.jpgoh.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
DSC02852.jpg宇都宮市OH様邸の進捗状況をご紹介します。
天候不順の影響を受ける前に、外部の屋根仕上げ、外壁透湿防水シートが完了しています。
これから外壁に通気胴縁が取り付けられて、ラップサイディング貼りが始まる予定です。

また、きょうは、玄関ドアが取り付けられました。
シンプソン社の木製ドアです。工程の後半になると塗装仕上げに入りますが、工事中はキズがつかないようずっと養生されてしまうので、取り付けた日にしか見られない、という貴重なショットということになります。^^;

DSC02864.jpgDSC02877.jpgDSC02876.jpg






P8033234.jpgP8033229.jpgこちらは内部の断熱材の施工写真です。
何度かご紹介していますが、壁・天井には「マグルージュ」という高性能グラスウール(24kg相当)を使用しています。
外壁面の壁・天井に隙間なくしっかりと施工していきます。
P8033231.jpgDSC02866.jpg1Fと2Fの間にも断熱材を入れていますが、これは防音のためですね。
左の写真は気密シートが貼られた様子です。
コンセント・スイッチ廻りには気密テープとコーキングで外気の流出入を防いでいます。

こうしてひとつひとつの工事を丁寧にしっかりとすることで基本性能を確保し、省エネ効果の高い家づくりとなっていきます。
いいものを使っても、仕上げるのは人の手なので、大切なのは基準に沿って忠実に施工するということですね。

そして、きょうの内部の様子です。
耐火ボードが貼られ、各部屋の間仕切壁が仕上がっています。
2Fリビングの勾配天井から続いているロフトには、先日ご紹介の天窓ものぞいています。
OH様の住まいは2世帯住宅ですが、玄関は共用で、LDKや水廻りはすべて分けて配置されています。
そのため、限られたスペースを広く使えるように、空間を有効に使う工夫をしていますが、そのひとつがロフトの有効活用です。
これから随時、その工夫や特長などもご紹介していきたいと思います。

DSC02869.jpgDSC02874.jpgDSC02870.jpg
DSC02873.jpgP8113282.jpgP8113277.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/07/30(木) 22:16:51

屋根と天窓と

宇都宮市OH様邸の外部の施工状況です。
ファイバーグラスシングル葺きが完了しています。
OH様ご夫妻が選ばれたのは「オークリッジプロ」のエステートグレー。
グレーの濃淡とグリーンの骨材が混じって、独特の風合いが出てますね。
先日もご紹介したとおり、矩勾配(10寸)の屋根なので、住宅地の中で頭ひとつ抜け出た感じの外観。
やはり屋根が目立ちます。^^

一方で中をのぞいて見ると、小屋裏、ロフトの部分には天窓が取り付けられています。
こちらは、ベルックス社製の木製天窓。開閉できるので、光と風を取り入れてくれます。
そして何よりも小屋裏に天窓があると、隠れ家の雰囲気で青空や雲をながめたり、星を数えたり…
と、子供にも大人にも魅力溢れる空間となりますよね。^^

各部屋にはクレトイシ社の樹脂サッシ、モンタージュが取り付けられています。
断熱・気密性能や遮音、防犯性能に高い評価を得ています。

すでに間仕切が出来ているので、空間や部屋のイメージがつかめるようになりましたね。
電気の配線工事も進み、これから断熱・気密工事に入る予定です。

DSC02729.jpgDSC02756.jpgDSC02750.jpgDSC02751.jpgDSC02748.jpgDSC02747.jpgDSC02742.jpgDSC02733.jpgDSC02737.jpgDSC02739.jpgDSC02746.jpgoh.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/07/19(日) 22:45:46

カバードポーチ~建て方完了

P7173080.jpgP7173083.jpg建て方の完了した、宇都宮市OH様邸の外観です。
現在は屋根防水アスファルトルーフィングまで施工完了しています。
ご覧のように、45度のいわゆる「矩勾配」のため、周囲より頭ひとつ抜け出た外観になりました。
壮観ですね。^^
P7173087.jpgoh.jpg左の写真は、カバードポーチの下屋の部分です。
カバードポーチはOH様のご要望に沿う形でご提案しました。
これから工事が進んでいくと、パース図のような外観となります。
アーリーアメリカンの外観のアクセントになるのはもちろんですが、自然との一体感を演出するのが開放的なデザインのカバードポーチです。

天気のいい日には、階段に腰掛けて日向ぼっこをしたり、カフェを楽しんだり、家族みんなでリラックスできるコミュニケーションスペースとして多彩に使える空間だったりします。
これからの施工~完成が楽しみですね。^^

下にカバードポーチの施工事例をご紹介します。
ご参考までに。

yoko (5)yoko (6)kod003.jpg






yam632.jpgsi39.jpg074.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/07/15(水) 23:58:31

進行中~フレーミング

昨日に引き続き宇都宮市OH様邸です。
きょうからいよいよ、フレーミングが始まりました。
梅雨も明けて、大変暑い一日でしたが、建て方が順調に進んでいます。
何度かご紹介してるように、屋根下地までフルパネル対応することで工期短縮を図っているために、現場での流れもスムーズです。^^
ご覧のように、2階床根太もきれいに組み上がり、床下地と合わせ剛床構造となります。
きょうは、2階天井まで進み、明日には屋根下地まで完了する予定です。
こうすると雨対策も十分とれることとなり安心ですね。

私はお会いできませんでしたが、OH様ご夫妻とお母様も見に来られてたようです。
ご自宅の立ち上がる様子は見られる機会も少ないでしょうし、貴重な体験となられたのではないでしょうか。
ご夫妻は佐野市在住ということもあり、現場にはマメに来られないと思いますので、進捗状況は随時ご報告していきたいと思います。

P7153060.jpgP7153062.jpgP7153063.jpgP7153064.jpgP7153066.jpgoh1.jpg







エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
先行足場が組まれた、宇都宮市OH様邸。

積まれているのは床用断熱材「ミラフォーム」です。
押出法発泡ポリスチレンフォームの中でも、高性能と言われる「B類3種」を採用しています。

これを隙間なくしっかりと施工することで、足元の断熱・気密の確保につながりますね。
足場の上から撮ってみましたが、なかなか壮観な眺めです。
一部貼られていないのは、「浴室」と「洗面室の点検口」です。
ここには別な方法で断熱・気密がとられます。
また、床が一段下がっているところがわかりますか?
ここは和室の部分で、畳の厚みの分だけ全体を下げています。

この後、28ミリの床板を貼り剛床構造が完成。
いよいよ、明日フレーミング・建て方を迎えます。^^

SN3K0044.jpgDSC02454.jpgSN3K001801.jpgSN3K0039.jpgDSC02453.jpgoh.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。 
 
2009/07/09(木) 21:52:57

壮大な外観

宇都宮市OH様邸の基礎型枠が撤去され、玄関下地土間コンとカバードポーチの土間コンクリートが打設されました。
これで、基礎工事が完了となります。
現在は、外部給排水管の埋設工事が入っています。
隣地境界と近い位置に建物が配置されるため、建物が立ち上がる前に先行配管をしているところです。

そしていよいよ、来週から木工事に入ります。^^
以前ご案内しましたように、OH様は佐野市在住ですが、お子様の入学にあたり、宇都宮市にあるご実家を建替えて、お母様と同居の2世帯住宅を計画されています。
遠方から何度もお越し頂き、いろいろと打合せを重ねて出来上がったプランも、細かい修正をしながら、ほぼまとまりました。
外観も色使いやパーツなどに悩まれましたが、画像のような壮大な佇まいとなっています。
実際に建物が立ち上がるとかなり大きく感じるでしょうね。

こちらも、進捗状況を随時ご紹介していきたいと思います。

DSCN4860.jpgDSC02375.jpgDSC02376.jpgDSCN4863.jpgoh.jpgoh1.jpg
 





エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。 
 
2009/07/04(土) 23:43:04

熟成中

2009.07.04 0272009.07.04 026宇都宮市OH様邸の基礎工事では、布基礎までのコンクリートの打設が終わり、現在養生中です。
ベースコンクリートと合わせて、しっかりと期間をとることで、強度の確保と施工の安定性につながります。
内部の配筋もキレイに揃って、こちらもかぶり厚の確保は十分です。

2009.07.04 0252009.07.04 023布基礎型枠の全景です。
立上り幅は150ミリあるので、実際に仕上がってみても頑丈さが伝わる厚みとなっていますね。

2009.07.04 0492009.07.04 050養生中の写真です。5~7日間、しっかりと期間を確保しています。
以前の記事では、地盤改良の様子をご案内しましたが、このように保証機関の仕様に基づいてしっかりと施工をすることで、安全な基礎の実現につなげています。
来週には型枠がはずれ、いよいよ木工事の開始となります。^^





エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
基礎工事の前に地盤改良をしてきた宇都宮市OH様邸では、日本住宅保証検査機構JIOの配筋検査が行われました。
特に問題もなく合格し、ベースコンクリートの打ち込みに入りました。
下の画像は防湿シート貼りから配筋工事が終わったところです。

以前から何度もご案内しているように、地中梁を採用した剛性の高いベタ基礎になります。
外周部だけでなく、内部の間仕切り部分の布基礎も掘り下げて、「地中梁」を作ります。
そうすることで、布基礎工法の良いところを生かすことができるのです。
もちろんどんなに良い工法を採用していても、施工方法に瑕疵があっては意味がないわけで、そうした点からも第三者機関に検査を依頼することは重要だと思います。

配筋の径やピッチ、スペーサーブロックの配置、継ぎ手の補強や補強筋の径等、設計図書どおりに施工されているかの確認と写真撮影がされます。

これらの結果は、報告書として施主様宛て送付されます。
地盤保証と合わせ、安心と安全を担保する大切な工程となりますね。^^
ご参考までに。

016 (9)016 (7)016 (5)016 (4)016 (2)016.jpg






エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
2009/06/21(日) 21:37:52

資金計画に欠かせないもの

地盤調査の結果、やや軟弱層が見られた宇都宮市OH様邸では、地盤改良工事を行いました。
建替工事でもあり、既存の建物にも異常はなかったので、大丈夫では?というイメージでしたが、判定結果は「改良要」でした。

ただ、データ解析の判定では、表層改良までは必要なかったため、写真のように通常より450ミリ深く掘削し、「山ズリ」を使い、100ミリ毎に転圧をかけていくこととなりました。
残土の量はかなり出ましたが、基礎地業につながる流れで出来る工事ということもあり、一般的な表層改良工事よりはコストを抑えられてます。

調査結果に基づいた施工を行うことにより、第三者の地盤保証もつきますし、後からでは手をかけられない大切な部分ですから、ここを「妥協」するわけにはいきませんよね。
OH様とも、「地盤については、もしかしたら改良もあり得ます。」という話をしていたこともあり、事前に費用計画に入れていましたが、建替工事なので、「万が一」という程度で考えていました。
本体の家づくり計画に大きな影響を与えかねないので、やはり全体の資金計画の中においても、あらかじめ、改良工事の費用をしっかりとみておくことは大切ですね。

DSCN4740.jpgDSCN4738.jpgDSCN4743.jpgDSCN4742.jpgDSCN4755.jpg4min.jpg







エムケーケーホームページへ←この記事へのお問合せ・内覧ご希望の方はこちらから。
       
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ
←ランキングに参加しております。よろしければ1クリックお願いします。家づくりに役立つブログがたくさんあります。
 
カレンダー
 
天気予報
 
リンク
 
メールフォーム
 
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
RSSリンクの表示
 
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。